女性が幸せになるには『どんな生き方』が最適?徹底検証!

女性が幸せになるためには、どんな生き方をするのが最適なのか?徹底検証してみました。

どんな生き方が幸せか?これは人によりますが、問題は『何が幸せか分からない人が多い』ということではないでしょうか?

 

つまり、『本当はもっと良い選択をできる機会があったのに、それに気づかずに時間ばかりが過ぎてしまった』こんな女性も多いのです。

 

それだと、やはりもったいないので、この記事では、

 

女性が幸せになるための生き方

 

について、あらゆる角度から検証していきます。

 

『女の幸せとは?』こんなフレーズはよく目にしますが、重要なのは『それら情報に惑わされず、本人が楽しい生き方をする』これのはずです。

 

従って当記事も、参考程度に読んで下さると嬉しいです。

今、もしあなたが幸せな生き方について悩んでいたら、ある程度お役に立てるかもしれません。

自由恋愛

女性が幸せを感じる生き方の一つに、自由恋愛があるはずです。

 

自由恋愛とは、

 

一人に限定しない
複数交際
たくさんの男友達を持つ

 

など、真剣交際とは正反対のパターンです。

 

これをしている期間中に『幸せだ』と感じられる理由は、『モテているから』です。

やはり、人間ならばモテたいですから、そんな生き方ができたら幸せかもしれません。

 

自由恋愛は主に、『まだ結婚は考えない』という若い女性がする傾向がありますが、『私は独身が向いている』という性格ならば、年齢に関係なくそんな生き方を選んだ方が幸せになれます。

 

それに、どれだけ深い関係になるかは別として、常時たくさんの異性と関わるわけですから自分も若くいるように心がけますよね。

さらに、たくさんの男性に求められるため、それらによって、『美貌が衰えない私』を見ていられるのも幸せに貢献してくれるはずです。

 

異性との関わりを断つと急激に老け込んだり、自信がなくなってしまい表情が暗くなる場合もありますが、常に恋愛をする生き方だとそれらとは無縁ですから、結果的に『超幸せ』な精神状態を保てたりもするのです。

 

 

ですから、自由恋愛は幸せな生き方の一つとしてアリですし、それによって一生楽しくいられる女性もいますので、あなたの性格や考え方はどうなのか?を見極めてみるといいかもしれません。

 

一方でデメリットもあって、それが『男性からの印象は決して良くないこと』です。

というのも男は、遊び相手としては、上記のように『軽い女性』が好きなんですが、真剣ならば、『男関係がしっかりした女性』を好みます。

 

従って、自由恋愛をしている場合、『その中から結婚相手を見つけるのは難しい』と言えます。

男性にとってもあくまで遊び相手なので、未来までは視野に入れていないのです。

 

ですから、『いずれは結婚も考えたい』と思っていたり、それこそが女の幸せだと確信しているのならば、楽しいだけの交際をするのは期間限定にして、ある時期が来たら、将来のために方針転換した方が、幸せな生き方ができるのかもしれません。

一途恋愛

『一途な恋愛をすることこそ、女にとって幸せな生き方だ』と考える人も多いはずです。

 

一人の男性に大切にされ、結婚という未来が見える

 

これこそ幸せというもので、『だから、誰と付き合うとしても基本的に真剣で、ゴールがあるかを重視する』というスタイルです。

 

一途な生き方が幸せになれる最大の理由は、

 

愛される
結婚して安定する

 

などですよね。

 

『一途な生き方を選んだ方が幸せ』に関しては、たいていの女性は分かっているのではないでしょうか?

 

一方で問題は『一途を貫いても、相手次第では幸せになれない』可能性がある点です。

性格が真面目ならば、『遊びで交際なんてできるはずがない!』と、誰と付き合うにしても真剣になるでしょう。

その生き方はもちろん良いのですが、悪い男もたくさんいますし、真面目な性格が災いしてそういうのに騙されてしまうリスクも世の中には存在します。

 

例えば、あまり経験がない女性ならば『女を体目当てにする男』という存在そのものを知らない可能性がありますし、実際に出会ったとしても、表面的に『いい人そう』と感じ『付き合っているつもり』になる場合もあります。

 

しかし実際には、相手の男は体だけが目的ですから、一定期間楽しんだら去っていくとか、分かりやすく1回~2回で音信不通になるなど、こういう目に遭うリスクも持っています。

ですから、『絶対に一途』という考え方だと、たった一人のダメ男のせいで『もう誰も信用できない』という心理状態に陥る危険性があります。

 

その点で、上述した『自由恋愛』ならば、そういう悪人の見分け方も身に付くため、本当に幸せになるためには『自由と一途、どちらも経験する』のが良いのかもしれません。

 

