元カレに別れを後悔させることは可能?男性の本音

『自分を捨てた元カレに後悔させたい』『別れた元カレを見返す方法は?』といったように、その交際が悔しい形で終わった場合、『別れたことを後悔させたい』と考えますよね。

 

女性は振られると、『絶対に許せない!』と考えるかもしれません。

その際にとる行動は人それぞれですが、最も多いのは『別れたのを後悔させる』という計画でしょう。

 

確かに、後になって元カレが『アイツと別れたのは失敗だった』と思い、さらに『もう一度やり直したい』なんて言ってきてくれたら『完璧』ですよね。

 

その際には、『あの時別れなければね』くらいに言ってやりたいのでは?

 

こんな夢物語もありますが、現実には『後悔させるのは可能なのかどうか?』。筆者の私は男性ですし、恋愛経験もそれなりあり、恋愛関連の仕事をしていた過去もありますので、その視点で、解説させていただきます。

基本的には不可能

いきなりで申し訳ありませんが、『別れた元カレを後悔させる』これは基本的に不可能です。理由は、別れに対する男女の目的が関係しています。

 

女=未来の生活を考えて別れる
男=新しい女が欲しいから別れる

 

もちろん他にもありますが、ベースになるのは上記なのでは?

 

女性は、どんな理由があっても、最終的な判断は『その彼との未来があるか?』で判断しますよね。一方の男性は、どんな理由を言っても、『別れたい』といった時点で『飽きている』のです。

 

例えば、『やりたいことができたから』という別れ文句。これは一見、『交際なんてしている暇がない』と捉えられますよね。しかし厳密にはそうではなく、『お前と一緒だと夢を追えない』であり、『他の女性と一緒ならばOK』という意味です。

 

従って、前置きが長くなってしまいましたが、男が別れるのは『新しい女が欲しい』、つまりは『現在の彼女には飽きた・要はない』と感じているからで、だから後悔させるのは基本不可能なのです。

 

例えば、『元カレを見返す方法』や『後悔させるには?』という記事でよく見かける、

 

綺麗になる
仕事を充実させる
SNSで楽しさアピールする
新しい彼とのラブラブを見せつける

 

なども、全て一切の効果はないです。

 

なぜなら、散々『知り尽くした』女が、今更綺麗になろうと、仕事を充実させていようとどうでもいいからです。

ましてSNSの楽しんでいるアピールなんて『そもそも元カノのSNSなんて見ない』のが現状であり、さらに、新しい彼とのラブラブを見せつけたところで、『俺に振られたのがよっぽど悔しかったんだな』と思われて終わりです。

 

実際に、新しい彼ができると元カレに見せつけようとする女性がいますが、これは、止めた方がいいと思いますよ。

上述したように、『よっぽど悔しかった』と思われますし、そう思うのは現在の彼氏も同じですから。それに、新カレに『まだ未練がある』と勘違いされる可能性もあります。

 

何より、せっかく今幸せなのに、過去に拘って後悔させようとか考えていると、惨めな女になってしまいますので、そこは注意した方が良さそうです。

いずれにせよ、別れた元カレに後悔させるのは、基本的には不可能であると認識しておきましょう。

唯一後悔させられる方法

後悔させるのは原則不可能ですが、それでも、唯一方法があります。それが、

 

あなたが超金持ちになる
彼氏を養う
元カレが貧困状態である

 

この3条件が揃った時です。

 

女性は、『別れを後悔させる方法』を考える時に、どうしても、『あんなにいい女と別れた俺、バカだ』と思わせたい傾向がありますよね。しかし男は、先ほども書いた通り、『体も性格も知り尽くした女』が、その後いい女になろうとどう変わろうと、普通は興味がないのです。

 

ですから、『綺麗になって見返す』では後悔させるのは不可能です。

一方で男性でも『依存欲』を持つ場合があり、それが『自分が苦しい時』です。例えば、『低収入でギリギリの暮らしをしている』『自立したが上手くいかない』『そもそも働く気がない』など、困っていたり生活させてほしい時には、その相手が誰であっても依存したいものです。

 

従って、元カレがその状況に陥っていて、さらにあなたが『十分に助けられる存在』ならば、『別れて後悔した』と思わせられます。

この状態の男性は、既に女を『異性』としては見ず、『依存先』と考える傾向があるので、『元交際相手が、他の男に楽な暮らしをさせている』と知ったら後悔します。

 

ですから、本気で別れを後悔させたいのならば、『綺麗になるよりも金を稼ぐ』これを考えた方がいいです。

さらに、お金に困っていない男性や成功者でも、知人が成功したのならば関わりを持ちたい可能性は十分にあります。

 

つまり経済的に成功すれば、たくさんの人から必要とされますし、その中に『元カレ』もいるかもしれないため、チャンスが出てきます。

従って後悔させられるとしたら、『養う』の他にも、『相手にしない』という方法もありますので、いずれにせよ、経済的な成功こそが、唯一の方法だと思っていた方がいいでしょう。

だから女は『やり返す』

『元カレに別れを後悔させるには、経済的な成功しかない』とご理解いただけたでしょうか?

