男性が女として見れない女性の特徴!最低限心がけたい身だしなみとは

『女として見れない』気になる人や周囲の男性にこんな風に思われていたらショックですよね。

『自分なりには女っぽくしているつもりなのに、周りは全く女として見ていない』こんな状況だったらガッカリするのでは?

しかしながら、どれだけ頑張っていても残念なことに女として見れない人っているものです。

しかも、男は女性よりも『異性』が好きですから、そういう意味では女として見れない相手と出会うことの方が稀です。

要するに、普通に生活する上ではほぼすべての女性が対象内になるので、そんな中でも女として見れない人と出会うことって極めて少ない訳です。

 

ですから、もしあなたがその特徴に当て嵌まる部分があったら改善した方がいいかもです。

というのも、一人の男が『この子、女として見れないわ』と感じたら、そう感じている男はもっといるということになりますので。

事実男同士の会話では、『あの子きつくない?』と誰かが言ったらたいていの場合同調します。

このくらい、女として見れない人ってインパクトが強いので、自分がそうなっていないかどうかを確認しましょう。

女として見れない女性の特徴

以下は女として見れない女性の特徴です。

共通しているのは、男性に与える印象がかなり悪いということです。

例えば男でも、下ネタばかり言っている人って印象が悪いですよね。

同じように女性も『こういうのがあるとイメージが悪くなる』というものがあります。

以下は、その代表的な例となります。

言葉や表情、仕草に品がない

最初に挙げられるのは、言葉や表情、仕草に品がない女性です。

こういう人は高確率で女として見られない傾向があります。

例えば、『極端に言葉が汚い』『口が悪い』『悪質な表情をする』『私は可哀想みたいな表情』『大声で笑う・話す』など、こういう感じだと女として見れないと思われることが多いです。

 

こういう女性ってクラスや職場に一人くらいいたりしませんか?

態度も大きく、人をからかったり悪口などを大声で平気で言ってしまうような女性。

こういう人はやはり男からの印象も悪く、『ないな』と思われる訳です。

 

男性は基本的に外見重視ですが、それでも『良い悪い』を無意識に感じるのは性格的な部分です。

そのためそこに『問題あり』と感じたらやはりNGですし、『あまりにも酷すぎる』と判断したら拒絶してしまう訳です。

従って、極端に言葉が汚い、表情が悪い、常に大声といったようなタイプには『女として見れない』と感じる男が比較的多いです。

要するに、性格面に対して本能的に拒絶するわけです。

 

それに、男が理想とする女性像は『何もかもが綺麗な人』です。

外見はもちろんですが、言葉や表情、仕草等の全てにおいて『綺麗だ』と感じる女性を男は理想とします。

従ってそれとは正反対の品がない女性を受け入れることは基本的に難しい訳です。

簡単に言うと、女性がナヨナヨした男を好きになるのが難しいのと同じ理屈です。

男は品がない女を見ると、『女らしくない』と感じますから、だからこそ『女として見れない』と思ってしまう訳です。

 

こんな理由から、言葉遣いや表情、仕草というものは女性が思う以上に重要です。

ですから、普段から言葉に気を付けたり、口角を上げる意識をしたり、話す際には上品さを心がけるなどをした方が、確実に得できます。

美を完全に諦めている

美を完全に諦めている女性も女として見られないですよ。

『美を諦める』って曖昧な表現に思うかもしれませんが、男が『きついな』と感じるのは、

 

太っていても気にしていない
お洒落に無関心

 

にも関わらず、『自分は女扱いされる』と思っている人です。

 

要するに『太っている』『お洒落をしていない』これはどうでもよく、問題なのは『意識』です。

努力をしていないにも関わらず『私は女扱いされる』と思っているその姿勢が男性には強烈なのです。

 

これがまだ、『私は太っているしお洒落もしていないからモテないだろう』と謙虚だったら、そういう姿勢に惹かれる男性がいるかもしれませんし、少なくとも誰も拒絶はしません。

しかしながら、一般的にはモテるような条件に含まれていないのに『私は大丈夫』と思っている傲慢な態度が男には厳しく、結果的にそういう人は女として見れない女性になります。

 

実際に職場にいましたが、このような人は言動からして嫌われます。

太っていて一切お洒落もしていない中年のおばさんでしたが、その人が『男は皆オオカミだから』とか言い出したわけですが、その場にいた男性社員は全員イラっとしてましたね^^

これ、謙虚な人ならば言わないと思うんですよね。

事実この女性は、モテるなんて全くなく、また独身でしたし、しかも『男性経験が一度もない』という噂でした。

 

