ただの女友達から恋人になる方法!彼から告白させるための手順

『友達男性のことがずっと好き』
『恋人になりたいけどタイミングが分からない』

といったように、友達から恋人になる方法が見つからずモヤモヤとした気持ちを抱えていませんか?

 

好きな人と友達でいられるのも幸せではあるけど、やっぱり恋人になりたいですよね。

今よりももっと彼について知りたいし、気持ちが通じ合った関係になれたら日々楽しいでしょう。

 

友達から恋人になるってなかなか勇気のいることだと思います。

『今の関係も壊したくない』
『でも恋人に発展させたい』

というジレンマがあり、失敗したら現状維持さえ困難になるかもしれません。

 

そんなあなたのために、この記事では、

『友達から恋人になる方法』
『彼から告白させる手順』

について紹介します。

 

友達から恋人になる方法って、難しいようでいて意外と簡単です。

なぜ難しいか?それは『勇気次第』だからです。

なので、あなたは是非勇気を持って行動し彼を意識させましょう。

 

そうすれば、現在は友達でしかない彼と、恋人になることができますよ。

友達から恋人になる方法

友達から恋人になる方法の基本は、現状を変えることです。

現状は、『友達として安定している』のではないでしょうか?

会った時も恋愛っぽい感じにはならず、お互いに男と女を意識することもないのでは?

基本方針はこれを変えていくことです。

 

彼があなたを異性として見るようになってきたら恋人になるチャンスは十分にありますから、その状態にするのが目標です。

 

以下では、そのための方法を紹介します。

『お願い編』『積極的編』『行動編』、それぞれありますので、できそうなものを複数選択してやってみましょう。

お願い編

彼にしか言えない相談をする

友達から恋人になる方法として、『彼にしか言えない相談をする』というのはありですよ。

 

『彼にしか言えない相談って何?』と思うかもしれませんが、内容は何でもOKです。

『最近太って困っている』
『親同士不仲で気まずい』
『将来結婚できるか不安』
『元彼から連絡があった』

などのように、聞いてほしいことや相談ならば何でもOKです。

 

重要なのはそれを『その男友達にしか言えないこと』にしてしまうことです。

つまりは二人だけの秘密ですね。

 

例えば『最近太って悩んでるんだよね。あこれ、二人だけの秘密ね』とかこんな風に、『あなただから話した』という印象を与えるのです。

 

そうすると男友達としては、『この女性は自分を特別な存在として意識している』と考えることがあります。

 

もちろんこの段階では、『親友として特別なんだな』と思われることもありますが、それでもOKです。

重要なのは『二人だけの秘密事項を作ること』です。

そうすることで少なくとも心理的な距離が縮まるので、友達から恋人になりたい時にはやってみましょう。

部屋の模様替えを手伝ってもらう

続いては、『部屋の模様替えを手伝ってもらう』という作業。

これも友達から恋人になる方法として有効です。

 

女性が一人で模様替えをするのって大変ですよね。

できるのなら男性の手を借りたいでしょう。

なので頼むはごく自然なことです。

 

またこれを頼まれた時の男性心理は『女性の部屋で二人きりになる』という期待です。

 

友達から恋人になるためにはきっかけが必要ですし、何より男友達に、あなたを『異性である』と意識させる必要があります。

そのための方法として『模様替えを手伝ってもらう』というのは抜群に良い口実なので、やってみるといいですよ。

 

上手くいけばその日のうちに何らかの展開があることも期待できます。

関連記事:密室でキスしたら男は我慢できない?状況別の男性心理を解説!

 

積極的編

続いては、友達から恋人になる方法『積極的編』です。

彼の過去の話を聞く

過去の話を聞くことは、単なる友達から恋人になりたい時には意外と有効ですよ。

 

というのも、誰でも辛い過去の一つや二つ持っていますよね。

そしてそれは、簡単には人に言いたくないことだったりするはずです。

つまり、『そういうプライバシーに近い部分を聞き出す』ことで、より信頼を得るという方法です。

 

あなたも、『知られたくない過去』を誰かに話して受け入れてもらえたらホッとできるのでは?

