『夢に出てきた報告』に深い意味はある?理解しよう男性心理

男から『昨日○○さん夢に出てきたよ』と報告されたことありませんか?

この夢に出てきた報告、その場では話が盛り上がっても『結局何が言いたかったの?』と後で疑問になったりもするでしょう。

ここでは、そんな夢に出てきた報告について男性心理を書いていきます。

 

実はそれなりに意味があり、時には計画的だったりもしますので、『夢に出てきたよ』と伝えられたら、その時の話題次第で『こんなことを企んでいるんだな』と判断してみるといいかもしれません。

 

男は基本的に、目的なしの会話はしません。

つまり夢に出てきた報告も、単なる報告系ではない可能性が高いです。

その辺も踏まえて読み進めて頂けると、何かの役に立つかもしれません。

エロい夢だったと伝えたい

夢に出てきた報告は『エロい夢だったよ』『○○さんと夢の中でやったよ』ということを伝えたいわけです。

例えば、『どんな夢だったの?』と聞くと、『それは言えないけど、気持ちいい夢だったよ』とニヤリとしたりしませんか?

 

男は夢の中で、同僚や友達女性と一線を越えると何とも言えない満足感を得ます。

もちろん本当にそういう仲になったわけではないので100点ではないですが、『得した感じ』がするのです。

その喜びは、可能ならば本人に伝えたいですし共感してほしいとも思います。

だから『夢に出てきた』と報告するのです。

 

基本はこれです。

もちろん他の夢を見てそれを伝える時もあります。しかし、どうでもいい夢ならば敢えて言わないのが男ですから、『エロい夢を見た』と伝えて反応が見たいとか、女性が自分をどう思っているのかを確認したいなど、こんな意図も含まれています。

 

ですから、夢に出てきた報告をされた時には、

 

その男性を好きなら話に乗る
嫌いなら素っ気なく
友達なら適当に

 

くらいがいいかもしれません。

エロトークがしたい

エロトークがしたいから『夢に出てきたかどうかに関係なく』その報告をする男性もいます。

要するにきっかけとしてです。

例えば、いきなり下ネタを振られたらドン引きしますよね?でも、『夢で良い関係になった』と言われても、『そういう夢を見たんだな』程度にしか思わないでしょう。

まさか『本当は見てないけど、エロい話をするきっかけにしている』なんてそこまで探りませんよね?

 

このように、夢から入れば女性が拒絶しないことを男も分かっているため、だから『出てきた』と報告するのです。

何より、『夢に出てきた』と言われたら『どんな夢だったのか?』とどうしても気になってしまうでしょう。

『ふーん』で終わりにできる人ってなかなか少ないかと思います。

 

男の狙いはそこで、女性が興味を示してきたら具体的な内容を伝え強引にエロトークにもっていったり、例えば『○○さん、夢の中でこんな下着だったけど実際にはどう?』などのように『ついでに』確認したりもできちゃうため、だから聞くわけです。

このように夢報告って、『自然な流れでエロトークができる』という利点があるため男には人気のテクとなっています。

 

男は『どうすれば女性が警戒せずに、また拒絶せずにエロい話ができるか?』を日々研究している部分があります。

女性にも、『下ネタも面白ければOK』という人もいますので、夢報告に関しても『面白くして話に乗ってもらおう』と考える男は少なくないです。

脈を確かめたい

意外かもしれませんが、脈を確認したい時にも夢に出てきた報告をします。

もちろんこれも『事実か嘘か』は無関係です。

 

なぜ夢報告で脈を確認できるのか?というと、例えば『○○さん、昨日夢に出てきたんだよね』と伝えたら、『どんな夢だったの?』と聞かれますよね。

で、『付き合ってた』とか『いい夢だった』と言った場合、その子がこちらを気になっていてさらに積極的だったら『現実になったりして(笑)』とか、『夢だけで満足?』などのようにパスを出してくれたりします。

 

こうなれば『現実にしたいね(笑)』とか『満足の訳ないじゃん』とこちらの気持ちや意思を伝えられますよね。

このように、夢話をきっかけに発展する場合もあり、それを分かっていて敢えて利用する男性もいます。

 

これに関しては女性からの夢報告でも使えるのでやってみるといいかもしれません。

例えば、『いい感じなんだけどなかなか発展しない関係』ってありますよね?

