アラフォーで年下男から恋愛対象になる女性の条件!最低限求められる要素とは

『アラフォーになったら年下の男性が可愛く見えてきた』『付き合うなら年下がいい』『10歳くらい年下が理想』といったように、恋愛対象を年下にするアラフォー女性も多いですよね。

確かに自分がアラフォーだと、10歳下の男でもアラサーですからそれでも大人同士の恋愛です。

これがもし、アラサー女性が10歳下を求めた場合には、相手はまだ未成年の場合もありますし、成人でも学生とかこんなケースもあります。

こうして考えると、アラフォーという年代になった方が恋愛も楽しいのかもしれませんね。

 

一方で難しいのは、自分が年下を求めても、肝心の年下男性からなかなか相手にされないという現実ではないでしょうか?

正直な男性の本音を書きますと、一般的に男は若い女性が好きですし、30歳前後の男性にとってアラフォー女性は恋愛対象にならないことも多いです。

このように、自分の許容範囲が広がった一方で男性には見てもらえないという、なんとも言えないジレンマもあるのがアラフォーですよね。

 

しかしながら、アラフォーでも年下男性から恋愛対象になる女性がいますので、この記事はその条件を書いていきます。

何よりも重要なのは、あなたがアラサー以前だった頃、『どんなおじさんならばアリだったか?』ということです。

これを思い出してみることがヒントになりますので、是非参考にしてみて下さい。

気持ちや交際に拘らない

まず大切なのは、『気持ちや交際に拘らない』ということです。

年下から恋愛対象にされたいのならば、『好きじゃなきゃ嫌』『付き合わないなら一線は超えない』という考えは捨てた方がいいです。

女性ならばこういうのが受け入れられないのは当たり前かと思いますが、これは『年下男性がアラフォー女性を対象にするかの条件』という意味ではとても大切です。

つまり厳しいことを言えば、『アラフォーなのに気持ちとか交際に拘っているのならば興味なし』と思われてしまうことが多いのです。

 

男は好きになる前に、取りあえず性的に興味を持ちます。

そのため、『1回だけなら関係を持ってみたい』とか『真剣交際はないけど遊びならばOK』といったように、こんな心理になります。

こういうの女性は嫌いますよね。

でも、年下から恋愛対象にされたいのならば理解して受け入れた方がいいですよ。

 

例えばおっさんが、20歳代の若い女性を相手に『奢らないで体の関係を持ちたい』と言っていたら引きませんか?

あるいは『奢ったんだからさせるのが当然』と言い出したらこれもドン引きですよね。

そして気持ち悪いでしょう。

 

アラフォー女性が年下男を相手に『気持ち』とか『交際』に拘るのはこれと同じです。

つまり、年下男にしてみれば『なんで同じ土俵に立とうとしているの?』『一夜だけでも関われたんだから良かったと思ってよ』という話なんです。

酷い表現ですけどね。

でも、まずはこれを受け入れて下さい。

そうすることで次が開けます。

 

初めから『私は真剣交際しかNGだから』とかこんな姿勢だったら年下から恋愛対象になることは厳しいです。

ですから、おっさんが若い女に無条件に奢るように、あなたも、取りあえずは無条件に年下男の欲に答えてあげましょう。

体目当てにされてもプラス思考

『体目当てにされてもプラス思考』これも大切な条件です。

何を言っているのか分からないかもしれませんね。

確かに男の都合でしかない表現ですが、ここで言いたいのは『たとえその年下男性が純粋な体目当てだったとしても、いちいち落ち込んだりせずに良い記憶にしてしまう』ということです。

こういうことができるアラフォー女性は確実にモテますよ。

 

難しいかもしれませんが、考え方としてはそれが体目当てでも『年下のイケメンと一夜を過ごせたからいいか』と自分を納得させるのです。

これって気持ちとか交際に拘っていないからこそ持てる発想ですよね。

こういうアラフォー女性がモテるのは、『自分もその瞬間を楽しんでいる』『しつこくしない』など、要するにプラス思考だからこそ、男にとってもまた会いたい女なんです。

 

