尽くす女がモテる理由と厳しい現実!実は需要がない?

尽くす女がモテるとはよく言われることですし、多くの男性もそれを望んでいます。

一方で、

 

どうして尽くす女がモテるの?

 

といまいち分からない女性も多いはずです。

 

それに『そもそも尽くすって何?』という疑問もありますよね。

男性が言う尽くすとは『何でもしてくれる女』という意味です。

男は、自分の思い通りに動いてくれる女ほど求めますから、だから尽くす女はモテるのです。

 

概要はこんな感じになりますが、以下では尽くす女がモテる理由についてもっと具体的に、さらに男性の本音や心理なども交えて紹介していきます。

結婚後何でもしてくれるから

尽くす女が良いとされるのは、『結婚後、何でもしてくれそうだから』です。

現在は共働きだったり、男性も家事や育児をする時代になっていますが、それでも男性の中には『仕事だけに集中したい』という人も多いです。

尽くす女の場合、『家事や育児は自分が担当』と捉えていたり、旦那が仕事に集中できる環境を作ることが私の努めと思っている部分もあるため、それがモテる要素です。

 

仕事だけをやりたい男ならば、『家事は分担』『育児を手伝って』などを言われるのは大きな負担になりますし、それがストレスとなり離婚を考える場合もあります。

それに、『そういう女ならば結婚なんかしない方が良い』との見解もあります。

 

男性によっては『結婚は自分の仕事環境を充実させるため』と捉える人もいますから、それが実現しないのならばする必要はないのです。

その点尽くす女は、思いっきり仕事したい男性には最高のパートナーですから、それがモテる理由です。

 

従って『尽くす女が良い』とする男性は、どちらかというと『自分が養いたいタイプ』です。

『結婚後も共働きで宜しく』という男は特別尽くしてほしいとは思わないですが、その分収入を求めます。

このように、自分が思いっきり頑張りたいから『仕事以外を引き受けてくれる相手』として、尽くす女はモテる傾向があります。

夜を頑張ってくれるから

こちらはエロい理由ですが、尽くす女は夜も頑張ってくれます。

『望むことを何でもしてくれる』こんな女性もいますし、男はやはりそういう女と一緒にいたいわけです。

これも、モテる要素として大きいです。

 

付き合っていても、

 

滅多にさせない
させるけどつまらない

 

など色々な女性がいますから、そういう女性たちと比べると、何でもしてくれる尽くす女は『やっぱりいいな』と思うわけです。

 

それにこういう女性は、『男性を喜ばせる方法』について十分に分かっていることもありますから、その点では、追随を許さないと言えそうです。

男は自分を通したい

全ての男がではないですが、男は基本的に自分を通したいのです。

つまり『反抗されたくない』のです。

そのため、『家事をして』『育児もするべき』などのように言われるのが嫌いですし、さらに『自己主張する女』があまり好きではないです。

 

繰り返しますがすべての男がではないです。

しかし、成功する男ほど一方的に尽くす女を求めるのかなという印象ですし、彼らは本当に『自分は仕事、奥さんはその他全般』と捉えている傾向があります。

 

そしてそんな男の妻や女たちは女性的な魅力にあふれた人が多いです。

つまり『男を満足させられる』ということです。

ですから尽くす女がモテるって、一時代前の感覚なのかもしれません。

昔は、『男は仕事、女は家事』が普通でしたし、男は皆仕事に必死でした。

その時代ならば、尽くす女ほど好条件の男と交際や結婚ができたという仕組みです。

 

一方で現在は、必ずしも男性が自分を通したいとも限りません。

共働き希望は良い例で、『自分では養えないからお互いに支え合おう』という考え方ですよね。

その代わり、もちろん家事や育児もするし、尽くしてくれなんて言わないわけです。

 

ですから現在の場合、必ずしも尽くす女がモテるとは言えない部分があります。

例えば尽くしても、その女性に稼ぐ力がなかったら『結婚の対象ではない』と思われる可能性さえあります。

 

今の時代男も、

 

自分が働きたい
共に支え合いたい
誰かに依存したい

 

など色々いますから、たとえあなたが尽くす性格だとしても、出会った男が働きたいタイプじゃなかったら、そこに賭ける時間は無駄になるかもしれないので、注意した方がいいです。

金持ちからモテる

ここまでをまとめると、今の時代尽くす女は、金持ちからモテると言えます。

『家事や育児は分担』とどれだけ言われても、富裕層は別世界ですからね。

特に上場企業の役員とか会社経営者は忙しさも尋常じゃないので、何でもやってくれるパートナーを求めるのは必然ですし、『少しは家事を手伝ってよ』とか言い出す女だったら離婚でしょうね。

 

なので、黙って何でもしてくれる尽くす女は好条件男性からはモテるわけです。

しかしながら、単なる尽くす女ではなかなか相手にしてもらえません。

というのもそれらの男性は、『尽くすことと同じくらい、外見の美しさも求めるから』です。

つまり、『尽くすのは当たり前。その上で美女を求める』というわけです。

 

この理屈で考えると、今の時代、尽くす女が幸せになることって、実は狭き門かもしれません。

尽くすのは当然と思われているわけですからそこは見てもらえず、純粋に外見の良さで判断されます。

その結果見初められた女性は富裕層の仲間入りができますが、多くは、尽くす能力がありながらもそれを生かせず、共働き生活をするか独身でその生涯を終えるのです。

 

こうなってしまったのは、男が養う時代が終焉したからでしょう。

その時代ならば、尽くす女が絶対的にモテました。

しかし現在のように、男が共働きを望むような時代だと、『ただ尽くすだけの女』というのは実はそこまで需要がありません。

 

上述したように『外見が良くて尽くせる』だったらまだ富裕層の結婚候補にはなります。

しかしそこは、強力なライバルばかりがいる環境ですから、そこでたった一人の女になることは簡単ではありません。

 

従って、『尽くす』というのは既に能力ではないですし、もしかしたら魅力でもない可能性があります。

富裕層は『尽くすのは当然』と考え、中間層は『尽くすよりも稼いでくれ』と思うわけです。

 

これらから、女性がこれからの時代を生きるためには、

 

ターゲットを絞ること

 

が何より大切です。

富裕層と結婚したいのか、中間層なのか、自分が働きたいのかなどを明確にした方がいいでしょう。

これが見えていないと取り残される可能性があります。

 

時代と共に需要も変わりますから、その波に飲み込まれてしまわないように、注意したいものですね。

最後に

本記事では、尽くす女がモテる理由から話を展開してみました。

一般的には、『尽くす女はモテる』と言われますが、細かく分析していくと上記のようなことが言えるのではと思います。

 

とはいえ、ここで書いたことはやや極論です^^

実際に私の周りには、中間層でも尽くす奥さんと養う旦那さんなどもいますから、結局は二人の問題でしょう。

 

でも富裕層に関してはやはり、『尽くすのは当たり前、その上で外見』のようですよ。

知り合いに数名いますけど、本当に忙しいみたいです。

家事とかできるレベルじゃないですからね。やってくれる人が必要でしょう。

 

いずれにせよ、結婚生活における男女の役割がなくなってきていることだけは確実です。

そうすると、尽くす女と結婚したいという願望は薄れ、男も現実的な選択をしますから、尽くす力よりも稼ぐ能力が必要かもしれません。

【関連記事】
3割増しでいい女に見える3つの方法!男はこれにクラっとくる
食べながらダイエットする方法!減量したくない時の3原則