例えば、ある年齢までは『自由な恋愛』と決めて、その期間中は、

 

外見が良い
遊びを知っている

 

などの男性を楽しみ、十分に経験が豊富になった時点で、『そろそろ真剣に一途な交際を』と考えるのならば、悪人を見抜く力が備わっており、なおかつ、安定的な高収入男性を落とす術も習得しているかもしれません。

 

何より、ある程度遊んできた場合、異性を見る目が養われているため、結婚を考える際にも男選びで失敗しない可能性があります。

女性が幸せになる生き方を考えた場合には、こんな選択肢もありそうです。

 

重要なのは、『自由と一途のバランス』で、どちらか一方だけだとハイリスクです。

もちろん、幸せの基準や生き方は人それぞれですが、後で後悔しないよう、計画的に生きるべきと言えそうです。

やりがいある仕事

仕事にやりがいを感じられることも、幸せな生き方の一つかもしれません。

仕事が安定していたり楽しいと『特別恋愛しなくてもいい』と思える場合もありますよね。

その感覚になれるくらい熱中できたら、幸せな状態と言えるはずです。

 

一方で『仕事ばかりの生活になると、恋愛や結婚のチャンスを逃す』と不安を感じる場合も多いでしょう。

確かに、どんなに仕事にやりがいが持てていても、一人の人生は寂しいかもしれません。

 

しかし現在は『独身が当たり前』とも言われています(2018年現在)。

そのため、あと数年もしたら『一人が寂しい』と感じる機会は激減する可能性もあります。

 

 

ですから、たとえ現在パートナーがいないとしても、今の生き方に満足していて、日々充実しているのならば、『このままでいい』と考えてみるのも一つです。

 

むしろこれからの時代、『女性が恋愛や結婚のために仕事を犠牲にする』この方がハイリスクではないでしょうか?

せっかく自分の居場所を確立し、能力を身につけてきたのに『たった一人の男』のためにそれを手放したり、仕事量を減らしてしまうのは、もしかしたら後悔する選択ともいえます。

 

現在は、確実に恋愛や結婚をする年齢が上がっています。

20年前ならば、『アラサーになったら結婚するのが当たり前』だったはずです。

 

しかし今は、アラサーになったからといって結婚を考えるかどうかは完全に個人の自由意思ですし、他の生き方も選べるようになっています。

それに、40歳代・50歳代でも当たり前に新しい出会いを楽しめ、60歳代以上で結婚する人もたくさんいます。

 

ですから、女性が幸せに生きていく基準を、『結婚』を前提にしてしまうのはもったいない時代になっていますし、これからは、『一人で生きられる能力』を持った女性こそが、幸せを得られる場合もあります。

 

そのためにも、収入を得るための基準を『やりがい』に拘ってみるのが大切で、日々『働くだけで幸せ』と充実できるような環境を整えられると、パートナーの有無に関わらず幸せになれるかもしれません。

いずれにせよこれからの時代、女性が幸せな生き方を考える際に『仕事を含める』のは必須事項になってくるはずです。

 

収入を得る能力を身につけていないと、結婚しても完全な安心は得られない可能性が高いので、

 

自分で生きる力を身につける
それが楽しいものである

 

これらが、女性が幸せな生き方を考える上では大切と言えそうです。

年齢に対する考え方

『もうこんな年だから』と年齢を気にする女性も多いはずです。

確かに、年齢によって難しくなるものもありますし、それは恋愛も仕事も当て嵌まります。

 

しかしこれに関しては、

 

気にしないべき部分
気にするべき部分

 

どちらもあり、総合的には気にしたら幸せになれないので、あまり考えすぎない方がいいです。

 

例えば、『もうこんな年だから』と感じて行動しないのは明らかに損失で、それを繰り返すと、自分が思い描く幸せな生き方が、達成できずに終わってしまいます。

 

具体的に言うと、

 

今から恋愛なんて無理
これから新しいことを始めるなんて…
体力がついていかない

 

など、例を挙げればまだまだ出てきますが、要するに『年齢を言い訳にしている』場合、それらは『本当はやりたいこと』の可能性が高いため、だから幸せな生き方ができずに終わってしまうのです。

 

『やる前から言い訳を見つけて行動しない』これは、幸せに生きられない人の典型的な思考パターンですよね。

痩せられない人が『食べないと疲れるから』と言い訳して、ダイエットしないのと同じですし、仕事ができないのに『自分のやり方』に拘り結果が出ないタイプとも似ています。

 

ですから、『もうこんな年』の『もう』と言っている時点でいい訳なので、その思考を持ってしまった場合、『今のままでは幸せな生き方ができない』と焦った方がいいです。

 

