男はどこを褒められると嬉しい?意識させるテクニック

男性も褒められたら嬉しいですし、褒めることができる女性はモテます。

 

そのため、『どこを褒められると嬉しいか?』を熟知していると、

 

ライバルに勝てる
男が勝手に追いかけてきてくれる
楽に恋愛できる

 

などのメリットがあります。

 

 

男には褒められたいポイントがあり、それは個人によって異なります。この記事では『その見極め方』を紹介していきます。

 

上手に褒められると勝手に意識してくれますし、『ここを褒めてくれ!』というポイントを見抜けると、その男は落としたも同然です。

 

関わる男性それぞれの『どこを褒められたいか?』を観察し、『この子は俺のこと分かってる!』と思われちゃいましょう!

どこを褒められたいかを見抜こう

男性が褒められると嬉しいポイントは以下2です。

 

自慢になる部分
自信がない箇所

 

これらに対し、適切な誉め言葉を選べると、『他の女とは違う』と思われるわけです。

 

一方で褒めるというのは『内面を理解する』行為ですから、上辺だけではなかなか上手くいきません。

つまり大切なのは、

・言葉だけでなく興味を持つこと

です。

 

あなたも『綺麗だよ』と言われたら嬉しいですよね?一方で、『私のどこが綺麗?』と尋ねたところ相手が固まったら『結局興味ないんじゃん』とガッカリしませんか?

男も同じで、『すごーい!』と女性に褒められても、興味が感じられなかったら『どうせ上辺だけだろ』とうんざりするわけです。

 

ですから、誉め言葉を極めたいのならば、

 

何を言えばいいか?
どこを褒めればいいか?

 

を考えるよりも、『興味を持つ』これに集中するのがまず第一です。

 

関心を持てると、その相手の自慢になる部分や自信の無い箇所を上手に褒められるようになるので、『男はどこを褒められると嬉しいか?』を考えるのならば、

 

まずは関心を持つ
その上で自慢・自信がない箇所を褒める

 

を心がけてみましょう。

どこが自慢か?

その男性がどこを自慢としているかを知る、これは褒める上で重要ですよね。男性は主に、

 


筋肉
頭脳
財力

 

を自慢とする傾向があります。

従って、関わった男性が上記のどこに『力を入れているか』に意識を集中してみましょう。そうすると、褒めるべきポイントが見えてきます。

顔を褒めてほしいタイプ。こんな男性は多く、しかも『褒めてほしいからといってイケメンとは限らない』ので注意しましょう。

お分かりかもしれませんが、『顔に自信あり=イケメンだけ』とは限りません。

 

むしろこれは、外見の良さよりもナルシスト度が関係するので、極端に言えば『見た目が良いかどうか』は無関係です。

 

例えば太っているとか剥げているとか背が低いとか、一般的には『モテる』とは程遠いとされる男性でも『俺は、イケメン』と思っている可能性もあります。

こういう男性は『顔こそ褒められたい』と考えるため、『そこを褒めてくれる女こそ理解者だ』と捉えるのです。

 

肝心な見極め方ですが、

 

髪型やお洒落に気を使っている
自分好き度が高い
自己主張が強い

 

などがあったら、高確率で外見を褒められたいタイプと言えます。

 

基本、お洒落な男性は外見を褒められると嬉しいので、『この人それなりに気を使っているな』と感じたら、『格好良いですね』とさり気なく言うだけで、相手はいい気分になります。

 

また、自分に酔った言動が多い人もナルシスト傾向があり、例えば、

 

過剰に優しい
格好つける
ふざけたがらない

 

などは自分が好きだからこそで、こういう男性も顔や外見を褒められると嬉しくなったりします。

 

以上のように、

 

お洒落に気を使っているな
自分大好きだな

 

と感じたら、取りあえず外見を褒めておくといいでしょう。

 