男友達もきっとそうなので、そういう部分を聞き出してみましょう。

 

例えば幼少期についてです。

もしかしたらその男友達は『友達がいなくて暗い子供時代を送った』かもしれません。

だとしたらそれがコンプレックスの可能性もありますので、そういう部分を『全然気にすることじゃないと思う』と受け入れてあげる訳です。

 

こんな風に、人は自分が気にしていることを『気にすることじゃない』と言ってもらえると勇気がもらえます。

そして、それを言ってくれた人を特別な存在として意識したりもします。

 

ちょっと突っ込んだ質問をすることになるためリスクはありますが、その分距離が縮まる可能性も高いので、こんな方法もありです。

酔った時に甘えてみる

『酔った時に甘えてみる』これも友達から恋人になる方法として効果的です。

ただし前提として『やり過ぎると一夜限りの関係になって終わり』なので、そこは理解しておきましょう。

 

その上で甘えることが効果的なのは、以下のような心理に男性がなるからです。

『意外と可愛いところがあるんだな』
『もしかしてこれは脈ありサイン?』
『コイツと恋愛するのもアリかも?』
『付き合ったら尽くしてくれる女?』

 

このように男性は、ちょっと女性に甘えられただけでも色々妄想を膨らませます。

なので『甘える』というのは単なる友達から恋人になりたい時にはやってみた方がいいですよ。

 

何より甘えることで、あなたの女性らしい部分を男友達に見せられますしね。

ですから酔った時には、

『頼るように友達の腕を掴む』
『眠そうな感じで返答をする』
『ハイテンションで話をする』
『ちょっとだけぶりっ子する』

などしてみましょう。

 

これにより男性が意識するのはよくあることです。

ボディタッチをさせる

男性を意識させたいのならば、ボディタッチをするよりも『させた』方が有効です。

特に現状が親しい友達関係ならば軽いボディタッチくらいはするでしょう。

なので、あなたからしても彼はあまり意識しない可能性があります。

 

一方で男は『女の体に触れること』に関してはどんな関係性でも敏感です。

そもそも、『女性からボディタッチされた』と『女性から触ってみてと言われた』では全く男性の心理が違います。

 

ボディタッチされた場合は、親しいほど『ノリで触れたんだな』と思う程度です。

一方で『触ってみて』と言われた場合、『自分が触れることはOKなんだな』という認識になります。

つまり心理的には『この女性は自分を男性として受け入れている』という気持ちになるため、ここが大きく違う訳です。

 

なので、『ボディタッチをさせる』これを意識すると発展の可能性が高まりますよ。

 

具体的な誘導方法としては、

『私手冷たいんだよ。と握らせる』
『ちょっとだけ肩揉んで、と頼む』
『頭ポンポンして、と頼んでみる』

などですね。

 

ちなみにここでの目的は、単なる友達から恋人になることなので、多少露骨でもエロくてもOKです。

その方が男友達も意識をしますし発展もしやすいです。

 

むしろ中途半端なやり方だと、『純粋にそうして欲しいだけ』と思われて終わります。

なのでやる時には、ある程度勇気を持って大胆に攻めてみましょう。

行動編

ここからは、友達から恋人になる方法『行動編』です。

友達から恋人になる方法として最も確実なのは、この行動編です。

やはり、何かを成し遂げる時には行動こそが大切です、勇気も要しますが効果も大きいので取り入れてみましょう。

飲む頻度を増やす

『飲んだり会ったりする頻度を増やす』やはりこれは絶対です。

現状が数ヶ月に1回程度ならば、最低でも月1回、理想は月数回は会えるように工夫をしましょう。

 

