孤独が人を強くする!孤独こそ好んで選ぶべき

『孤独』に対するイメージ、あなたはどのように受け止めているでしょうか?

 

人間関係がない寂しい人
時間が豊富にある恵まれた人

 

どちらでしょうか?

 

どちらも正解かと思いますが、重要なのは『捉え方』ですよね。

『寂しい』と思ったら『自分は不幸だ』と感じ続けますし、『恵まれている』と感じられたら事業なり趣味分野なりで大成する可能性があります。

 

このように、『孤独』と言っても捉え方は2通りあり、大切なのは『今の環境は恵まれている』と思えるかどうかです。

孤独が人を強くするとはよく言いますが、『強くする』に属するのは、『恵まれている』と思える人たち。

 

この記事では、そんな『孤独のプラスの側面』について書いていきます。

 

孤独というと、マイナス要素として受け止める人が多いかと思います。

しかしその状態をどう生かすかによって、孤独が自分を強くしてくれますので、今『寂しくて仕方がない』と感じているのならば、考え方を変えてみてはいかがでしょうか?

孤独は賢い人の選択

孤独は、賢い人の選択肢です。つまり、将来的に大成功するような人物は『敢えて孤独を好む』のです。

 

理由は、

 

時間を有意義に使える
大衆は時間を無駄にしている
楽しいと感じる基準が違う

 

などです。

 

有意義に使えるに関しては冒頭でも少し書きましたが、つまりは『豊富にあるため、誰にも邪魔されずにやるべきことに没頭できる』という意味です。

 

例えば、ずっと勉強していれば賢くなりますし、仕事やスポーツに関しても同じのはずです。

それが、『孤独が人を強くする』と言われる理由で、要するに、戯れている人たちよりも『圧倒的に時間の優位性が違う』訳です。

 

『人と関わることこそ大切』と捉えられる傾向がありますが、実はそうではなく、『孤独こそ、自分のためだけに全てを使えるためその分強くなる』のです。

それに、人間関係は感情的な満足がメインですが、孤独になり、仕事などに没頭した場合、実質的な結果に満足することができます。

 

もちろん、『経済面よりも感情面で満たされたい』と考える人もいるでしょうしそれは自由です。

ただし賢い人の場合、『経済的な成功を収めれば感情面も満たされる』と知っているからこそ、苦しい時にこそ孤独を選び自らを強くするのです。

 

お金が厳しい時に、仲間と語り合っていても『解決』はしませんよね?一時的に借りられても、根本的な解決はないでしょう。

これを分かっているのが『孤独を上手く利用できて、自らを強くする人』です。

 

このように、時間を有意義に使える人は賢いと言えるため、現状孤独ならば、敢えてその環境を好んでみるのもいいかもしれません。

大衆は時間を無駄にしている

続いて、大衆は時間を無駄にしているという考え方です。

 

先ほども書きましたが、

 

人と関わることこそ大切
感情で満たされたい
飲みの席でしか聞けない話もある
付き合いで関わる

 

などは、『孤独を利用できる』『孤独が人を強くする』と考える、賢い人の視点で捉えた場合、無駄遣いになります。

 

というのも、上記にはすべて『それが重要である』根拠がないのです。

人と関わっても、一時的に楽しい気持ちになるだけで、何かが得られるわけではないはずです。

 

飲みの席でしか聞けない話などは、今の時代ほとんどないですし、例えば『職場の人事の話』を聞けたとしても、それが利益になるのでしょうか?

会社員の場合、人事や噂話を『情報である』と誤解してしまう傾向にありますが、それらが本当に情報になるのは、『それを聞いて対策を打てるごく一部の人だけ』のはずです。

 

例えば役員クラスの人が『次の人事で異動させられそうだ』と情報を得たら、対策として結果を出せれば異動を免れるため、『利益』に繋がりますよね。

ですが普通の会社員ならば、そういうのはまず無関係でしょうから、人事や噂話なんて情報ではないのです。

 

さらに、最も時間の無駄になるが『付き合いで飲む行為』です。

もちろん、楽しいのならば全然良いと思いますが、それをしても生産性はないはずです。

 

このような点から、孤独を強みとしている賢い人の目線だと、『大衆は時間を無駄にしている』という判断になります。

一方で、それに気づけていない人がほとんどなので、これから成功したいと思うのならば、敢えて孤独を選び、自分を強くするように心がけていくと、周囲との差別化が図れそうです。

