『女は顔じゃない』は本当か?関係ないと言われる真実

『女は顔じゃない』と言われることがありますよね。

『性格が大事』とか『顔よりも気持ちが重要』などのように、『外見 < 性格等』とされたりします。

こうなると、顔に自信がない女性は『私でも可能性があるの?』と期待するのではないでしょうか?

 

例えば、今までコンプレックスに悩み隠れて生きてきたのならば、『自信を持っていいんだ』と思えるだけで希望になるでしょう。

 

一方でたいていの場合、『モテる女性』といったら顔が綺麗な人ばかりのはずです。

 

芸能人を中心に一般人でも美人がモテますから、『結局女は顔でしょ』と愕然とするかもしれません。

実際のところ、どのくらい関係するのか?

『女は顔じゃない』と言われる真実について、詳細に解説していきます。

完全無関係ではない

『女は顔じゃない』これに関して確実に言えるのは、『完全無関係ではない』です。

やはり、男は綺麗な女性が好きなため、『全く関係ないか?』と言ったらそんなことはないですし、美人とそうでない人ならば、100%美人の方が魅力的だと感じます。

 

従って顔じゃないなんてあり得ませんし、むしろ、顔は良い方がモテます。

 

ただし重要なのは『努力しているか』の部分です。

つまり『もともと整っているか』よりも、『綺麗になろうと努力しているか』この部分がかなり関係しています。

例えば、パーツが整っている人でも太ってしまったら、外見で人気になる可能性は低いです。

 

一方で、決して整っていなくても、綺麗を目指し頑張っていたら人気が出ることは十分にあります。

このように、外見が『完全無関係ではない』とされるのは、『努力』の部分です。

 

実際に芸能人でも、メイクで綺麗になっているだけの人もかなりいますし、これは一般の人でも変わりません。

それに、付き合うかどうかを判断する時点では、やはり顔よりも中身です。

 

ですから、外見は身だしなみ程度には必要として、基本的には『内面で選ばれるため関係ない』と考えて良いでしょう。

美人も性格次第

上述した通り、交際を考えた際には性格が重要になります。

そのため、どんなに顔が良くても『中身が悪かったらモテない』が基本です。

例えば、超イケメン男性と出会えても、クズみたいな性格だったら『付き合うなんて無理』と思いますよね。

 

同様に男性も、どんなに顔が良くても、超我がままとか自分勝手な女だったら、付き合うことは考えません。

つまり『女は顔じゃない』とは、『外見が良くても、性格が悪かったら意味がない』という思いが込められているのです。

 

従ってこの問題に関しては、以下のようにモテ順位をつけることができます。

 

1.顔と性格が良い完璧な美人
2.顔が普通で性格が良い
3.顔は良いが性格はイマイチ
4.頑張って顔を磨いている性格美人
5.顔は良いが性格最悪
6.顔は悪いが性格は普通
7.その他

 

つまり、『女は顔じゃない』とはいえ、結局最もモテるのは『美人で性格も良い人』と言えます。

 

この順位にガッカリしたり反感を持ったかもしれません。

しかし、敢えてこれを書いたのは、これが男の本音ですし、気休めや優しさで嘘を書いても意味がないはずだからです。

それに、仮にあなたが4位以下だとしても、この順位は一般論に過ぎないのでその点は安心して下さい。

 

つまり、現実的な恋愛では『4位が1位に勝つ』これもあり得ます。

理由は、男女関係はそう単純ではないですし、特に人の気持ちは、対面的なやり取りで大きく動揺するからです。

 

その点では本当に顔じゃないので、『私は可愛くないから』と卑屈になったら、つまらない人生になるだけかもしれません。

技術の問題

恋愛で最も大切なのは、外見でも内面でもなく、『モテる技術』です。

はっきり言ってこれさえあれば、最低限の綺麗を心がけているだけで彼氏くらい作れます。

例えば、『お世辞にも可愛いとは言えない』こんな外見の女性がモテていること、ありますよね。

 

これは、『男を引き寄せるだけのモテテクニックを持っているから』で、実際に男も、『俺、どうして可愛くもない女に嵌っているんだろう?』と感じることがあるのです。

ですから、自分に自信を持ちたい場合、テクニックを習得するのが最も手っ取り早いです。

 

何もしなければ、見た目をそのまま評価されますし、自分よりも優れた人を前にした時には100%勝てません。

しかし、『こうすれば男は追いかけてくる』と分かっていれば、ライバルがどんなに美人でもあまり関係がなくなってきます。

 

モテる技術に関しては、以下記事に書いています。

関連記事:男性が追いかけたくなる女になる方法!最強の3ステップ

 

いずれにせよ男は、

 

顔が綺麗
顔が残念

 

どちらにしても、恋愛テクニックがある女には最も弱いです。

 

例えば美人でもモテ知識がないと、男はつまらないとか魅力を感じないことは多々ありますので、その点で『女は顔じゃない』は本当と言えるでしょう。

それに、最終的に人を動かすのは、『見た目』ではなく『気持ち』です。

 

見た目は好き嫌いの一つに過ぎませんから、『どうせモテない』なんて思わずに、異性と個人的に関われる機会を増やしましょう。

最後に

男女関係で最も重要なのは、本人が『顔じゃない』と思えるかどうかです。

理屈で『こうすればOKだ』と分かっていても、『どうせダメだろう』と信じて疑わなかったら、確実にダメのままです。

 

成功も失敗も、たいていは思い込みが関係しています。

今、もしあなたにマイナスの思い込みがあるのなら、それはさっさと取っ払った方が得です。

 

人がどう言ったとかは関係なく、自分が『これで良い』と思える自信こそが魅力を高めますし、それこそが『女は顔じゃない』と言われることの真実です。

恋愛は自信さえあれば上手くいきますので、つまらない情報に振り回されないようにしましょう。