【男性向け】誘いを断られた時の対応!可能性と注意点

『女性を食事に誘ったが断られた』こんな悲しい事態もありますよね。

 

きっぱり諦める
諦められない
二度と口きかない

 

など、あらゆる感情に包まれているのではないでしょうか?

 

しかしそんなあなたに、もしかしたら朗報です!

というのも、女は一度断ってもその後次第でOKをくれる可能性があります。

もちろん可能性なので『100%無理』な場合もありますが、つまり現時点では『まだ分からない』というわけです。

なので誘いを断られたとしても対応は考えた方がいいですし、『また誘う前提で関わる』これが大事かもしれません。

 

男の場合、無理な女は本当に無理ですけどね。女が断る基準には、その時の状況とか心境など色々あるようです。

以下では、誘いを断られた時の対応やその後の可能性について書いています。

紳士的対応が基本

誘いを断られた時には紳士的対応が基本です。

ここで『罰ゲームで誘っただけだよブース!』みたいなことを言ってしまったら100%終わりなので、断られてショックでも感情的になるのは絶対に避けましょう。

 

また、ネチネチとストーカー気質になる男性も多いようですが、これは脈ナシどころか通報されるので『紳士っぽくすれば可能性アリ』を心がけましょう。

基本は、

 

今まで通りに接する
避けられたらそっとしておく

 

です。

以下で詳しく解説します。

今まで通りに接する

誘いを断れると気まずいでしょうが、同じくらい女性も気まずいものです。

中には全く気にしていないとか、誘われたのをいいことにこちらの気持ちを逆なでするかの如く挑発してくる女もいますがそういうのは別です。

普通は、『断る事態になってしまった』『これからどうしよう』と悩んでいます。

なので断れた時の原則は、今まで通りです。

 

はっきり言って、『誘ったという事実など忘れる』これが良いです。

食事に誘うということはそれなりの仲だったのでしょうから、それまでは親しく話していたはず。

ならば以前と同じように冗談を言い合ったりふざけ合ったり、真面目な話もするなど全く変わらない姿勢を貫くのが大切です。

 

こうすると女性も『良かった。気にしてないみたい』と捉えますし、すぐに以前の関係に戻れます。

重要なのはこの部分で『断られたことによって関係性が変わる』というのはとても良くないです。

なのでこちらから普通に話しかけて、『全く何もなかった』という雰囲気を作れるように心がけましょう。

避けられたらそっとしておく

一方で女性の中には『純粋な友達だと思っていたのに、そんな目で見ていたなんてショック』と避けるタイプもいます。

この純粋な友達論は男女によって見解が異なるため難しいものですが、それは置いておき、女がこの状態になったら無理に追いかけない方がいいです。

『そんな風になんないでよ』と関わろうとしても、現時点では拒絶されているため時間をかけた方がいいです。

なので、女性の気分が落ち着くまではそっとしておきましょう。

 

一方で、『このまま友人関係も消滅か』といったらそうでもないです。

もちろん関わる必要がないのならばそれもあり得ますが、学校や職場といったどうしても接点がある環境ならば話す機会があります。

その時に『もう変な目で見ていない』という姿勢を伝えられれば友人関係復活です。

 

要するに、厳しい表現になってしまいますが、

 

彼女にとってあなたはナシだった

 

ということです。

 

我々男にも100%対象外の女がいるかと思いますが、その女と友達として関わっていて、ある日突然『好きです』と告白されたらその後の対応に困りますよね?

いま彼女に起こっているのはこの心理なので、『もうこちらに気持ちはない』と安心させるしか方法はありません。

 

なので、それが面倒だったら自分も避け絶縁するのも一つの方法です。

いずれにせよこの場合、交際に発展するチャンスは限りなく少ないです。

ここでの課題は『友達に戻れるか?』なので、もし避けられたら『そんな気持ちなんだな』と察してあげましょう。

可能性を判断する方法

誘いを断られてからも普通に関われるならば、気になるのは『まだチャンスはあるのか?』という可能性ですよね。

以下ではその見極めを解説します。

 

