男女の友情は成立する?させる方法となかなか厳しい理由

男女の友情を成立させる方法を紹介します。

 

男と女が純粋な友達になれるか?これは、永遠のテーマのようになっていますね。

『なれる・なれない』どちらの見解もありますし、実際に、全く意識しないで固い友情を結んでいる男女もいますから、その点では成立すると言えそうです。

 

一方で、『結局男と女は、異性でしかないから友情なんてあり得ない』と考える人もいます。

確かにそれも言えており、友達だと思っていた相手が自分を好きだったとか、下心を持たれていたなどはよくあります。

 

ですから、この議論に関しては、『YES・NO』とはっきりさせられるものではなく、『どうすれば成立するか?』で考えた方が答えが出てきます。

 

男女が、一切の恋愛感情なしに友情を結ぶことは可能です。

ただし、それなりの条件があります。以下ではその方法を紹介します。参考になれば幸いです。

成立させる方法と条件

男女の友情を成立させるには、『自分と相手の気持ちを知る』これが大切になります。

どちらかが意識しているととても難しいですし、友達になる段階で『異性』と強く感じていたらやはり完璧な友情は成立しない可能性があります。

 

ですからお互いが、その関係性に納得する必要が出てきますし、以下ではそれについて書いていきます。

具体的には、

 

これから友達になる
既になっている

 

それぞれの状態で、友情を成立させる方法を紹介していきます。

お互いに興味なしを認識

まずは、これから友達になる場合です。

どこかで知り合い、気が合い『今度遊びに行きましょう』と盛り上がったら、友情成立みたいな雰囲気になるかもしれませんね。

 

しかし、ここで本当に純粋な友情を育てたいのならば『お互いに興味なしを確認する』この作業が必須になります。

なぜなら、『遊びに行く目的が、お互いに同じとは限らないから』です。

 

例えば、あなたは『意気投合した』と思っていても、相手は『魅力を感じた』『下心を持った』可能性もあります。

そうなってしまうと、『こちらは遊び』『あちらはデート』とそれぞれ考えていることが違うため、後になって『ズレ』が生じやすいのです。

 

この状況、よくあるのが『それなりの年齢差がある男女の交流』です。

たいていの場合、若い方は意識していない一方で、年上側はデートのつもりもありますから、どこかの時点で上手くいかなくなります。

 

ですから、それで友情がダメになる前に、『興味がない』これを確認しておきましょう。

まず、あなたが相手を何とも思っていないのは絶対条件ですからここはしっかりしましょう。

一方で、友人の気持ちを探るには、メールやラインでそれとなく『デートではない』ことをアピールするべきです。

 

例えば休日出掛ける約束をして、一日がかりになりそうならば、『夕方に解散で良くないですか?』と敢えて伝えるとか、『こちらはそういうのじゃないよ』と分かりやすく宣言してみるのです。

 

その結果どう出るかで興味の有無が確認できるはずです。

 

恋愛感情があった場合、察してキャンセルするかもしれませんし、それはしなくても、『友達なんだな』と気づくでしょう。

いずれにせよ、かなりの抵抗感を与えられますからブレーキをかけさせられ、結果的には男女の友情が成り立つかもしれないわけです。

 

このように、最初の時点で『自分にはその気がない意思』をしっかりアピールし、さらに、相手の気持ちもそれとなく確認すると、『たとえ恋愛感情があったとしても』、諦めてくれて友情成立があり得ます。

 

従って、新しく出会った異性と純粋な友情を作るのならば、『最初が肝心』と言えます。

思わせぶりになったり、格好つけたり優しくしたり、これらがあると、そこから勘違いが生じますから、くれぐれも気を付けて、『普通の友情』を楽しみましょう。

既に友達

続いて、既にある程度の友人期間がある場合に、男女の友情を成立させる方法です。

この関係で最も多いのは、

 

男が下心を持っている
どちらかが好き

 

のはずです。

 

まず、男が下心を持っているのなら、一線を越えてしまうのが実は最も手っ取り早いです。

女性によっては『あり得ない』と思うかもしれませんが、下心がある以上、本当の友情は成立しません。

 

一方で、一度してしまえば、男はその女がどうでもよくなる場合が多いです。

『どうでもいい』というととても悪い表現のように聞こえるかもしれませんが、実はその状態こそ、真の友情が成り立っている状態なので、理想はそれを目指すべきです。

 

『この女と関係を持ちたい』と思っている場合、どうしても格好つけたりモテようとするのが男性です。

それだと、男と女の壁を超えるのは難しいのです。

 

しかししてしまえば、扱いが雑になる一方で本音を出すようになるため、その時点で友情成立というわけです。

従って問題は、『女性側がOKできるか』にあります。

 

『この人とならばしてもいい』と思えるのならば、超えてしまった方がより親しくなれますし、本当の意味で『何でも話せる仲』に発展するので楽しいと言えるでしょう。

 

一方で、『深い関係になるなんて絶対無理』と判断した場合、男がそれを望んでいる以上どこかで壊れます。

つまり、『友情が成立する』ことはないです。

 

このように、男に下心がある場合には、『するかしないか』でその後が分かれますので、あなたが女性ならば受け入れるかどうか、男性ならば、時間をかけず気持ちに素直になりましょう。

 

どちらかが好き

続いては、『どちらかが好き』の場合です。

『純粋に仲が良いと思っていたら、片方は好きだった』これはよくありますよね。

こんな時にはどうすればいいのか?

