初デート後に連絡してこない男の心理!いい感じだったのになぜ?

初デート後に連絡をしてこなくなる男性っていますよね。

『いい感じだと思っていたのにそれっきり連絡がない』『また会いたいです』と言っていたのに連絡なしなど、こんな男性もいるはずです。

こういう男性の心理って分からないのでは?

 

初デート後に『なんだか違うな』と感じ連絡をしない男性は割と多いです。

自分からデートに誘っていても、一日一緒に過ごすと色々な部分が見えますから、それで冷めてしまうこともあるのです。

以下ではそんな、初デート後に連絡しなくなる男性の心理について書いていきます。

 

ポイントとなるのは、『女性が楽しいと感じるのと男性のそれは違う』ということです。

片方だけが楽しく満足するデートって比較的多いので、そうなっていると連絡がない可能性があります。

期待よりもつまらなかった

男性からデートに誘った場合、大きな期待を抱いていることが多いです。

『この人はきっと可愛らしい』とか『楽しい時間を過ごせる』といったように、胸を膨らませている訳です。

そのため、その期待以下だった場合には連絡しなくなります。

 

例えば、笑顔が見られなかったとか、女性の話が想像以上につまらなかったなど、こういう場合、『2回目はいいや』と感じ連絡しません。

この場合、女性は緊張しているから笑顔がないのかもしれませんし、楽しいからたくさん話している可能性もあります。

要するに、どちらの状況も捉え方次第で決して悪くはないのですが、悪い方に捉えてしまう男性も多いため、そうなると結果的に連絡しません。

 

男性によっては、デートを総合的に判断したり感想を聞いて次を考えるのではなく、『ある一瞬の状況』で『ダメだな』と決断するタイプもいます。

そういうタイプの場合『笑顔がなかったからダメ』『話がつまらない女』といった一部分だけを見て冷めてしまったりもするので、こういう男性だった場合には、たとえ女性が楽しいと感じていても次はないかもしれません。

 

ただしこういう男は、自分中心とか自分勝手なタイプが多いです。

なので、十分に楽しいと感じたにも関わらず連絡がない場合には、『それで良かった』と判断するのもアリかもしれません。

脈がないと感じた

『脈がないと感じたから連絡しない』これも全然あります。

男は初デートでも、女性にある程度は積極的になってほしいのです。

そのため、一切積極性がなく、それどころかガードが固すぎる性格だったら連絡しない可能性が高いです。

 

というのも、そういう女性と交際するのは大変なんです。

『次会えばもう少し打ち解けられるかもしれない』と2回目を会ってみても、結局は女性のガードが固すぎて前進できないことも多いので、そういう経験がある男は本能的に初デートで終了にします。

もちろん、『そのガードを崩せるのがデキる男』なんでしょうが、それはかなり根気のいる作業なので、男性側の希望としては『デートをするのならば女性も積極的なってくれ』といった感じです。

 

そんなことから、全く積極性がなく懐に入らせてくれない女性だとたいていの場合脈ナシだと判断し連絡しません。

なのでデートの際には、それが初デートでも甘えてみるとか、そういう性格じゃないのならば質問をするとか、行ってみたい場所の名前をさり気なく挙げるなどをすると、また連絡が来るかもしれません。

思い通りにならなかった

これもよくありますが、初デートが思い通りにならなかったから連絡しないというパターンです。

男性はある程度デートプランを立てています。

例えば初デートでも、『食事後はこの辺を歩いてここでキスして』とかこんな計画を立てている男性もいます。

この場合、食事後に『今日はこの後用事があるから』とか『明日早いから』と言われ女性に帰ってしまわれると、男としては不満がある訳です。

これだと、『金目当てにされた』と感じる男もいますし、そうじゃなくても、『自分とのデートはつまらなかったらしい』と考えるため連絡はしません。

 