『そんなに誘う理由がない』と思うかもしれませんが、この辺は考えようです。

例えばその友達男性とは飲み仲間ならば、『良さそうな店を見つけたから行ってみない?』と誘ってみるのはアリですよね。

 

他にも、先ほども書いたように『相談があるから聞いてほしい』とかこんなのもありです。

 

いずれにせよ飲む頻度を増やすことで一緒にいる時間が増えますよね。

実はこの時点で『かなりいい感じ』なんですよ。

というのもこの状態『友達男性はあなたとのことにそれだけの時間を割いている』訳です。

これって、どうでもいい人に対しては絶対にしないことでしょう。

 

つまり飲む頻度が増えたということは、

『あなたに時間を割きたい』
『あなたとの時間が楽しい』
『特別な感情ありの可能性』

ということです。

 

従ってもしかしたら、彼の方も意識していて『近いうちに告白アリ』とかこんな可能性も全然あります。

 

友達関係って難しいもので、両想いでもすれ違うことが多々あります。

その原因として言えるのが『お互いに気を遣い過ぎてしまうこと』です。

 

つまり、

『誘い過ぎたら悪いかな』
『今の関係を壊すのも…』

といったように考えてしまいすれ違うのです。

 

そうならないためには、『脈アリだ』とアピールすることが大切です。

その方法の一つとして『飲む頻度を増やすこと』は効果的なので、積極的に誘って、『告白してもOKだ』と彼に理解させましょう。

二人で出掛ける提案をする

『二人で出掛ける提案をする』これは、友達から恋人になる方法として王道です。

そもそも恋人関係って、その殆どが交際前は友達やそれに近い形だったりしますよね。

そして『出掛けたのをきっかけに恋人になった』ということも、多々あるストーリーではないでしょうか?

 

なので、せっかく普段から会う機会があったり、頻繁に連絡を取れるような関係性ならば、二人で出掛ける提案をするのは良い方法ですよ。

 

ポイントとしては『デートっぽい場所に行くこと』です。

友達男性にそんな提案をするのは恥ずかしいかもしれませんが、これは理由次第で何とでもなるはずです。

 

例えば、『○○という夜景スポットに行ってみたいんだけど、誘える人がいないから付き合ってほしい』とか、こんな感じならば違和感がないですよね。

 

友達から恋人になる時の方法って、このような『流れ』も大切です。

あまり意識せず、自然な流れの中で距離が縮まり、気が付いたら恋人のようなことをしていたとか、こんな関係の方が発展しやすいですよ。

 

ストレートに気持ちを伝えると相手も構えてしまいますし、それだと友達男性側は、『気持ちが育つ前に下心を持ってしまうこと』もあるので、流れって本当に大切です。

 

なのであなた自身も、『好きだから誘っている』という雰囲気は出さずに、本当に『その場所に行ってみたいから』という感じにした方がむしろ好きになってもらえます。

 

友達から恋人になりたいのならばこの辺の駆け引きはとても大切です。

 

ちなみに出かける場所は、

『夜景』
『映画』
『自然』
『ドライブ』
『レジャー施設』

何でもいいです。

友達男性とデートっぽいことができれば場所はどこでもOKなので、それよりも『誘う時の駆け引き』で失敗しないようにしましょう。

彼の家に泊まりに行く

『彼の家に泊まりに行く』急展開を望むのならばこれもありですね。

ただし、その時に関係を持つのはおすすめできません。

それだと体だけの関係やその1回で終わりになる可能性が高いからです。

 

それから泊りを提案するのなら、『あなたがそれを言っても不思議じゃないこと』が前提です。

というのも一般的には、友達男性の家に泊まりに行くというのは軽い女の印象になるので、そうならないくらい親しいことが条件と言えます。

 

その上でこの方法が効果的なのは、『彼を強烈に意識させられるから』です。

やはり男にとって『女が家に泊まりに来た』というのは特別なものです。

しかも、同じ部屋で寝たりでもしたら気になるどころではありません。

関連記事:横に女性が寝ていたら男は我慢できる?男友達と一緒に寝る際の注意点

 

