『彼女と別れた』と伝える男性心理!目的は?わざわざ言う理由

『実はさ、彼女と別れたんだよね』と唐突に言いだす男性っていませんか?

 

これを言われると『ああそうなんだ…』と思う一方で、『なぜわざわざそんなことを言うの?』と心理が気になりませんか?

 

『何か深い意味があって伝えているのか』
『単純に報告したいだけなのか』

こういう部分がはっきりしないとどう対応していいのか分からなかったりもしますよね。

 

もしかしたら、『彼女と別れた』という言葉の先に本当の目的があるのかもしれない訳ですし。

 

従ってこの記事では、『彼女と別れた』と伝える男性心理を紹介します。

 

男と女は何らかの目的があって会話することが多いので、男性の心理をしっかり読み取って色々生かしてみましょう。

彼女と別れたと伝える男性心理

相談したい・聞いてほしい

まずは、『相談したい・聞いてほしい』という心理。

 

本当に親しい関係の場合、彼女と別れた経緯やきっかけなどを話し『復縁の可能性や女心、次に対するアドバイスが欲しい』と考える傾向があります。

 

結局、女性のことは女性に聞かないと分からないため、彼女と別れた時には女友達に相談したいと考える男性が多いです。

 

なので、

『俺のどこが悪かったかな?』
『復縁のチャンスあるかな?』
『どうして欲しかったかな?』

といったように、矢継ぎ早に質問が来るような感じならば、彼女と別れたという報告は単純に相談したいからです。

 

こんな時には、その人が友達だと思うのならば親身になって話を聞いてあげましょう。

 

反対に『どうでもいい』と思うようならば適当に流して切り上げればいいと思いますよ。

 

失恋直後の男性って目先が真っ暗で『何をどうすれば分からない』とかこんな状態になっていることも多いです。

 

その場合、『取りあえず誰かに話したい』という心理になります。

 

要するに、愚痴みたいなものですね。

 

なので、聞いてあげるかどうかはまさに関係性次第。

 

親しいのならばある程度は聞いてあげて、何日経ってもウジウジ言っているようならば『それじゃモテないよ』とか活を入れる感じがいいかもですね。

 

いずれにせよ彼女と別れたと伝える心理には、このように『聞いてほしい』というものもあります。

 

口説きたい

続いては、口説きたいという心理。

 

『彼女と別れた』というのは『フリーになった宣言』でもありますよね。

 

つまり、『今までは彼女がいたから恋愛禁止だったけど、今後はフリーになったから自由だよ』というアピールです。

 

要するに、『今後あなたをデートに誘っても、不誠実ではない』ということを証明したい訳です。

 

この場合、元カノと付き合っていた時点で既にあなたを気になっていたと考えられます。

 

しかしながら、彼女がいる状態で口説いたら不誠実になるため、だからこそ『別れた』とちゃんと伝え、筋を通している訳です。

 

なので、友人という形で関わっていたにせよ、お互いに何となく意識していたとかそういう感じならば、『彼が前進した』と捉えてOKですね。

 

一方で、特別あなたが彼を意識していない場合には、その後の言動に注意してみるといいですよ。

 

というのもあなたを口説きたいから『彼女と別れた』と伝えた場合、軽い元カノ批判をする可能性があります。

 

目的としては、

『元カノには完全に未練はない』
『自分は次に進みたい』

というアピールですね。

 

なので、『アイツとは考え方が合わなかった』とか過去の恋愛を自己完結している。

 

尚且つ、『○○さん(あなた)とは合いそう』みたいな言い方をされたら口説かれていると捉えてOKです。

反応を確かめたい

『反応を確かめたいから、彼女と別れたと伝える』こういう心理もあります。

 

これはそのまま、『自分が彼女と別れたと知ったら、この人はどんな反応をするんだろう?』とこれを知りたいんです。

 

例えば、『この女性は自分に好意を持っている』とか、こんな風に思っている時には『実は彼女と別れたんだ』とか言ったりします。

 

そうすることで、

『本音を確認できる』
『アプローチされる』

など、男性としては次の段階に進める訳です。

 

女性としても、『気になる男性が彼女と別れた』と知ったら、何らかの行動を起こしたいですよね。

 