つまり、どれだけ後悔させたくても、現実的にはかなり難しいというわけです。また、それを知ってなのか、『だからやり返す女が多い』と考えられます。

 

女性はどんな別れ方をしても、共通の知人や女友達に対し、『私は被害者』と訴え、元カレを悪者にする傾向がありますよね。もちろん、全ての人がそうではないでしょうが。

しかしながら、そのようにする女性が比較的多いのかなと思いますし、実際には『自分が悪くても』元カレを悪く言う、こんな人もいるはずです。

 

さらに、相手の人生を崩壊させるような『仕返し』を計画実行する人もいるようです。

これらは、『そうするくらいでしか、悔しさを晴らす方法がないから』なのでしょうが、あまり賢い選択とは言えません。

 

なぜなら、

 

感情を晴らしても時間の無駄
感情を晴らしても記憶は変わらない
ハイリスク
自分が楽しむことに専念すべき

 

などの理由からです。

 

『私と別れたのを後悔させたい』こんな理由で感情的になり嫌がらせをしても、自分が一時的にいい気分になるだけで、記憶は変わりませんし、そのために使った時間は無駄なだけです。

しかも、肝心の元カレにとっては『どうでもいい存在』ですから、嫌がらせをしたつもりでも、そう気づかれない可能性さえあります。

 

また、相手の人生を崩壊させるような計画ならば、成功したとしても、今度は自分が恨まれます。

 

その時には命の危険さえありますし、実際に事件に発展しても、

 

振られたのが許せない女
人生を邪魔された男

 

だったら、法的な制裁は別として、世論は元カレの味方をする可能性が高いため、結局自分が惨めになるだけです。

 

ですから、『悔しいからやり返す』『人生をダメにしてやる』この考え方は持たない方がいいです。

それよりも、自分が楽しむために時間も体力もお金も、全てを全力で使った方がきっと満たされますし、それを心がけていれば『別れた元カレの存在』なんて忘れられます。

 

この記事を読んでいる方の中には、悪の道に進む選択さえやむを得ないと考えるくらい、別れたことで精神が追い込まれている方もいるかもしれません。

しかしそれだと、『あんな元カレ』のせいであなたの人生が台無しになったりつまらないものになりますので、人の道からは逸れないように心がけ、成功によって後悔させましょう。

振られても悔しくならないためには

後悔させる方法や、それが可能かどうかについてはこれまで書いてきた通りです。ここからは、『振られても悔しくならないためにはどうするべきか?』を書いていきます。

振られて悔しいのは、『精神的に満たされない部分があるから』です。つまり、コンプレックスです。

 

それは人それぞれですが、

 

外見や年齢
生活への不安
どちらも

 

などが、主です。

 

従って、これらを解消すれば『悔しい』と感じる度合いが小さくなってきます。

例えば、外見に自信がないのならば、そこを磨くことによって自信が得られますし、生活に不安があるようならば、頑張ってお金を稼げればその問題はなくなるため依存心が消えます。

 

自信がない人ほど、別れた時に『後悔させたい』とか『復讐してやる』と思うもので、その後も元交際相手に拘る傾向があります。

 

一方で自信家は、たとえ振られても『私が振ってやった』くらいの態度を取り、すぐに新しい彼氏を見つけようと行動する傾向があります。

これらの違いは『自信の有無』で、プライドが高い人ほど『みっともない行動はとりたくない』『自分が楽しまないと負け』と考えるからこそ過去に拘らないのです。

 

ですから、コンプレックスがあるのならばそれを解消する努力をしてみましょう。

 

親から褒められない人生だったのならば、今からでも、人から褒められたり尊敬されるような行動をとり続ければ確実に自信になります。

『別れた元カレを後悔させる方法』これを考えるのも良いかもしれませんが、もっと大切なのは、『あなたがこれから先楽しむこと』のはずです。

 

そのためには、毎回悔しい気持ちになってしまう性格を改善するべきなので、今抱えている問題を、努力と工夫で乗り越えてみましょう。

最後に

女は本能的に依存したいため、別れた男が経済的に成功すると後悔します。

一方の男は、『たくさんの女性と付き合いたい』が本能的な欲求なため、原則関係が終わった女がどうなろうと『別れて後悔した』とは思わないのです。

 

このことからも、女性は元カレに後悔させるとかやり返そうと考えるよりも、自分が成功するなり楽しむなりした方が圧倒的に得です。

女性が元カレに拘る数値が100だとしたら、元カレがそれを感じ取るのは10にも満たないです。

 

つまり、『必死に仕返ししたところでたいていは気付かれもしない』のです。

 

何より、

 

女は生活を考える
男は欲で交際をする

 

この時点で、後悔をさせるなんて不可能です。

 

このように、男女ではあまりにも『元交際相手』に対する拘りが違いますので、時間の無駄にならないよう、潔く次に進んだ方が良さそうです。

【関連記事】
『元カノの方が良かった…』と男が感じる瞬間!男はここで比較する
恋愛の悩みを解決する方法!好きな男性と上手くいくためにはどうすればいい?