このように、男性の本能的な欲を刺激できるため、家に行くことには大きなメリットがあります。

なので、泊まりに行っても特別何をする必要はありません。

むしろ、友達男性が求めてきたらちゃんと拒みましょう。

 

完全拒絶さえされなければ男は諦めませんし、むしろ余計に気になって考えるようになります。

そうすれば、単なる女友達というポジションから恋人に昇格できるのも時間の問題だと思いませんか?

 

男は本能的に『手に入りかけたのに逃した物』を追いかけてしまいます。

この習性を利用するのが今回の方法です。

上手くいけば『俺、アイツのこと好きなのかも』と考えるようになりますので、やってみる価値は十分にありますよ。

 

ちなみに泊まりに行く口実は、

『家で飲みたい』
『遅いから泊めて』

などでOKです。

友達から恋人になる方法 まとめ

友達から恋人になる方法をまとめると、

 

彼にしか言えない相談をする
部屋の模様替えを手伝ってもらう
彼の過去の話を聞く
酔った時に甘えてみる
ボディタッチをさせる
飲む頻度を増やす
二人で出掛ける提案をする
彼の家に泊まりに行く

 

となります。

全てをする必要はないので、あなたにできそうなものを実行してみましょう。

友達から恋人になる方法 注意点

友達から恋人になる方法を、

『お願い編』
『積極的編』
『行動編』

という形でそれぞれ紹介しました。

 

ここで注意点を簡単に解説しますね。

それは『彼が拒むことは絶対にしない』ということです。

 

例えば、『○○の夜景見に行かない?』と誘ってみても、『面倒くさいから行かない』と断られることもありますよね。

こういう時にNGなのは『私は行きたい!』と強引になることです。

 

これだと、友達から恋人になるとか論外ですし、それどころか友人関係もダメになる可能性もあるので注意しましょう。

 

この状況、誘った側としては『何としてでも自分の主張を通したい』訳ですが、これって自分勝手な主張であり、相手の気持ちを無視していますよね。

 

こういうことをする人も多いですが、こんなやり方で強引にOKしてもらっても、恋人への発展なんてあり得ません。

なので、『彼が拒むことはしない』これは絶対に注意しましょう。

 

自分だけ好きな場合には焦るのも分かりますが、相手にも都合があることを忘れると全てが台無しになります。

恋愛は『相手の気持ちを考えること』が大前提なので、友達から恋人になりたいのならばここは絶対に意識しましょうね。

彼から告白させるための手順

ここからは、彼から告白させるための手順を紹介します。

友達から恋人になる時に難しいのが、やはり告白ですよね。

そして女性としては、できれば男性からしてほしいでしょう。

 

つまり、『あなたのことを好きになって彼の方から気持ちを伝えてくる』これが理想のはずです。

以下では、そのための手順を紹介します。

交際が確定するまで関係を持たないこと

まずは、先ほども少し書きましたが、『交際が確定するまで関係を持たないこと』です。

友達から恋人になる方法として絶対厳守なのがこれです。

 

男はどうしても、手に入ってしまうと関心が薄れます。

特に女友達という関係性だと、先に体が手に入ると『交際をする必要がない』と頭で考えるようになります。

つまりは『体だけの関係』ですね。

 

こうなると、『またしたい』とは思っても、『付き合いたい』とは思わないことが一般的です。

要するに、気持ちが育つ前に関係を持ってしまうと、あなたと会う目的が『好きだから』にはならない訳です。

 

なので、基本的には交際が確定するまでしないべきです。

男は原則じらされた方が気持ちが育つので、その辺を踏まえて、まずは第一条件として理解しておきましょう。

例外もある

ただし例外もあり、それが両想いの友達関係の場合です。

両想いの場合、友達から恋人になる方法の基本は『流れで一線を越えること』です。

 