こんな風に『反応を見たいから』という理由で彼女と別れたと伝える、こういう心理もあります。

 

ただしこの心理、紛らわしいのは『男性が、あなたを好きとは限らない』ということです。

 

というのも、『この女性は自分に好意があるだろう』という前提で伝えている訳ですから、その目的は様々です。

 

もちろん真剣に口説きたいからということもありますが、その一方で『体目当てにしてしまおう』とかこういう人もいます。

 

なので基本的には、『彼女と別れた』と伝えられても、あなたは頑張らない方がいいですよ。

 

そもそも、好きならば男性自身が積極的になります。

 

別れた時点で、あなたと付き合える方法を考えます。

 

つまり、『別れた』と伝えるだけで特別誘ってくる訳でもないようならば、それは『誘われ待ち』です。

 

遊び目的の場合、女性から誘われた方が心理的に楽なので、そういう意図もあって『彼女と別れた』とか伝える男性もいます。

 

ですから基本的に女性は、『パスは出しても誘いはしない』というスタンスがいいかもですね。

 

周知徹底してほしい

『自分が別れたことを周知徹底してほしいから伝えた』こういう人もいます。

 

つまり、あなたに伝えることで『共通の女友達などに知れ渡ること』を期待している訳です。

 

これも、『フリーになった宣言』の一つです。

 

やはり、『パートナーがいるかどうか』というのは重要ですよね。

 

つまり『○○さんには彼女がいる』となっていたら、興味を持つことはあってもそれ以上進むことはないでしょう。

 

それに、

『自分には彼女がいる』
『自分はフリーである』

どちらで知れ渡らせるかは男性にとっても重要です。

 

男は特に『フリー宣言したら悪い虫が寄ってくる』とかこういうのもありません。

 

むしろよりたくさん寄ってきてほしいくらいなので、一人になった時には仲が良い女友達に伝え『言いふらしてもらう』とかをする場合があります。

 

ですから、例えばあなたが、

『友達が多い』
『よく喋る。』

などの場合には、周知徹底目的で『別れた』と伝えられた可能性もあります。

 

というのも、あなたに友達が多くよく喋る性格ならば、『内緒にしてね』と言われても喋っちゃいますよね。

 

とはいえ、男性は基本的に、『彼女と別れた』に関しては言いふらされても気にしないですし、むしろ話してほしい場合もある訳です。

 

こんな風に、『言いふらしてほしいから』という理由で『別れた』と伝えることもあります。

たいていの男はナルシスト

ちなみに、たいていの男にはナルシスト要素があります。

 

そのため、自分が別れたと伝えたら『周りの女性は喜ぶ』くらいに思っていたりします。

 

『なんで?』と思うかもしれませんが、要するに、モテると勘違いしているのです。

 

つまり、

『自分に彼女がいる=女性達はガッカリ』
『自分が彼女と別れた=女性達は嬉しい』

とかこんな発想が根底にあります。

 

なので、ナルシスト要素が強い男性は真面に相手にしない方がいいかもですね^^

 

例えば、喜べと言わんばかりに『別れた』と伝えてくるとか、先日別れたはずなのに全然悲しんでいないなど。

 

こういうタイプはナルシスト傾向が強いとも言えるので、相談等されても適当に流すのも一つの方法です。

 

いずれにせよ男は、

『俺は格好良い』
『俺はすごい。』

という世界観の中で生きています。

 

なのでどんな話でも、『ただ格好つけたいだけだな』とかそういうのも見極めるといいですよ。

 

『俺はすごい』みたいな話につき合わされると時間の無駄ですからね^^

 

あなたじゃないとダメなのか?会話ができれば誰でもいいのか?この辺を見極めるようにしましょう。

最後に

彼女と別れたと伝える男性心理について書いてきました。

 

女性でも『別れたよ』と連絡してくる人っていますよね。

 

これも『誘って』とかこんな心理が隠れているのでは?

 

男女では立場こそ違うものの、別れた時に取る行動は同じなのかもしれませんね。

 

なので男性の行動で『これはどんな意味?』と思ったら、『自分だったら』と考えてみると分かりやすいかもしれません。

 

いずれにせよ、ちょっとしたきっかけでどうなるか分からないのが男と女ですから、気になる人に変化があったら逃さないようにしましょう。