そうすれば、確実にその男性は気持ち良くなってあなたに親切にしてくれます。

男は単純なもので、『褒めてくれる女性のことが気になる』ため、振り向いてほしいのならば徹底的に褒め倒す、こんな方法もありです。

 

特に、『格好良い』と言われて喜ばない男はいないので、王道ではありますが鉄板の誉め言葉として、使えるようにしておくと良さそうです。

筋肉

男性が褒められると嬉しい場所として定番なのが筋肉ですね。鍛えている男性も多いため、これは必ず抑えておきましょう。

筋肉の場合、見た目ですごいかどうかが分かるはずです。従って『すごいな』と感じたらそのまま言葉にすればいいので、それほど難しくないでしょう。

 

それに、体を鍛えている男性は、基本『お触りOK』な人が多いです。

ですから、『すごいですね』と言いながら、『触ってもいいですか?』までできるとかなり好印象ですし、一般的には『ダメです』とは言われないため心配ないです。

 

またマッチョ男性に対しては、『強そう』も誉め言葉になります。

女性は健康や美容のために鍛えるかもしれませんが、男は『強くなりたいから鍛える』このタイプが圧倒的に多いです。

 

そのため、『○○さん強そう』と言われると、やっぱり嬉しくなるわけです。

特にマッチョさんの中には、『昔はガリガリだった』という人もいて、弱い過去をコンプレックスとして抱えている人もいます。

そういう男性は、『今はこんなに強い』と誰かに認めてほしいため、筋肉にプラスして、強さも褒められると嬉しくなる傾向があります。

頭脳

『頭脳が自分の魅力』このように理解している男性もいて、一般的には高学歴なタイプです。

特に、

・超高学歴だが外見は普通以下で運動は苦手そう

こんなタイプは、頭脳だけが魅力だと思い込んでいる場合もあります。

 

実際に高学歴でも話下手でモテないとか、運動音痴がコンプレックスなどの男性も多いですから、ダメな部分には敢えて触れず、得意分野である頭脳を褒めまくると良いでしょう。

例えば、その人の専門分野について質問してみるのは良い方法です。

 

そうするとたくさん話してくれますよね?それを『やっぱりすごいね』と褒めるだけでも印象は良いです。

他にも、社会で発生しているちょっと難しいニュースについて聞いてみる、これも良い方法です。

 

ポイントは『知らないふりをすること』です。

頭脳に自信がある人は『この分野では絶対自分が上でいたい』と考えるため、他人から知識系の話をされるとイラつく傾向があります。

ですから、たとえあなたの方が詳しくても、そこはグッと堪えて『聞く』に徹する、これが上手な誉め方と言えるでしょう。

財力

財力は、褒める要素としては最も分かりやすく、また女性自身『最も褒めやすい分野』なのでは?

はっきり言えば『褒めても損しない』部分ですよね(笑)

基本的に『財力こそ私だ!』と考える男性は、そこを認める女としか関わりません。そのため、『やっぱり○○さんってすごいんですね』と分かりやすく褒められるのを最も喜びます。

 

女性によっては『敢えて認めず挑発して追いかけさせる』こんな方法を使う人もいますが、金持ちは女に困っていませんし、そういうやり方をして自分が上になろとする女性がいることも知っています。

その場合、当然相手にはされないので、上述した通り、金持ち相手には分かりやすく褒め、自分が『下になる』つもりで関わるのが理想です。

 

どんな男性にも言えますが、男は基本『自分が上になりたい』と思っています。

そのため、下になれる女性ほど得をします。せっかく褒めるのならば男性の本質も理解して、楽しい恋愛をしましょう。

 

どこに自信がないか?

ここまでは、

・男性が自慢に思っている部分を褒めよう!

をテーマに書いてきました。

自信がある部分を褒められたら皆嬉しいですから、積極的に取り入れてみましょう。

 

ここからは、『自信がない部分を敢えて褒める』という手法です。実は、これができる女性は本当にモテます。

というのも、あなただって『そんなことないよ』と言われたくないですか?