 

答えはただ一つ、『さっさと告白する』これしかないです。

 

この状況、気持ちにズレがあり、

 

友情が成立している
片思い中

 

とそれぞれが独自の思い込みや感情をもって相手と関わっているので、そのままだといずれ破たんします。

 

何よりきついのは片思い側なのですが、中には『友人だと思っていたのに告白された』この事実にショックを受ける人もいるようですね。

ですから、あまり長引かせずに、さっさと『好き』と伝えた方がどちらも楽になれます。

 

それに、告白がきっかけで友情が成り立つ場合もあります。

不発に終わっても『言えてスッキリした』と気分爽快になり、そこからは今まで以上に親しくなる、これは多々ありますから、『抱えているものがあるのならば吐き出す』のが良いでしょう。

 

もちろん、伝えた結果険悪になったりやり辛くなる場合もありますが、それは仕方がありません。

一般的に、『片思いをしながら親しくし続ける』これが最も厳しいとされますので、その状態からいち早く抜け出せるよう、唯一の手段である告白を決行するべきでしょう。

 

何より、成功したら晴れてカップルになれるのですから、『今の状態を壊したくない』なんて思わないべきです。

はっきり言いますと、どちらかが片思いしている関係はどうせどこかで壊れます。

 

例えば、『今から3年後に疎遠になる』としたら、これからの3年は、無駄とまでは言わないまでも『切ないだけの期間』になるでしょう?

だからこそ、早めに白黒つける覚悟が必要です。

 

それに男女関係は、『気持ちを伝えてからがスタート』こんな部分もあります。

つまり、告白してもなお親しくしていられるのならば、『再告白や交際への発展』のチャンスが十分にあります。

 

その点も『好きなら伝えるべき』と強調したい部分です。

男女の友情その他

ここまで、男女の友情を成立させる方法を紹介してきました。

具体的には、

 

お互いに興味がない
一線を越える
告白する

 

などです。

 

一つ言えるのは、男女は同性のように単純ではないため、『何がきっかけとなり友情が成立するか分からない』ということです。

 

勢いで一晩を共にしたらそこから親友になった
喧嘩ばかりだった元恋人と今は友情が確立している
無理だと思っていたが話してみたら気が合った

 

など、きっかけはそれぞれです。

 

ですから、あまり考えすぎない方が良さそうです。

それよりも、純粋に楽しもうと心掛けた方が良い関係になれると言えるでしょう。

 

ここからは、男女の友情に関するその他情報をお伝えしていきます。

異性と友情を成立させることは理想ですが、実際にはなかなか作れない人も多いでしょう。以下では、

 

どうして自分には異性の友達ができないんだ?
男女の友情なんてあり得るの?
結局ダメになるに決まっている

 

などのように感じている方向けに、読んで欲しい記事を書いています。

一般的には難しい

男女の友情、これを作るのは、一般的には難しい傾向があります。

やはり男と女は、恋愛を意識したり、下心を持っている可能性が圧倒的に多いため、『友情が成立した』とどちらかが思っても、どこかで崩れるパターンが多いようです。

 

しかも、この『どちらかに思惑アリ』のケースだと、ダメになる時は泥沼化する可能性もあり、『喧嘩別れ』『お互いに無視』など、誰が見ても不仲になったと分かるくらい善し悪しがはっきりすることもあります。

 

結局男女だと、『感情や思惑ゼロで関わる』この方が難しいので、永遠に続く友情、これを成立させるのは困難なのでしょう。

従って、『異性と思惑なしに親しくしたい』、こう考える方がハードルが高いと言えます。

 

友情の成立は結果でしかないため、それを狙って関わっても上手くいかないのかもしれません。ならば、あれこれ考えずに楽しんで、

 

友達になれた
交際に発展した
好きと言われてしまった

 

などの状況に対応した方が、結果的には友情が完成します。

 

ですから、最初の時点で肝心なのは『意識しないこと』です。

出会った時点で、『自分をどう思っているか?』とか『これからどう発展していくか?』などを考えすぎるとダメになる可能性がありますので、まずは抵抗を持たずに受け入れてみましょう。