成功者の多くは年齢なんて気にしていませんので、だからこそ結果を出して、納得のいく生き方ができています。

従って、ネガティブに捉えているのならば、『その必要は全くない』と、前向きになってみましょう。

 

一方で気にするべき部分もあり、それが『年甲斐もない』と言われるような言動です。

例えば、40歳代の女性が20歳前後の女の子がするようなファッションをしていたら白い目で見られますし、言葉遣いも、10歳代ならば流行に乗って良いでしょうが、40歳代ならば落ち着きや品位が求められます。

 

恋愛でも、若さがあれば依存体質でも許されますが、大人の女性がそれをすると単純に避けられてしまいます。

このように、『自分の実年齢を自覚して行動できているか』はとても大切です。

いつまでも若いつもりだったり、子供のままの精神状態でいる女性は、幸せな生き方を手に入れるのは難しいです。

 

ですから、精神面が幼いようならば変わるべきですし、依存心を持っているのならば、『そのままでは幸せになれない』と自覚した方がいいです。

女性が幸せになるための絶対条件が『精神的な自立』ですから、そこが未発達ならば、変わる努力が必要かもしれません。

 

他人は対象外

ここまで、女性が幸せになるための生き方について、

 

自由恋愛
一途恋愛
やりがいがある仕事
年齢に対する考え方

 

などを書いてきました。

 

恋愛や結婚、仕事をメインに紹介してきましたが、最も重要なのは『自分の幸せを考える際に、他人を含めない』だと言えます。

女性によっては『今の彼氏と結婚するのが私の幸せ』といったように、特定の相手を、自分の将来計画の中に含めることもありますが、これをすると、その彼氏がいなくなった際には大きく崩れますので、この思考は危険です。

 

特に問題なのは、『未来構想が崩れた際に、相手のせいにする』この考え方です。

例えば、『結婚するつもりだったのに振られた。そのせいで私の幸せ計画が崩れた』と捉える女性もいますよね。

 

ここで問題なのは『誰が悪いか』ではないです。

『他人のせいにすると、自分が幸せな生き方をできない』という点です。

客観的に見て元カレが悪いとしても、そんなのはどうでもいいことで、重要なのは『ならばどうするか?』と次のプランがあることのはずです。

 

だからこそ、自分が幸せな生き方をするための計画に他人を含めるのは間違いで、『自分がどうなりたいか』で毎回決断していくのが大切です。

女性が幸せに生きられるかどうかで、最も重要なのはこの『他人を対象外にできるか』の部分と言えます。

 

『誰かと一緒に』という依存した思考を持っている限り、100%の幸せは見つけづらいですし、そもそも、『構ってほしい』『認めてほしい』といった承認欲求には際限がないので、そこを満たそうとする限り幸せにはなれません。

ですから、幸せな生き方を計画する時には、『自分がこれからどうなっていきたい』に拘りましょう。

 

一例を挙げれば、

 

1.仕事で成果を出す
2.フリーの仕事も貰えるようになる
3.友達感覚の恋愛を楽しめる
4.好条件の男性をパートナーに持つ
5.仕事と恋愛を両立する

 

などのように、特定の誰かを未来構想には含めず、あくまで『自分だけの計画』にした方が、幸せな生き方をしやすいです。

 

こうしておくと、例えば好条件の男性と知り合ったとしても、『何かが違う』と感じたら、依存したりその彼に拘ったりはせずに、『自分の幸せ計画』のために、新しい彼を見つける行動が取れるはずです。

 

一方で、幸せ計画の中に他人を含めていると、『せっかく出会ったから』と拘ってしまう場合があります。

それだと、時間が経ってから歯車の狂いに気付き、大きな軌道修正が必要になりますので、幸せな生き方を考えるのならば、『自分だけの生き方』に拘った方が良さそうです。

最後に

これまで、女性が幸せな生き方をするためには?

について、あらゆる角度から書いてきました。参考になっていたら嬉しいです。

 

一方で、ここで紹介したのは一例に過ぎません。

幸せの基準は人それぞれですから、『何が正解』というのはないはずです。ですから、あなたが感じる『幸せ』を信じて、突き進んでみるのが良いでしょう。

 

一つだけ確実なのは、『後悔しない選択』これを心がけることではないでしょうか?

その都度、『最良だと思える判断』を重ねていけば、どこかで大きくズレていても、自分が選んだ生き方であるため納得できるかもしれません。

 

従って、他人の意思に流されるのは止めた方が良さそうです。

生き方や考え方、楽しいの基準はそれぞれですが、時間だけは平等に進みます。

日々『今日も充実した』と思える生き方ができたら、良いのかもしれませんね。