『女子』という表現は何歳まで?男がドン引きする境界線

女子という表現、これは何歳までOKなのかと疑問を持っているのでは?

普段何気なく『女子だから』『今日は女子会』などのように使っていても、『女子…』『何歳まで許される?』と思ってはいませんか?

女性の場合、周りが『女子』を使うと、たとえ違和感を持っていても、自分だけ使わないわけにもいかないかもしれませんね。

 

しかしながら、そうやって周囲に合わせていると、肝心の男性からは『痛い女』とドン引きされるかもしれません。

もしかしたら、そろそろ女子を卒業する年齢かもしれないしまだかもしれない。

 

そこでこの記事では、

 

女子は何歳までOKか?
ドン引きする境界線

 

について書いていきます。

 

友情も大切でしょうが、大人になった方がいい場合もあります。

今がその時ならば『勇気を持った方がいいのかも』しれません。

25歳からはヤバい

意外かもしれませんが、25歳くらいになったら『女子』は止めた方がいいです。

理由は『実年齢では十分大人だから』です。

この『何歳まで』という議論、結局重要なのは『大人かどうか』になるはずです。

従って、社会的に大人の年齢ならば『女子』はおかしいですし、それは25歳くらいだろうと考えられます。

 

例えば、ストレートに大学を卒業した場合22歳で、さらに大学院の前期課程終了後ならば24歳ですよね。

この辺までならば、一般企業に新卒として就職する年齢であるため『これから大人になるライン』と考えられます。

 

一方で25歳からは、一般的には既に社会人です。

もちろん、大学院後期や浪人した人は別ですが、大多数はそうでしょう。

それもあり、『25歳は立派な大人』との印象が強いため、だから『女子』はNGになりやすいのです。

 

実際に、そのくらいの年齢の女性が『女子』を使っていたら、男はドン引きすることもあります。

実年齢と発言にギャップがあるため印象は良くないですし、もしかしたら、女子発言によって『価値を下げてしまう可能性』もあります。

周りにとって、『大人っぽい女性』という印象だった場合、それまでは好印象になっているはずです。

 

しかしそんな女性が、自分を『女子』と表現したら、『意外と幼いんだな』と男は思いますし、これはマイナスです。

ですから、何歳までかを基準にするのなら25歳が良いですし、それ以外にも『自分がどう見られているか』も考えると良さそうです。

 

25歳でも、元気で明るい性格ならば女子でも通用するでしょうし、反対に落ち着いて大人っぽい性格ならば23歳でも印象ダウンになるかもしれません。

何歳までOKか?というのはあくまで基準です。

重要なのは『周囲があなたをどう思っているか?』なので、悪い意味で意外性を持たれそうならば、控えた方がいいでしょう。

年下にはNG

女子という表現、何歳までとかに関わらず、『年下相手』には避けた方がいいです。

例えば、あなたが24歳だとしたら『20歳の男(女も含む)には使わない方が無難』です。

これは、意外と気づいていない人が多いですが、年下にとっては『どんなに若くてもお姉さん』ですし、酷い時は『おばさん』と思われています。

 

例えば、18歳の男子にとって24歳女は、『お姉さんとおばさん』難しいラインですよね?

従って、そのような年下に対して『女子』と言ってしまうとドン引きされるリスクがかなり高いのです。

 

あなたも、次のような体験がありませんか?

『おじさんが若いつもりで語ってきた』。つまり、あなたにとってはおじさんなのに、本人は『そう思われている事実に気づいていない』のです。

 

女子発言に関しても、これと似た部分があります。

そのため、『何歳までならば良いのか?』ばかりに捉われていると、年下相手にも使ってしまい大恥をかくかもしれません。

 

ですから、『私はまだまだ若い』とか『今日は女子会』と思っていても口には出さず、敢えて『大人として振舞う』ように心がけるといいですし、年下からは好印象です。

下からは、自分が思っている以上に大人だと思われている場合もあるので、女子表現一つで印象を下げてしまわぬよう、気を付けた方が良さそうです。

会社では封印すべき

何歳までかを考えるのも大切ですが、『どこで使うか?』も重要です。

女友達とならば、20歳代後半でも『女子会』『女子旅行』なんでもOKでしょう。

しかし、会社のように働く場所では、『何歳まで』とかに関わらず、女子は封印した方が無難です。

 

『女子社員』『男子社員』こんな表現があるため問題ないようにも思えるかもしれません。

しかし、表現として使われるのと個人が使うのとでは大きく意味合いが違ってくるのでそこは注意です。

例えば敢えて年齢は書きませんが、おばさん社員が自分を『女子』と言ったら違和感がありますよね?

これは相手が、目上であり『どう考えても女子を使う年ではないから』のはずです。

ポイントはここで、会社の場合、『誰が女子を使っても、そう思われる可能性がある』と考えられる点です。

 

価値観の異なる人の集合体が会社組織ですから、その中で女子という幼いとも取れる表現を使うのは好ましくないわけです。

もちろん、絶対にNGな訳ではなく、気が合う女子社員同士ならば全く問題ないです。

従って、年齢が近く親しい人との中でのみ使うようにして、業務中は控えることがマナー的にも良いのかもしれません。

最後に

女子表現は何歳までか?この疑問を持てるだけで、ドン引きされることはないので心配いりません。

たいていの女性は、『何歳までか?』と考えることもなく女子と口にしています。

そして、男たちから陰で引かれているのです。

 

ですから、失敗しないためには女同士の時にのみ使用することです。

男は何かと、女性の言動にうるさかったり、実は引いたり冷めたりしているので、『その年齢で?』と思われるような行動は控えた方がいいです。

女同士ならば楽しく盛り上がれるわけですから、せっかくの気分を壊さないためには、年齢よりも環境を考えるのが大切そうです。

【関連記事】
3割増しでいい女に見える3つの方法!男はこれにクラっとくる
食べながらダイエットする方法!減量したくない時の3原則
できるだけ楽して痩せる方法!ボディビル目指してた私が解説!