これに関しても、女性側は本当に用事があったとかその可能性もありますよね。

それに女性は、男とは違って初デートでキスすることなんて考えていないでしょう。

こういうすれ違いも初デート止まりになる原因です。

男はどうしても、下心も含め期待をしますが、女性はその逆で警戒するはずです。

そのため、あまりにも両者の『期待と警戒』の差が激しいと、初デートはどちらかがガッカリする形になることが多いのです。

言動が不快だった

『デートしてみたら言動が不快な女性だった』この場合も連絡はしません。

いい女だと思って関わったら食べ方が汚いとか、悪口や愚痴しか言わない、男が引くほどの下ネタを連発するなど、こういうタイプだった場合には『もう会いたくないな』と思うものです。

やはり、一緒にいて自分が恥をかく人とは性別に関係なく関わりたくないため、そういう一面があったらドン引きします。

 

以前、友達として二人で食事に行った女性がいましたが、その人は店につくなり愚痴や悪口を始めました。

相当ストレスがたまっているのは分かるのですが、それでも、あまりにも酷かったためその後関わるのは辞めました。

 

あなたも、職場で愚痴ばかり言ってくる男性上司がいたら距離を置きませんか?

言動が不快な女性とはこれと同じです。

なのでそうなってしまうと、せっかくの初デートもダメになってしまうか、『うんうん』と話は聞いてくれますが体目当てにされて終わりなので、自分を客観視することは大切と言えそうです。

男は初デートに違和感があると連絡しない

男は、デート中は紳士的な対応をすることが多いです。

つまり、その場で『何かが違う』『不快だ』と感じても、その場ではグッと堪えて時間が過ぎるのを待ったりするわけです。

女性の場合、『不快だ』と感じたら怒って帰ってしまう人もいますよね。

男はそういうのができない代わりに連絡をしない訳です。

だからこそ女性は、『なんで連絡が来ないの?』『初デートでいい感じだったのに』と悩むわけです。

 

しかし、連絡をしないということは初デートに何らかの違和感を持ったということなので、仕方がないと捉えた方がいいかもしれません。

もちろん、『何がダメだったのか?』と確認するのもアリですが、『彼とは合わなかった』と処理した方があなたが楽です。

というのも、男が連絡しない理由は男性側の都合であることが多いからです。

例えば『笑顔がなかった』『手を繋ごうとしたら避けられた』『話が盛り上がらなかった』など、こういうのって、男性の一方的な都合でしかないですよね。

なので、『どうして連絡が来ないんだろう?』と考え込むのは時間の無駄ですし、理由を知ったところであなたが何かを改善する必要なんてないことが殆どです。

 

恋愛はたいていの場合、異性の都合で動いていて、『どちらかがそれを受け入れるか』によって成立します。

なので、ダメそうな時には割り切って、次を考えましょう。

連絡をすれば次のデートが成立する?

一方でこういう男性、『また会いたいです』とか『金曜日会えませんか?』といったように、女性からデートに誘えばOKが出るのかということですが、これは全然あり得ます。

というのも連絡をしない多くの男性は、ドン引きしている可能性もありますが、それでも『脈ナシ』と思っています。

そのため、女性から会いたいと連絡が来たら応じる可能性が高いですよ。

なので、どうしても逃したくない人ならば自分から誘ってみるのは全然アリです。

 

私自身、『脈ナシだったな…』と諦めて連絡しなかった女性から『また会えませんか?』と連絡が来てデートしたこともあったので、こういうのもよいと思います。

それに、この場合の男性心理って、『落胆からの急上昇』なのでかなり燃えます。

初デート以上に気合いが入るので、こういう形もアリだと思いますよ。

最後に

初デート後に連絡してこない男性心理は、ドン引きか脈ナシの受け入れのどちらかです。

男は初デートに賭けていますから、そこで何かしらの衝撃を受けるとネガティブな思い込みをしてしまうのです。

もちろん、だからといって女性に問題はありません。

なので、その後連絡が来ないとしても『あなたがどうしたいか』によって対応を考えると良さそうです。

【関連記事】
初デートでキスする男の心理とは?遊び?本気?男の真剣度とは
初デートで下心を出す男は全て遊び?男性の心理と本音を紹介!