横に女性が寝ていたら男は我慢できる?男友達と一緒に寝る際の注意点

横に女性が寝ていたら男は我慢できるものなのか?

こんな疑問を持っていませんか?

 

かなり親しい関係性ならば、男女の枠を超えて二人で旅行に行ったりお互いの家に泊まりに行ったりもしますよね。

どちらも『異性』を意識することなく純粋な友達として楽しんだりするのではないでしょうか?

 

一方で、どんなに親しくても男女であることには変わりません。

そのため、『この男友達は意識していないように見えるけど、実際はどうなんだ?』と思う場合もありますよね。

さらに、あなたがその彼をちょっと気になっていたりするとまた捉え方が変わってくるはずです。

 

以下ではそんな、横に女性が寝ている時の男性心理や、一緒に寝る際の注意点を紹介していきます。

我慢はできる

結論から言うと、お互いに異性を意識しないレベルの関係性ならば、横に女性が寝ていても男は我慢できるものです。

例えばどちらかの家に泊まって、『一緒に寝ようよ』となっても、『この女は友達だから』と我慢することは可能です。

 

何より、親しいからこそ一線を越えたくない部分もあります。

男女の友情が成立しているので、その関係を壊したくないとたいていの場合思いますし、横に寝ているからといって下心を出してしまったらその時点で信頼を失うだろうとも想像がつくので、この辺は慎重になる男が多いはずです。

 

男は、その女性の性格が良いほど理性的になります。

そのため親友クラスの関係性ならば、横に寝ている程度では自分の欲に支配されないことが普通です。

 

これがもし、そこまで親しくはない普通の友達で、『終電逃したから泊めて』とやってきて、しかも淡々と寝る支度をするような女だったら『自分の欲こそ最優先にすべき』という考えが過るかもしれません。

何より、そのような一方的な女性には別に嫌われても構わないと考える男も多いので、強引にはならないまでも下心を出す人は多いはずです。

 

ですから、一緒に寝るとか泊めてもらうのは、基本的には『本当に親しい』『一線を越えてもいい』のどちらかの状態が望ましいと言えそうです。

体に触れたら爆発する

一方で親友のような関係でも、『横に寝ている状態でも体が触れてしまったら』高確率でことに及ぶと思われます。

実際に私自身この体験をしたことがあります。

 

女友達と飲んでいて終電を逃し、『泊まろう』となりました。

近くのホテルに泊まり一緒に寝ることになりました。

その時は全くするつもりなんてなかったのですが、彼女の方から手を握ったり体の至るところを触れてきたりしたんです!

もちろん我慢できず、眠たい目をこすりながら身も心も起き上がったわけです。

 

彼女としては『誘ったつもりはない』と言っていましたが、一方で拒んでもいませんでした^^

まあ普通の流れでそうなったパターンですし、男としては『女の方から仕掛けてきた』と捉える状況ですが、この時も、体が触れ合わなければ何もなかったと思います。

 

男はどうしても、

 

できてしまう環境
誘われているような状況

 

これがあると我慢しなくなります。

『我慢できない』のではなく『我慢しない』のです。

 

なので、その男友達と男女の仲になりたいのならば一緒に寝ながら手を繋いだり抱き着いたりしてしまえば解決ですが、そうなりたくないのならば触れない方が無難です。

何より、それが親友のような女性でも、横に寝ていてさらにボディータッチしてきたら、たいていの男は『これは誘っているんだな』と考えますし、『我々は友達だ、これに応えないのは失礼だろう』と考える男だっているはずです。

 

このように、男のストッパーが外れるのは『女性が触れてきた時』です。

外れるどころかその時点でブレーキが完全に壊れるので、取扱に注意して下さいね。

エロい男には注意

それがたとえ親友でも、普段からエロい発言や下ネタ、冗談でも口説いてくるようなタイプは注意した方がいいですよ。

このような男は、横に女性が寝ていたら高確率で手を出します。

何より、『一緒に寝る=OKサイン』と捉えるので、彼にとっては本当の夜がそこから始まる訳です。

 

このタイプの男は、基本的に女性を『性の対象』として捉える傾向にあります。

そのため、友達になるとしても『許容範囲外の女はアウト』と考えます。

要するに、『もしかしたら男女の仲になれるんじゃないか』というワクワクがあること前提で関わるので、それがない女性とは一切接点を持たないのです。

 

