元カレと再会!これは運命?知っておきたい男性心理

元カレと再会したら色々考えてしまうのでは?

特に、元カレに対しまだ気持ちがあったり、当時よりも魅力的になっていたら『よりを戻したい』と思う場合もありますよね。

それに偶然再会したのならば、『これは運命?』と思うかもしれませんね。

 

一方で、そんな期待や思惑に対し元カレはどう思っているのか気になりませんか?

つまり『再会した時の男性心理』です。

 

元カレも『これは運命だ』と思っていたらまた付き合う可能性もありますし、『運命なんてあり得ない』と冷め切っていたら撃沈でしょう。

従ってここでは、再会した時の男性心理について一般的な見解を書いていきます。

 

今もしかしたら、再会をして連絡先も交換して気持ちが盛り上がっているかもしれません。

そんな時には、様々な角度から客観視してみるといいかもしれません。

嬉しくないのが殆ど

実は男の場合、偶然再会しても嬉しくない場合がほとんどです。

従って『運命だ!』と感じる人は極めて少ないです。

特にその交際が、現時点で完全に消化しきっている場合には全く嬉しくないので、元カレと再会した時にはその辺を考えてみた方がいいかもしれません。

今更再会しても意味なし

男の場合、元カノを性的に見れなくなったら興味の対象ではなくなります。

交際期間が長く何度も関係を持った仲だと、実際にそう見れなくなっている可能性もあります。

つまり『女として飽きた』という意味です。

 

そういう女性と今更再会しても『やりたい』とも思わないためなんでもないですし、それ以前に会話をするだけ時間の無駄とも思います。

男は行動に結果を求めますから、純粋に昔を懐かしんで語り合うことを嫌います。

なので、偶然に再会したとしても元カレがあまりに素っ気なかったら『既に飽きられている』と思った方がいいかもしれません。

 

その場合には、友達として連絡を取り合うとか、また交際をするなどは考えず、その時間だけで終了と捉えた方がいいでしょう。

別れ方に問題あり

別れ方に問題があった場合も嬉しくありません。

例えば一方的に振られたとか音信不通にされたなど、こんな形だったのならば再会しても『運命だ』とは思いませんし、むしろ『当時のことを確認したい』とか『やり返してやりたい』と考えるはずです。

 

それに、浮気された場合にはやはり楽しい気持ちではないですから、交際当時に後ろめたいことがあったとか、彼氏を見下していた部分があるようならば『その再会による可能性』は一切ないと思った方がいいです。

 

反対に、元カレが一方的だったり浮気した場合も同様で、やはり会いたいとは思わないため気まずくなります。

 

このように、元交際相手との再会って純粋な出会いとは違いますから、そう簡単に『これは運命?』と思えるわけでもなさそうです。

なので、もしあなたが『運命かも』と思うようならば、それはまだ好きというわけですが、『だからといって相手も同じ気落ち』とは限らないので、しっかり交際を振り返った方が良さそうです。

嬉しい場合とは

一方で、再会が嬉しい場合もあります。

この場合、運命的な再会となり発展することもありますので、元カレの言動に慎重になった方がいいでしょう。

 

男は、再会が嬉しいと積極的になります。

なので、元カレと親しくなりたいと考えているのなら、あなたも積極的になった方が良さそうです。

綺麗になっていた

元カノが綺麗になっていたら『再会できて良かったなー』と思っちゃいますね。

実際にこういう男は多いようです。

やはり綺麗な人には目がないですし、『隅々まで知っているはず』の女が当時よりも綺麗になっていたら、『さらに知りたくなる』のが男の本性です。

 

例えば2年前に別れて、その当時は『はっきり言ってもう興味ない』『やる気さえしない』と思っていたのに、再会してみたら『超可愛いじゃん』と感じたら当然興味津々になります。

ですから、別れたことが悔しかったとか復縁したいのならば、綺麗になっておくと一定の効果があります。

 

それに男は、再会すると『できるかもしれない』と思うわけです。

はっきり言って何度も交わり合った仲ですから、『久しぶりに会ったし、どうせ何度もしているんだからOKしてくれるだろう』と考えたりします。

 

そんな期待もあり、綺麗になっていたのならば尚更興味を持って近づいてくる場合もあります。

もちろん、そこから真剣な形になったり初めから真面目もあり得ますし、元カレの心理も色々ありますので、たとえ言い寄られても『全てが誠実』とは思わない方がいいかもしれません。

 

いずれにせよ、綺麗になっていたら高確率で興味を持ちます。

美意識は高い方が得なので、自分磨きしておくと良さそうです。

過去をはっきりさせたい

過去をはっきりさせたかったから再会できて良かったと考える人もいます。

曖昧な終わり方をした場合スッキリしませんよね?

そういうのはいつまでも残りますから、元カレとしても『機会があったら会いたい』と思っていた場合があります。

 

なのでそうだとしたら、再会をきっかけに良い関係になったり、過去を清算したり、あるいはお互いに誤解を解くなど、いずれにせよ良好になる場合がほとんどです。

 

恋愛は時間が経つほど冷静になりますから、必ずしも『気持ちがあるうちに会うべき』とも限らないでしょう。

それに、お互いに大人になっていたら、当時は分からなかった魅力に気づくこともあります。

 

特に、別れてから5年以上経っての再会ならばその当時は若かった可能性もありますし、だとしたら『以前はどちらも自分のことしか見えていなかった』という場合もあります。

こういうケースは再会をきっかけにまた交際をすることも多いので、ある意味運命なのかもしれません。

 

ですから、元カレが過去について話してきたら、あなたも『過去についての疑問や不満』の全てを吐き出した方がいいです。

この期に及んでまだ我慢してしまうと前進できませんからしっかり議論しましょう。

 

そこを乗り越えられると、明るい未来が待っているのかもしれません。

再会は運命?

再会が運命かどうかははっきり言って不明です。

ただし、『成功する人は神様を信じている』そうです。

どの本で読んだかは忘れましたがそんなことが書いてありました。

 

要するに、『プラス要素は信じた方がいい』というわけです。

ですから、この再会を運命と思いたいのならばそう捉えた方が良さそうです。

そして、『現実になるように行動する』のが大切でしょう。

 

これまで書いてきた通り、男も過去次第で、再会に対する捉え方が変わります。

つまり、過去の印象が悪ければ『最悪の再会』となりますが、その一方で『再会した時の印象が良ければそこから変わっていく』とも言えますので、全ては行動次第です。

 

元カレとまた交際したいと思うのならば、言い方は悪いですが『女を使ってでも』強引に流れを変えるべきです。

『興味を持たれていないなら持たせる』これが恋愛の鉄則ですから、どうすればやりたいと思われるか?しっかり研究してみましょう。

関連記事:やりたい女と付き合いたい女の違いとは?分かれ目を紹介

最後に

元カレと再会したのは運命か?これはどうやらあなた次第ですね。

あなたの受け止め方によって運命にもなりそうです。

 

世の中には、偶然の巡り合わせとしか思えないような恋愛話も豊富にありますが、そういうのももしかしたら、裏では尋常ではない努力と行動があるのかもしれませんね。

 

元カレに『これは運命だったんだな』と納得させるくらい、陰の努力を積んでみるのもアリかもしれません。

【関連記事】
久しぶりの再会に男はドキッとする?男性の本音
彼女アリなのに言い寄ってくるのはなぜ?口説いてくる男の心理
3割増しでいい女に見える3つの方法!男はこれにクラっとくる