 

その上で、『下心を持った・持たれた』『好きになった・なられた』などがあったら対応していくのが、友情を成立させるためには大切です。

一方的欲求に注意

男女関係でよくあるのが、一方的な欲求です。

極端に言えば、

 

私は友達でいたい
俺は付き合いたい

 

などです。つまり、自分の主張しかしておらず、相手の気持ちを一切汲んでいない状況です。

 

これだと、どちらかが我慢するしかなくなるため、確実に友情の成立はありません。

『私は友達でいたい』この主張を通した場合、彼の『付き合いたい』を無視しますよね。逆も同じです。

 

このように、自分の都合だけで物事を進めようとする人だと、異性の友達はもちろん、同性も難しくなります。

 

ですから、意見が衝突した時には、『自分だけにならず相手のことも考える』その上で、『最良の判断を下す』ようにするべきです。

この状況ならば疎遠になるしか手段はない訳ですが、こうなった時に冷静に『しばらく関わらない方が良さそうだね』と話し合えるような性格だと、異性と固い友情を作れる人になってきます。

 

従って大切なのは、『自分の欲に支配されない』です。

男女関係では、女性は『下心なしの親友になりたい』、男性は『一線を越えたい』と思う傾向があります。

つまり、基本的に意見がぶつかるようになっているのです。

 

女は『愛情なしに体を求められる』これを嫌い、男は『体なしに女と関わる』これを嫌うのです。

だからこそ、友情の成立において最も障害となるのが『女の考え方と男の下心』です。

 

男が女と関わるメリットは『できるかもしれない』という期待です。

一方で女が男と関わるメリットは『話を聞いてもらえる』になるでしょう。

 

この場合、双方の主張は、

 

男=聞くだけではデメリット
男=体アリなら聞くのも良し
女=体アリでは安売りになる
女=聞いてもらうだけが対等

 

となるためウィンウィンな関係を築けないのです。

 

では、どんな形ならば理想なのか?となりますが、考えられるのは、

 

お互いに感情はないが、性的に惹かれ合った関係
女性が聞き上手で男性が相談したい

 

などです。

 

これならば、純粋に交際なしで体アリを楽しんだり、お互いに悩み相談をするなどができ、高確率で友情が成立します。

このように『欲』に対してそれぞれがどう向き合うか?がとても重要です。

 

くれぐれも、一方的になってしまうとその時点で終わりなので、それがどうしても成立させたい相手ならば、妥協や譲ることも必要かもしれません。

理想的な関係

男女の友情で最も理想的なのは、先ほども少し触れましたが、『お互いに感情はないが、性的に惹かれ合った関係』です。

この形で『体アリ』が最も理想的と言えます。

 

理由は、『何一つ、気持ち的な部分で隠し事がないから』です。

極端かもしれませんが、結局男と女は、『するまで分からない』が結論です。

『お互いに興味がないはず』と思い込んでいたり確認し合っても、本音は定かではありませんよね。

 

一方でしてしまえば、全てが明らかになります。

その結果片方が好きならば『それで終わり』ですし、した結果男が『もう要はない』と言い出したのならば体目当てだった訳ですし、どちらもその気ナシならば『晴れて友情成立』と言えます。

 

もちろんこれは、本当に極端ですが、突き詰めるとこのように考えられます。

重要なのは、『相手の本音を探ること』です。

 

例えば、『いつも紳士的に話を聞いてくれる男性』だとしたら、『なぜ聞いてくれるのか?』と考えるわけです。

ここで『彼は紳士だから』とか『私といるのが楽しいから』なんて考えたらNGな訳で、たいていは『やりたいから』が正解です。

 

男性も、『食事に誘ったらいつもOKする女』がいたら、『なぜOKなのか?』を考えましょう。

『自分に好意がある』この可能性もありますが、他にも『奢ってくれるから』『財布代わり』など、理由はいくらでもあります。

 

このように、異性の本音が分からないと友情の成立は難しいです。

だからこそ、一線を越えて隠し事をなくすのが最も確実です。

 

ですから、男女の友情を成立させたい時には、

 

男性はしようと誘ってみる
女性はOKな相手と関わる

 

これが良さそうです。こうすると、スムーズに事が運びますし、『友達』『交際』『終わり』のいずれかが、短期間にはっきりすると言えるでしょう。

最後に

男女の友情を成立させる方法、ひと言で表すと、

 

気持ちや目的をはっきりさせる

 

これが大切です。

 

そこさえはっきりしていれば、何らかの方向に発展するためすぐに答えが出てきます。最も問題なのは、片方の一方的な思い込みです。

男女が関わるとトラブルの可能性を常に抱えますので、『なぜ近しい関係になりたいのか』を明白にして、意見が合う相手を見つけるのが良さそうです。