楽しいと感じる基準が違う

孤独を好む人と、孤独は寂しいと感じる人とでは、『楽しい』と感じる基準が違うことが多いです。

孤独だからこそ強くなれるタイプは『向上していくのが楽しい』と感じますが、孤独は寂しいと感じるタイプは『ゲラゲラ笑えるのが楽しい』と感じます。

 

これはとても重要な判断基準で、もし『笑えるのが楽しい』と感じるようならば、『人に満たされたい』とか『慢性的な孤独から、一時的でもいいから解放されたい』という気持ちを持っている可能性があります。

その場合、仲間を求めますし、常に誰かと一緒じゃないと不安になったり、『絆』を大切にしすぎる傾向があるので注意するべきです。

 

というのも、友達ごっこが成り立つのは20歳代半ばくらいまでで、それ以降は、徐々に皆、『向上していくのが楽しい』という思考に切り替わっていきます。

そのため、それなりの年齢になっても『仲間が大事』という考え方だと、周囲は目標があり忙しいため、結果的に『誰にも相手にされなくなり、本当に孤独』になる可能性があります。

 

ですから、『楽しい』と感じる基準を、『笑えるもの』から『向上心』に切り替えていった方がいいです。

 

そうすると、時間が欲しいため孤独を好むようになりますし、その行動が精神を強くするので、誰とも関わらず、コツコツやるべき作業を続ける目標を持った人生こそ、『楽しい』と感じられるようになります。

このように、成功する人は孤独を好みますし、そうじゃなくても、人は大人になるに連れて『精神的な孤独』を求めるのが一般的です。

 

それは、仕事をして収入を得るようになればやりたい趣味ができたり、恋人や家族など、特定の相手との時間こそ大切にするからです。

従って、『下らない話で盛り上がれる仲間といる時間、これこそ楽しい』と感じているのなら、もしかしたらこれから先、大きな試練が訪れるかもしれないので、今のうちに、好んで孤独を選び、自らを強くするよう心がけた方がいいかもしれません。

孤独を恥じる必要なし

『孤独は恥ずかしい』『友達がいないなんて、誰にも知られたくない』と考える人もいますよね。

このような思考になるのは、たいていの人が『学校』という仕組みの中で育ったからだと考えられます。

 

小中高という難しい時期に友達がいないと、からかいの対象になったり何かと不便があるはずです。

これが大学生になると、友達の有無なんてほぼ無関係になるかと思いますが、高校生まではほとんどがクラス制ですから、『一人でポツンといる事実』に耐えられないのも分かります。

 

しかしそれさえも、捉え方次第です。

 

やはり、『人間関係がないのは優位である』と思える人は賢くて、『友達が欲しい』という悩みで一杯になる人は、そればかりに神経を集中してしまい、もっと大切なことに気づけないため向上しないのです。

ですから、大人になってから『孤独が恥ずかしい』と感じているようならば、それは幼い感情かもしれないので改めた方がいいです。

 

むしろ人生において恥ずかしいと言えるのは『孤独を恐れるという行為』ではないでしょうか?

 

一人だとおかしいから誰かと関わる
誰かと一緒に行動する

 

などのように、人を基準にしてしまうと人生がおかしな方向に進みます。

 

敢えて孤独を選び精神を強くする人は、それを十分に分かっています。

ですから、孤独が恥ずかしいなんて思う必要はないですし、もし周りに、そんな考え方の人がいるのなら、関わるだけ時間の無駄になるかもしれないので、関係を切る選択もありかもしれません。

最後に

ここまで、『孤独が人を強くする』について書いてきました。孤独は決して悪いものではなく、

 

時間を有意義に使える
成功者ほど孤独を好む
大人になったら孤独こそ大切
孤独は恥ずかしいものではない

 

などを解説してきました。

 

『寂しい』という感情にそのまま従った場合孤独はマイナスかもしれませんが、『一人の方が時間がある』と考えられた場合、プラスでしかないです。

そして、経済的に成功すれば寂しさもなくなるため、結局『今我慢して成功を目指す』『自分を強くする』と考えた方が、将来的には得と言えそうです。

 

何より、寂しい感情を『人』でしか満たせない性格でいるよりも、向上することによって満足できる人間になった方が、自分が楽でしょう。

『孤独が人を強くする』とはそんな意味です。前向きに、受け入れてみてはいかがでしょうか?