男性必見!デートの会計は『奢り』にするべき理由

デートの会計、あなたはどうしていますか?

『今度、気になる女の子と初デートする』、こんな時に、『会計は奢りがいいのか?割り勘が基本なのか?』と迷う時もありますよね。

 

デート時の会計に関しては、まず男女で見解が異なり、さらには、個人によって考え方が違うようです。

 

全ての女性が『初デートは男の奢りが基本でしょ!』と思っているのかと思いきや、

 

奢りは気が引けるから割り勘で
収入差による
多めに出してほしい
会計は男性が済ませてほしい

 

など、様々のようです。

 

私は今まで、基本奢りでやってきました。

そのため『金がない時はデートもなし』こんな感じだったのですが、上記の事実を知った今、なんだか損をしてきた気分です…。

 

そんな、基本奢りの人生をしてきた私の周りは、『女に金は出させない』こんな男性が多かったので、この記事では『デートの会計を奢りにするメリット』について書いていきます。

あなたのデートに、少しでもお役に立てれば嬉しいです。

好印象

まず、デート時に会計をスマートに済ませられると好印象です。

女は、『会計をどうする男か?』を見ている傾向にありますから、やはりその場面で『何も言わずにサラッと奢る』ことができれば印象はグッと上がります。

 

実際に、女性が書いたと思われる『デートの会計はどうするべき?』といった記事を見ると、

・会計がスマートな男は格好良い

と書かれていることが多いです…(笑)

 

まあ、女性がそれを言うのはどうなのかなとも思いますけどね。

それはさておき、実際に会計がスマートだと好印象で、そのデートは楽しいものになる場合があります。

 

そしてここからがメリットですが、サラッと奢ると、

・印象がグッとUPするため、その後急展開もあり得る

のです。

 

具体的に言うと、夜デートならば、

 

1.待ち合わせ
2.食事
3.会計で奢る
4.店を出てブラブラする

 

こんな流れになるかと思いますが、『2』の食事の後に、『3』の会計で奢るがアリかナシかによって女性が受けた印象が全く違うため、『4』のブラブラする時の『好感度』が違うのです。

 

会計がスマートだった場合、『この人素敵!』と思われている可能性も高いため、もしかしたら、『初デートで自宅にGO!』もあり得ます。

反対にそのデートが奢りじゃなかったら、食事が楽しくても、『なんだかガッカリ』と思われる場合もあり、彼女の熱が冷めてしまうことも珍しくないです。

このように、『食事を奢るかどうか』はとても重要で、それ次第で、大きなメリットを得られる可能性もあるのです。

 

もちろん、『食事デートが楽しい』これが大前提ですが、たいていの女性は、

・デートで奢られた金額=自分の価値

と捉えるので、会計が奢りじゃないと『見下された』と判断する人もいるため、印象を考えるのならば会計こそスマートにした方が良いわけです。

方針転換が効く

デート時の会計を奢りにすると、『男性自身の方針転換が効く』こんなこともあります。

 

『方針転換?』と思いますよね。どういうことかというと、上述した、

 

1.待ち合わせ
2.食事
3.会計で奢る
4.店を出てブラブラする

 

の流れの中で、『この子はなんだか違う』と感じる場合もあるはずです。

 

デート前はワクワクしていても、実際に深く話してみたら、『ウザい』とか『重そう』など、ネガティブな印象しか得られない時もあるでしょう。

そんな時には方針転換です。

ここで『ウザいから終わり』とするのも良いですが、『せっかくデートまでこぎつけたから、ある程度は関わろう』と考えるのも一つの選択です。

 

つまり『付き合うのは止めて遊ぶ』訳です。

その際に重要なのが『会計をスマートに奢る』といった、格好良い行動です。

サラッと金を出した方が好印象なのは上述した通りなので、後は『こちらがどうしたいか?』だけが課題です。

 

真剣交際がしたいのならば『次のデートの約束をする』のでしょうし、遊びならば『勢いで自宅に誘う』とか『店を出てブラブラ中に、いい感じになったらキスする』などが考えられます。