こういう感じになるとさすがに厳しいです。

そして、こんな風に思われてしまう原因の一つは『美意識の低さ』です。

この中年のおばさんにしても、体型を管理をしていてお洒落だったら全く状況は変わっていたと思います。

もちろん、『スタイルが良ければアリ』とか『お洒落ならば受け入れられる』ということではないです。

ただし、『美に対して努力しているか』というのはそのまま自分自身の意識に現れると思いますし、それは周りにも伝わります。

何より、努力していない人の方が傲慢な態度になる印象なので、女として見れないと思われないためにも、常に美に対する取り組みはしておいた方がいいかもです。

酔うと人格が変わる

『酔うと人格が変わる』これも女として見れない女性の特徴です。

一方で、今まで紹介してきたものは完全アウトですが、この場合は『良くて体目当て』といった感じです。

まあ、女性にとっては良くなんかないでしょうけどね、つまり、『ギリギリありの場合もある』ということです。

 

例えば、普段は普通だけど『飲んだらハイテンション過ぎてその場にいる人全員に絡みまくる』『泥酔するまで飲む』『ずっと怒っている』『暗くなり過ぎる』など、こういう女性もいるかと思います。

こんな風に、完全に別人のようになってしまうと『これが本当の姿なんだな』と思うため、結果的に女として見れないと感じる訳です。

特に、絡みまくっている姿って普通に引きますからね。

普段は淡々と仕事をこなしているようなデキる女が、酒が入ったら周りに強引に飲ませたり大声を出したりするとドン引きです。

しかもその女性が、飲み会終盤になると泥酔状態になっていて、路上に普通に横になったりしていると完全にナシだと思います。

無防備で色々な部分が露出していても、はっきり言ってなんとも思わず、むしろ『汚い』と感じてしまうのが本音です。

 

こんな風に男は『綺麗』という印象が崩れた女を極端に嫌うのです。

そのため一般的には、そういう姿を見るとドン引きして、『女として見れない』と判断します。

ただし今回のように、酒に飲まれた女に関しては『体だけならいいかな』と感じる男も多いです。

何より、そういう状態の時って最も一線を越えやすいですからね。

とはいえ、真剣交際の対象としては100%ないので、基本的に『酒の失敗をしたら女として見られない』と思っていた方がいいですよ。

男も女も、酒は嗜む程度が理想なのかもしれませんね。

大人しい方が女性っぽく見える

全体を通して言えることは、大人しい方が女性っぽく見えるということです。

言葉や態度、行動、何をとっても大人しく振舞った方が女性らしく感じるので、それを目指すのも一つです。

 

イメージとしては、中世ヨーロッパ貴族の女性です。

かなり古い例えですけどね(笑)

それでも、男は本能的にあんな雰囲気の女性に惹かれます。

 

あの時代は『女はどうあるべき』『男はどうあるべき』というのがはっきりしていたように思います。

もちろん、中性と現代は違いますし、『どうあるべき』という習慣を見習った方がいいという意味ではありません。

そうではなく、良い部分だけを取り入れると『女として見れないなんて思われない』ということです。

例えば、大声を出したり泥酔するまで飲んだりとか、あの時代の貴族はしない印象ですよね。

 

男性が『女性らしい』と感じる部分は磨きつつ社会進出には積極的になる、こんな感じだと、誰もが羨望するいい女になれるかもしれませんね。

女として見れない女性にとる態度とは

ちなみに、『女として見れない』と感じたら、男は分かりやすく態度に出します。

自分から話しかけることはありませんし、話しかけられても『冷めた対応をする』『完全に無視をする』のいずれかになります。

 

男もNGな女性にははっきりしますからね。

ですから、『この人なんでこんなに冷たいの?』『なんで無視するの?』と感じる状況があったら、もしかしたら、女として見られない何かがあるのかもしれません。

そんな対応をする男にも問題がありますが、それをきっかけにして変わった方がきっと自分のためです。

どん底に落とされたら、そこから復活しましょう。

最後に

男性が女として見れない女性の特徴について書いてきました。

男って、基本下心をもって女性と関わる印象がありませんか?

基本はそうなんですが、その一方で意外と引きやすいです。

一瞬の出来事でドン引きしてしまうので、気になる人の前ではもちろん、普段もある程度上品に過ごした方がいいかもしれません。

誰かを好きになってから自分のダメな部分を改善するのだと、最悪遅い場合があります。

その前に、女として見れないと思われてしまっていることもありますので、印象を大切にしましょう。