社内恋愛が難しい理由と成功させる方法!決め手はこれ!

社内恋愛は難しいと言われますよね。

同じ環境にいるため成功すればよい面もありますが、一方で『同じだからこそ難しい』というのも現実です。

 

しかしながら、大人になってからの出会いの場といえば社内恋愛が断トツです。

ですから、難しいから止めておこうというのはもったいないかもしれません。

 

この記事では、社内恋愛が難しい理由を紹介し、それに対する解決策を提案しています。

私自身社内恋愛の経験がありますし、同僚や周りにもしている人がたくさんいたため、『上手くいくタイプといかないタイプ』の違いが分かるかと思います。

 

勢いで付き合うと最悪の状態になる恐れもあるのが社内恋愛ですが、計画的に進めれば楽しい面もたくさんあります。

難しい部分と成功させるためのポイントを認識して、問題が起こっても乗り越えられるようにしましょう。

プライベートがない

社内恋愛をするとプライベートがなくなる可能性があります。

同じ職場にいるわけですから、お互いのスケジュールを分かり切っているためそれが息苦しい場合もあります。これは難しい点です。

 

例えば付き合っていると、相手の日常を知りたくなりますよね?

もちろん、『デート以外は一切知らなくていい』という性格ならば問題ないですが、基本は毎日連絡を取り合いたいとか、決まった日にデートしたい場合、息が詰まるかもしれません。

なぜなら、『なんとなく断りたい時に理由がないから』です。

 

職場が違うのならば『仕事』で済むところが、社内恋愛だと通用しませんからいちいち大変なのです。

それに、相手に対して不満があったらしばらく距離を置きたいこともあるでしょうが、そういう時も社内恋愛だと顔を合わせますから、一人で考える時間がない点が難しいところです。

解決策

解決策としては、『初めから距離を置いた恋愛をする』のが良いと言えます。

 

毎日連絡を取り合う
決まった曜日に会う

 

ということは一切せず、お互いに都合が良い時にだけ、会いたい方が連絡をして相手がOKならばデートする、こんな感じならば難しさは半減するでしょう。

 

特に、『誘った際の返事がNOでも理由は聞かない』こんなルールを作っておくとなお成功します。

要するに社内恋愛が難しいのは『がんじがらめになる点』なので、それを徹底的に排除し自由を徹すれば成功するという意味です。

実際に結婚まで到達した同僚はそんな交際をしていたようなので、これならば難しさはないと言えるでしょう。

嫉妬が絡む

社内恋愛に嫉妬はつきものなので、これも難しいところです。

男と女がいる以上何らかの嫉妬は生まれやすいですし、社内だと必要最低限の会話やコミュニケーションがありますから、それが耐えられない人は難しいかもしれません。

 

特に嫉妬は人生そのものを狂わせます。

例えば、それが原因で仕事が手につかなくなり辞める羽目になったとか、ストーカー化したとか、あるいは最悪の結果を引き起こしたなどもありますよね。

 

ですから、もしあなたが嫉妬体質ならば考えた方がいいかもしれません。

『社内恋愛はしない』と決めてしまえばいいことなので、『仕事をする場所』と割り切るのも一つです。

解決策

一方で、それでも社内恋愛する場合の解決策ですが、それは『仕方がないもの』として割り切ることです。

詳しくは『職場恋愛で彼氏に嫉妬しない方法!嫌われる女を卒業しよう』に記載しましたが、職場ならばある程度は仕方がないため受け入れたり割り切った方がいいです。

 

また、パートナーにも迷惑をかける行為なのでそれも認識した方がいいでしょう。

一方で、パートナーが嫉妬深い人ならば節度ある行動を心がけることも大切です。

例えば、『異性が多い飲み会は避ける』とか『必要以上に異性と関わらない』などの努力はするべきです。

 

このように、お互いが配慮することで社内恋愛の難しさも緩和されますから、『自分は嫉妬深いがどうしても交際がしたい』と思うのなら、考え方を切り替えることで成功するかもしれません。

基本極秘

社内恋愛は基本極秘です。理由は、

 

交際宣言をしたら気を使わせる
探られて面倒
別れたら地獄

 

だからです。

これも難しい部分で、職場は学校じゃないですし、周りにいるのは友達ではなく仕事仲間です。なので、『恋愛』という仕事とは無関係のテーマで気を使わせるなんて論外なため、基本は極秘です。

 