 

女性も、

 

食事が楽しい
会計がスマート

 

こんな男性とならば『いいかな』と思ったり、既にこちらを好きになっていたりもしますから、デートの時には『徹底的に紳士』を心がけていると、『方針転換に成功するメリット』もあります。

 

ただし、遊びにしても『初デートで最後まで完了させる』というのはなかなかハードルが高いです。

それに、女性は基本遊びの男を警戒していますから、『そうバレないように』会計をスマートに奢るとか、キスはしてもそれ以上の下心は簡単には見せないなどの、紳士的なデートを数回繰り返した後、『頂く』方が良いと考えられます。

女の本性が分かる

デートの会計を奢りにする最大のメリットは、『女の本性が分かること』だと個人的には思います。

 

さきほど、

・デートで奢られた金額=自分の価値

たいていの女性はこのように捉えていると書きましたが、実は、そう考えない人もいて、それが『こちらに本気な女性』です。

 

つまり、『好き度が強い女性ほど、会計が奢りかに拘らない』というわけです。

これはまあ『当たり前』なのでしょうが、意外と見落としがちな部分ですし、更に男性自身も『奢らないと好きになってもらえない』と勘違いしがちなものです。

確かに初デートは、格好良く会計を済ませた方が圧倒的に良いです。これは、その女性がこちらにベタ惚れでもです。

 

しかし重要なのは『奢ってから』です。

 

会計を済ませ『女性がどう出るか?』が判断ポイントで、

 

好意がない=出そうともしない
好意がある=出そうとする
ベタ惚れ=強引に金を渡してくる

 

こんな感じと言えます。

 

実際に、ある女性セレブタレントの方が言っていましたが、『どうでもいい男なら、いくら使わせても気にならない』一方で、『好きだと気が引ける』そうです。

それに心理的に考えても『好きなら嫌われたくない』『長続きさせたい』と思うのが普通でしょう。

 

男も、『好きな子にほど気を使ったり優しくする』一方で、どうでもいい女には『冷たい』のではないでしょうか?

デートの会計を『取りあえず奢りにしてしまう』メリットはここであり、要するに『その女性の本心が分かる』のです。

男性の場合下心もありますから、期待や欲望から『次会えばイケるかもしれない』なんて考えたりもするでしょう。

 

しかしこれは、『無駄に貢いでしまう典型的な思考』ですから要注意です!

従って、どんなに『絶対いい子だ』と思っても、初デートで会計を済ませてみて出す素振りがなかったら、『気がないんだな』と悟った方が良さそうです。

これは、相手の本音を判断する比較的有効な基準と言えますから、その点で、『デートの会計は奢りにしてしまった方がいい』と私は思いますし、デートを楽しめるメリットとも言えそうです。

最後に

デートの会計は奢りにした方が、何かとメリットがあると言えそうです。

一方で、『初めに奢ってしまうと、ずっと奢りになるのでは?』と疑問や不安を持つ方もいますよね。

確かにそうなってしまう場合もありますし、それだと大富豪じゃない限り交際が続かないので、『交際が成立したら割り勘にする』これが一般的のようです。

 

その際の提案の仕方は、

 

長く付き合いたいから
これからは半分出してくれ

 

など、本音でいいと思います。

 

男は、付き合うまでの期間を頑張りますが、女は付き合ってからを大切にするみたいです。

そのため、『付き合った途端にデートが奢りじゃなくなるのは不満』こんな人もいますが、事情を話せばたいていは分かってくれます。

 

何より真剣ならば、ずっとスマートな会計に拘って格好つけている場合でもないでしょうから、早めに奢りを止めましょう。

女性でも『金がきついのに奢る男はNG』と考える人は多いです。『奢りは交際前デートまで』と決めて、恋愛を楽しみましょう。

【関連記事】
女に嫌われない第一印象の法則!受け入れられるかの3条件
金目当て女の特徴!男を財布としか思わないクズ女を見極める方法
いい男の条件はとにかく『自信を持つ』そのための方法とは
デートで下心を出すタイミング!発展させるための重要なポイント