どちらも好きなのに、会ってもお茶ばかり飲んでいるようなもどかしい時間です。

そういう時には『○○君の家にいる夢見た』とか、『昨日夢に出てきたよ』とさりげなく伝えてみましょう。

そしたら男も『そうなの?どんな家だった?』『どんな夢?』などのように話に乗ってくるでしょうから、そこで『お洒落な感じの家だったけど実際はどう?』と行きたいアピールをすると実現するかもしれません。

 

このように、夢に出てきた報告は発展させたい時にも使えます。

特に夢報告って、誰と話しても盛り上がるテーマなので、いくつか『ネタ』を持っておくと、何かの得に役立つかもしれません。

単なる会話

夢に出てきた報告をしたからといって、下心アリとか好きとか、必ず意図があるとも限りません。

男はあまり目的がないことを言いませんが、それでも親しい間柄ならば『そういえば、昨日○○さん夢に出てきたよ』と思い出したように言う場合はあります。

つまり、単純な会話の一部です。

 

たとえその夢がエロいものでも下心はなく、また普通の夢ならば尚更、要するに『報告から会話を作ろう』としているのです。

朝の挨拶のようなものなので、友達ならば気にせず話を合わせて良さそうです。

 

男性に思惑があるかどうかを見極めるためには『その男性と自分はどんな関係か』を考えることです。

単なる友達ならば冗談や下心、ただの会話など様々ありますし、恋愛関係にある場合には発展させたいのかもしれません。

ですから夢報告って、男の意図も重要ですが『自分の心理状態』もそれなりに関係してきます。

その相手を良いと思っているのならばそれをきっかけにするべきですし、そうじゃないのならば流しておくべきです。

 

とはいえ、夢に出てきたと言われてもあまり警戒しない方がいいです。

たいていは『下心があっても冗談』でしかないので、深い意味はないんだなくらいに捉えるといいかもしれません。

ブスには言わない発言

男性からの夢報告で重要なことが『ブスには言わない発言』ということです。

『夢に出てきた』というのは、『外見がムリ』と思っている女性には言わない発言なので、これを言われたら『私はこの人の許容範囲らしい』と思っていいでしょう。

 

『許容範囲』という表現をどう感じるかは分かりませんが、要するに、

 

好きあるいは可愛いと思っている

 

ということです。

その相手が女友達でも、『可愛いな』と感じたら夢報告をしますが、『可愛くない』と思ったら絶対に言わないので、参考までに『男はブスには言わないらしい』とご理解ください。

 

従って報告されたら、ちょっといい気分になっても良いはずです。

つまり遠回しに『○○さんは可愛い』と言われているのと同じなので、相手にもよるでしょうが気分がいいでしょう。

例えばたくさん女子がいる中であなたにだけ、『夢に出てきた』と伝えたら、その中であなたが一番可愛いと言っているようなものです。

もちろん『あなたを狙っているから』この場合もありますが、いずれにせよ可愛い子にしか言わない言葉なので、そんな風に捉えて良さそうです。

最後に

夢に出てきた報告に深い意味はあるか?

基本は、

 

エロい夢だった
下ネタ系の話がしたい
脈を確かめたい

 

などがメインです。

また無意識の男性心理では『あなたを可愛い』と思っています。

夢報告に関しては、冗談として伝える男が圧倒的に多いですし、通じる女性にしか言わない場合がほとんどです。

なのであなたも『言われて不快』ということもないのでは?

だとしたら、『この男は私を狙っているんだな』とか『私に惹かれているんだな』と楽しんでしまっていいと思いますし、特別マイナス要素はないので気にしなくて良いでしょう。

【関連記事】
彼女アリなのに言い寄ってくるのはなぜ?口説いてくる男の心理
3割増しでいい女に見える3つの方法!男はこれにクラっとくる
食べながらダイエットする方法!減量したくない時の3原則