また、同僚や同世代に打ち明ける場合もありますが、これも色々探られて面倒です。

交際は良い時ばかりではないですし、自分のパートナーを狙っている人がいたら何を仕掛けてくるかも分かりませんよね。

さらに、散々ラブラブ宣言しておいて別れたら惨めになるので、極秘が賢いです。

このように、『誰にも言えない』という点は難しい部分でしょう。

解決策

解決策としては、

 

誰にも言わないと最初に決める
真面な相手と交際する

 

などです。

 

まずは二人で『絶対内緒』と決めるのが大事です。

一方で、パートナーが不誠実だと約束を破ることもあります。

私はこれをされたのでよく分かりますが、反省点としては『真面な相手と付き合うこと』でした。

 

結局、付き合っているにも関わらず同じ職場の人間に恋愛相談するような相手は質が悪いので、そういうのは事前に見抜きましょう。

私は、『誰にでも配慮ができるいい子だな』と思い付き合ったのですが、実際には単なる八方美人だったので甘かったです。

このように、社内恋愛をするのならば入念に相手を分析することで難しさがなくなります。

 

秘密を守れるかという最低レベルの機能が備わった相手ならば問題ありませんから、好きになった人の良識をチェックしましょう。

別れたら超面倒

社内恋愛は別れたら面倒くさいので、その点も難しい部分です。

お互いに体の隅々まで知っていて、他人には知られたくない好みなどの情報も握っているわけです。

特に女性は、『私の体を知り尽くしている男が職場にいる』というのはちょっと嫌なのでは?

 

別れてしまったら愛情なんて当然ないですし、時間が経てば配慮も消えます。

そうなれば男だけの酒の席では、『あの女夜すごいんだよ』とかこんな話題も当然出てくるので、これに関しては女性の方が面倒かもしれませんね。

 

一方で後述しますが女性は団結するため、その点は男にとって不愉快な部分です。

なので、社内恋愛がダメになったらどちらにもデメリットがあり、それがとても難しい部分と言えそうです。

解決策

社内恋愛で最も難しいのはこの『別れたら』という問題ですが、解決策としては『綺麗に別れること』です。

別れないように努力する手もありますが、それよりも、しっかり話し合い納得した上で別れた方が後々楽です。

それに、恋愛はいずれ終わるため『別れないように』というのはほぼ不可能です。

 

何より、片方が別れたくなったらそれで終わりなんですから、それを修正するのは難しいでしょう。

ですから心がけとしては、

 

別れを提案されたら大人になる
別れたい時には誠実に

 

が良いでしょう。

 

子供っぽい態度とか一方的なやり方だと上手くいかないとか恨まれるため相当面倒になります。

別れは事件に発展するケースもあるため、慎重に進めましょう。

一方でちゃんと対応すれば、その後もお互いに通常通り働けるので、ある意味では『社内恋愛が成功した』と言えるはずです。

女は団結するため男は不利

こちらは男性向けですが、女はどんな時でも団結します。

そのため、女性が多い職場ほど男は孤立する形になります。

男が悪くなくても、嫌なことがあったら男のせいにして、しかも団結して冷たい対応をする人もいます。

 

こういうことをされると男としては打つ手がなくなります。

職場なので、本来恋愛が不満だからといって『団結して相手を追いやる』というのはルール違反ですが、女性はこれをやる傾向があるため注意したいところです。

解決策

解決策は『目には目を』です。

つまり、女が団結して嫌がらせをしてくるのならば、男も同じことをすればいいのです。

一方で男は共感系の話をしないため、『情報』として、女が秘密にしていることを言いふらしてやればいいのです。

 

例えば胸のサイズや下着の色、夜どんな風になるかなど、こういう話に男は貪欲ですよね。

これを同僚や先輩などに言いふらし懲らしめればOKです。

 

この時点で交際が終わると思うでしょうしその通りです。

でも、『団結して彼氏を悪者にする彼女』だったらそもそも未来なんてありません。

なのでその際には、『追い出した方の勝ち』になりますから、『この職場にはもういれない』と思わせ、出ていってもらうのが正解です。

社内恋愛を成功させる方法

ここまで、社内恋愛の難しさと成功させる方法をそれぞれ書いてきました。

成功させる方法をまとめると、

 

交際後に鉄の掟や誓約書を書く
思いやりがない相手は辞めさせる

 

などの徹底した対応が良さそうです。

 

社内恋愛ってダメペースに陥ると本当に難しいです。なので、最初の対策と早めの対処がカギになります。

一方で成功すればこれ程楽なものはないかもしれません。

同じ職場だとメリットも多数なので、良い関係になれさえすれば快適ですから、何より性格が合う相手を見つけるように心がけましょう。

【関連記事】
3割増しでいい女に見える3つの方法!男はこれにクラっとくる