だからこそ、親しくなってもエロい発言が多かったり冗談で口説いたりもします。

さらに口説いたりするのも、半分は本気なのです。

こんな性格ですから『二人きり』『横に寝ている』という条件が揃ったら手を出さないわけがないですし、まして女性がボディータッチでもしてきたら100%欲情します。

 

さらに、基本的に真剣交際は考えないことも多いので、その点も注意です。

誰か1人と真剣に付き合い縛られるよりも、交際はせずに広く浅く遊んでいたい、こういう性格なので、あなたが好きな場合、一線を越えると苦しむことになります。

 

それに、この手の男は嘘も上手です。

遊び人ですからね。

仮に深い仲になっても、はっきり『付き合えない』とは言わないはずです。

何となく繋いでおいてまたできる機会を伺うはずです。

 

一方で、これらは性に対する考え方で、人間性そのものが悪いとは限りません。

ですから、男女の関係にはならず友達として持っておくに徹していれば実はいい奴かもしれないので、エロいタイプの男とは、横に寝たり温泉に入ったり、勘違いさせる行動は避けた方が良さそうです。

一緒に寝る際の注意点

異性を意識しないくらい親しい関係ならば、横に寝ていても我慢できる男が多いと言えます。

一方で、その状態で体に触れられたらほぼアウトです。

一般的な男性心理としてはこんな感じと言えそうです。

 

しかしこの一緒に寝る問題、重要なのは『男が我慢できるかどうか』ではないように思います。

それよりも気にしたいのは、『一緒に寝たことによって関係性が壊れる可能性』です。

その時点で男女を意識する

というのも、横に寝るとか、『彼は我慢できるものなの?』という思考は、その時点で異性を意識していますよね。

これは男側も同じで、『彼女が横に寝たら俺は我慢できるだろうか?』とある程度は考えるわけです。

つまり何もなくても、『異性が横に寝た』という事実を通り越した時点でお互いに心境の変化が起こる可能性があります。

 

特に初めて一緒に寝た翌朝は、『良かった何もなかった』とお互いに安堵しながらも、その後一人になった時に色々考えてしまいませんか?

実際に、こういうのがきっかけで恋愛に発展したり、あるいは友情が崩れたりはよくある話です。

なので、親友のような関係であっても『男女』である以上、異性を意識するような行動を取るべきかは難しいところです。

片方だけが意識している場合もある

さらにこういうのって、片方だけが意識している場合も多いんですよね。

気持ちがある方は積極的になりがちですが、ない方にとっては『単なる友人として親しくしている』に過ぎません。

そうなると後々複雑になりますよね。

 

横に寝ることに関しても、どちらかは発展させたいけどもう片方にはその気はないとかこれも全然あり得ます。

特に、男にその気がない時に勢いで関係を持ってしまったら、その関係性は高確率で崩れるので、その辺は覚悟した方がいいかもしれません。

 

なので横に寝る問題って、『男は我慢できるのかどうか』という疑問よりも、『横に寝たらお互いの心境がどう変化するか』で考えた方がいいはずです。

 

『一線を越えてカップルになる・気まずくなる』『何もなく友情が深まる・気まずくなる』どれもあり得ます。

自分にとって何がベストかを検討してみましょう。

最後に

横に女性が寝ていたら男は我慢できるものか?について様々な角度から書いてきました。

これは私の持論ですが、人間関係に一生はないですし、特に男女関係なんてある日突然泡のように弾け飛びます。

なので、楽しんだ方が得だと思います。

 

従って『我慢できるものか』『一緒に寝て気まずくなったら?』とかはあまり考えず、今楽しいと思えるものに突き進んだ方が良いのかなと私なら考えます。

男女関係に関しては、『しない後悔よりもする後悔』私はこんな考え方ですが、あなたはどうでしょうか?

いずれにせよ、『あの時こうしていれば良かった』と振り返らないでいい人生にできたら、楽しそうですね。

【関連記事】
男友達との旅行!注意しよう、消えない下心
男性の部屋に行くなら『OK』が基本?男の本音
3割増しでいい女に見える3つの方法!男はこれにクラっとくる
食べながらダイエットする方法!減量したくない時の3原則