この状況はどちらも好きと言えずにいる訳ですし、今さら『好き』でもないはずです。

そんな時には流れに身を任せるのが最適解です。

 

こんな風に、お互いの気持ちがどこにあるかによって方法も変わるので、その辺も考えておきましょう。

求められた時の対処法はこれ

話を戻し、あなたが彼に片思いしている状態で『体を求められた時のベストな対処法』について紹介します。

 

友達関係をしていると下心を出されることもあると思います。

そんな時には、上述した通りしないのが原則ですが、かといって拒絶はNGです。

それだと『脈ナシ』『チャンスなし』と思わせてしまうため、友達男性の気持ちが育つこともありません。

 

なのでこういう時には、『表情や態度はOKにして、言葉でNOを伝える』このくらいが良いです。

例えば、

『ダメだよ、と言いながらも笑顔』
『最低と言いながらも体を寄せる』

など、曖昧な感じにして期待させるのです。

 

こうすると男性は、その場では我慢しつつも、

『結局どっちなんだ?』
『あの感じはOKかも』
『別の方法で頑張ろう』

など考えるようになります。

 

つまり『あなたを手に入れることを諦めず、それだけ考えるようになる』訳です。

そして告白させるためにはこの状態にすることがとても大切です。

 

今までは『女友達の一人』という視点でしか見ていなかった訳ですが、それがあったことで『手に入れたい存在』に切り替わりました。

男は『一度手に入れたい』と思ったらあの手この手で成し遂げようとするものです。

 

そんな状態にさせることができればあなたのことを考えまくるので、告白も近いと言えます。

ポイントは彼に考える時間を持たせる

友達男性に告白させるための手順としては、『あなたについて考える時間を持たせる』ということです。

これは、友達から恋人になる方法の基本で、現状では単なる友達な訳ですから、そこからどう意識させてどれだけ考えさせられるかで結果が変わります。

 

なので、上述してきた『友達から恋人になる方法』の中でできそうなものを実行し、彼が意識したり下心を出してきたらその時はちゃんとお預けしましょう。

そうすれば、追いかけられるのはあなたになりますから恋人への昇格も夢ではありません。

 

このように、友達男性の心理や状態を読み解くことが成功の秘訣です。

冷静に見極めてみましょう。

彼から告白させるための手順 ポイント

交際が確定するまで関係を持たないこと
求められた時にはお預けする
考える時間を持たせよう

友達から恋人になる方法 流れ

友達から恋人になる方法の全体の流れは以下の通りです。

あなたを異性として意識させる
彼に考える時間を与える
意識させて告白させる

この流れ通りにすると、男は単純なので『俺はアイツが好きだ!』とか思ったりしますよ。

 

友達から恋人になれるかどうかって流れが全てです。

『いかに自然な形で、男性に好きと認識させられるか』これにかかっています。

なのであなたは、そのためのパスを出しましょう。

 

男は追いかけられると冷めてしまったりもするので、『積極的な好きアピール』よりも『何となく気がありそう』くらいが良いです。

最後のシュートは男性が放つので、ゴールは解放しておきましょうね。

最後に

友達から恋人になる方法について書いてきました。

私自身、女性からこういうアピールをされたことが何度かあります。

その中で『交際した・しない』どちらもある訳ですが、しなかった人は、やはりアピールが露骨でしたね。

 

それだとこちらも構えてしまいますし、その時点で興味が無いと『面倒くさいな』と感じてしまう訳です。

なので、『まずは女として興味を持たせること』が、友達から恋人になるための絶対条件です。

 

そうすれば男性が積極的になるのであなたも楽です。

流れがとにかく大事ですし、あなたがすることは『女として意識させる』これだけです。

その後は男性が勝手に頑張ってくれるので、最初のアピールだけ失敗しないように、しっかり計画してみましょう。