 

例えば、『どうせ私はダメだから』と落ち込んでいる時に、『君はいつも頑張っているじゃないか』と具体的な指摘と共に励ましてくれる男性がいたら、嬉しいですよね。

これも、誉め言葉になりますし、むしろこの方が心に刺さります。

 

元気がない時に近くにいてくれた存在』恋愛においてこれは最も強力ですし、『自信がない部分を褒める』とは、まさにその行動になるため、絶対に極めましょう。

 

一方で、『相手のどこがダメか?』を見抜くなんて簡単ではないと思いますよね。確かに一般的には分かりづらいのですが、方法としては『自慢の逆を見る』のが良いです。

つまり、筋肉や財力などの褒め要素がある一方で、『この人は、どこはダメなのかな?』と考えるようにすると、コンプレックスが見えてくるわけです。

 

例えば、マッチョでも金はないとか、金持ちでも太っているとか、全てが完璧な人なんて滅多にいないので、『長所と短所をそれぞれ発見する』このように心がけてみましょう。

 

こうするとダメな部分が分かってきますから、

 

ふとマイナス発言をした
コンプレックスを気にした

 

などがあった際に、そこを敢えて褒めてやれば『この女性は自分を受け入れてくれた』と男性は思うため、あなたは特別な存在になります。

人間は、長所よりも短所が気になる一方で、普段は『長所で短所を隠している』場合が多いです。

 

一方で、負の要素を受け入れてくれる相手を求めていたり、その相手こそ究極の理解者だと考える人もたくさんいますから、『マイナス要素を褒める』というのは極めて重要なモテテクニックです。

 

あなたにもコンプレックスがあったら、それを、

 

全然気にしない
僕はそこが好きだよ

 

などのように言ってくれる男性がいたら、どっぷり嵌ってしまうのでは?

 

男も、さらにどんな成功者でもそれは同じなので、

・男はどこを褒められると嬉しいのか?

を考える時には、『マイナス要素こそ重視して褒める』と意識してみましょう。

興味を感じさせる褒め方

ここで、『興味を感じさせる褒め方』について簡単に紹介します。というのも褒める際には、『この人は、本当に興味があって褒めてくれているんだな』と思われないといけませんよね。

例えば『すごいと言いながらも無関心な人』っていますが、結果的に失礼ですよね。

 

それをすると嫌われてしまうため、『褒める+興味』は絶対です。

失礼にならないための方法としては、『掘り下げて質問をする』これが良いです。つまり、ただ褒めるだけでなく、『質問をする』ことで、興味があるように見えるわけです。

 

マッチョ男性を褒める、これを例に挙げるのならば、

 

1.筋肉すごいですね
2.どんなふうに鍛えているんですか?
3.週にどのくらいやるんですか?
4.ベンチプレス何㎏挙がるんですか?
5.触ってもいいですか?

 

などのように、質問攻めにしながら褒められると興味が伝わります。

 

そうすると、『この女性は本当にマッチョ好きなんだな』と少なくとも相手は思ってくれますし、積極的にもなってくれるわけです。

このように、質問は有効です。

 

興味があっても褒めるのが下手な女性は、褒めるだけで終わってしまう傾向があります。これだと、社交辞令のように受け取られてしまうため発展しないのです。

人は褒められると嬉しいですが、重要なのは『興味を持たれているかどうか』

 

褒めてもらっても、単なる社交辞令ならば嬉しくないのが普通ですから、せっかく勇気を出したのに勘違いされないためにも、『質問』まで繋げましょう。

最後に

どこを褒められると嬉しいか?に関しては、

 

自慢になる部分
自信がない箇所

 

などを見抜くのが良いでしょう。

 

また最も重要なのが、『その人に興味を持つ』これになります。

人間関係の基本は興味から始まりますので、自分の気持ちに素直になればなるほど、自然と必要な場所を、褒められるのかもしれません。