断られたとしても、食事に誘ったという行為は決して悪いものではありません。

なぜなら、『好意を伝えたことで相手に判断を委ねさせられるから』

女も、一度は断ったとしても『また誘われたらOKするかも』と感じ出したらサインを出します。

ここでのポイントはそれを見逃さないことです。

恋愛系話はGOサイン

女は誘って欲しくなると、恋愛や結婚、デート系の話を頻繁に出してきます。

つまり簡単に言うと『恋の話題が増えたらGOサイン』というわけです。

一般的に嫌な男とはしない会話ですし、女性は恋愛系の話題に関しては比較的隠したがります。

にも関わらず積極的に言ってくるようならば『もう一度誘えるチャンス』と思っていいかもしれません。

 

例えば冗談を言いながらじゃれ合っている時に、『私は尽くす女だよ』とか『養ってくれる?(笑)』などのように言ってきたら、『一度断られているから勘違いだろう…』と慎重になる必要はありません。

そういう際にはこちらも冗談っぽく、『本当に尽くすのか見ていたい』とか『養うのはいいけど何してくれるの?』などのように発展させてみると食事が成立する場合があります。

 

他にも『この店知っている?最近オープンしたんだけど人気らしいよ』とか、『この映画前から見たいんだよね』などのように、『一緒に行こうと言え』アピールとも取れる言い方があったら、その時には『俺も行ってみたいから一緒に行かない?』と軽い感じで誘ってしまうのもアリです。

これに関しても嫌いな男には絶対言わないことなので、勇気を持ってしまいましょう。

 

これらの状況、男としても『一度誘いを断られている』というのが心理的な壁になっているため誘いづらいでしょうが、女も『断った手前自分からは誘いづらい』のです。

なので、このなんとも言えないジレンマをぶち破らないと『すれ違いの二人』で終わってしまうので、ここは男のあなたがもう一度勝負すべき時と言えそうです。

勘違いに注意

一方で恋愛系の話でもその気なしの状況があり、それが『相談されているだけ』というケースです。

女性には好きな人がいて、あなたは話しやすいため相談していたというやつですね。

一般的には『勘違いせずに分かる』はずです。

しかし女性によっては、好きな人がいるとかそういうのは一切言わず、断片的に情報を聞いてくるタイプもいます。

 

例えば、

 

好きな食べ物何?
休日何してる?
女子に何されたら嬉しい?

 

などのように、まるで好意があるかのような聞き方をする訳ですが、実はそうではなく『単なるアンケートや興味』でしかないとか、あまり深く考えずに聞いてくる女もいるためその辺は慎重になった方がいいです。

 

なので、あくまで『これは誘えという意味だな』とか『完全に好意アリ』と思えない限りは誘わない方が良さそうです。

話しやすいとズバズバ来る女も多いですし、そういうタイプは『こちらは好意を持っている』ということなどお構いなしなので、その辺はしっかり見極めたいところです。

誘いを断られた時の注意点

『チャンスがあるならまた誘いたい』と考えるのなら、とにかく焦らないことです。

ひとまずは断られる前の友人状態に戻り、その上で女性に、

 

この人もしかしたらいい人
なんだか気になる
食事くらいいいかも

 

と思ってもらいましょう。

 

なので、『誘いたい』が先行してしまうと『下心アリ』と思われ拒絶されるため、それは絶対にNGです。

誘った時点で気持ちは伝わっています。また断られたということは『一時的にマイナス評価』になっています。

一方で、その後の関係を良好にできたら『マイナスからの復活』になるため『倍良く見える』という効果があります。

 

『今までは何でもなかった異性を意識し始める』って、実は気持ちを知ってからです。

『自分を好きだと知って、自分も好きになった』というのはよくあることですよね?

それと同じなので、とにかく焦らずに好印象を与えましょう。

最後に

誘いを断られた時の対応や可能性について書いてきました。

女は基本的に男を警戒しています。

『友達としてはアリ』でも、男女としてはあり得ないなど男とは違った体質なので優しく丁寧に関わりましょう。

一方で紳士や誠実と思ってもらえると起死回生できる場合もあるので、気長に接してみるといいかもしれません。

【関連記事】
女に嫌われない第一印象の法則!受け入れられるかの3条件
交際前の初デートを成功させる方法!男性必見のテクニック
元カノへの未練が綺麗さっぱり消える瞬間!これで解決
元カノや自分を振った女を後悔させる方法!男がやるならこれ!