『また会ったら体だけの関係になる』と思うかもしれませんが、取りあえずそれで良しとしましょう。

無責任な言い方に聞こえるかもしれませんが、年下から恋愛対象されたいのならば、ある程度長期戦で考えた方がいいです。

それに、若い女性がおっさんに心と体を許すのにもそれなりの時間がかかるでしょう。

何度も奢ってもらい、愚痴や不安系の話などを根気よく聞いてもらった結果、『好きになったかもしれない…』と感じたりしますよね。

同様に年下男も、最初は利用したい気持ちの方が強いので、それに乗っかった方がいいです。

そして体だけの関係になっておいて、『その中で恋愛対象にさせていく』と考えた方が上手くいきます。

つまり、『最初は単なる体目当てだったが、気が付いたら必要な存在になっていた』とこんな形を目指すのです。

 

もちろん、年上が好きな男もいますから初めからそんな人と出会えれば苦労はありません。

でも実際にはなかなか巡り合えないので、それならば『年下だし遊ばれてもいい』と割り切って、チャンスを作った方が交際に発展します。

否定はせずに褒め倒す

では、体だけの関係として定期的に会うようになったらどうやって落とすかですが、その方法としてお勧めなのが『とにかく褒め倒すこと』です。

男は認められたい生き物なのでそれをしてあげましょう。

例えば関係を持ったら『今日も良かったよ』とか、『○○君って格好良いよね、モテるでしょ』など、とにかく褒めます。

こうやって褒められると当然気分が良くそして自信にもなります。

ですから、『この女は自分に自信を持たせてくれる』と思わせて、その役割として必要な存在になってみることです。

 

一方で、『あまり褒め過ぎると調子に乗ったりむしろ扱いが雑になるのでは?』とかこんな懸念もありますよね。

確かにそれも言えています。

なので、好きアピールはしないことです。

男が調子に乗るのは褒められた時ではなく『この女は俺にゾッコンだ』と確信した時です。

そうなると、はっきり言ってどうでも良くなったりします。

特に、依存されたり精神的に頼られるとウザくなったりもしますので、それだと遊びの関係さえ終わってしまいます。

 

ですから、褒めるとしても淡々とした言い方にしたり、あなた自身も彼に拘るのは辞めましょう。

これをされると『アメとムチ』のような印象になり混乱する訳です。

さらに、男は何でも欲しがりますから『あなたの気持ちがまだ自分には向いていない』と知れたらその気にさせようと色々考えたりもします。

そうすれば恋愛対象にもなりますから、いずれは『うちらってどんな関係?』とか言い出したりする可能性もあります。

 

このように、まずは褒めることが大切で、その一方で好きアピールはせずに混乱を与えましょう。

こうすれば、時間と共にあなたへの気持ちが燃え上がっていきます。

基本はダメ元精神を持っていること

アラフォー女性が年下男性から恋愛対象になるためには、ダメ元で取り掛かることです。

おっさんでも、若い女性相手に『できるのが当然』と思っている人は嫌われますが、ダメ元精神で紳士的に望む人は手に入れたりしていますよね。

こんな風に、根気の良さと相手の欲に答えることが何よりも大切です。

 

一般的には、年下男性にとってアラフォー女性は魅力的ではありません。

その上で恋愛対象にしようとする訳ですから色々考えた方がいいですよ。

ただし、男は一度嵌ると長期的に追いかけてくれますので、やってみる価値はあるはずです。

ですから、『遊ばれてもいい』くらいの気持ちをもって臨んでみましょう。

外見が実年齢よりも若い

ちなみに、外見は実年齢よりも若いことが条件です。

さすがに、10歳前後年下の男性を相手にするのなら、『どう見てもおばさん』という印象だったら会話さえしてくれません。

ですから、美容や体型管理には力を入れた方がいいですよ。

特に体型は重要です。

自分の体に自信が持てるようならば、それは男性にとっても魅力的なはずなので、それを目指してみるのがいいでしょう。

 

どれだけ理論武装してもまずは外見ですからね。

『見た目で勝負する』くらいの気持ちをもって、日々トレーニングに励んでみましょう。

最後に

アラフォーの場合『利用されていると知りつつも前進できるか』これが大切です。

これまで書いてきた通りで、年下男は基本遊びの姿勢です。

これでもいいと思えるかが重要です。

 

例えば女性も、おっさんに対しては『体の関係はなしで、食事だけご馳走してもらおう』と考えますよね。

男もその辺は分かっていて、『冗談じゃない!』と思う人はそこで止まりますが、『それでもいいから挑んでみよう』と考える人は若い美女を抱いています。

自分が不利な立場ならば、『相手にとって自分と関わるメリットは何か?』これを理解し提供することを心がけてみましょう。

そうすれば、いずれ立場が変わることもあり得ますから、やってみる価値はあるはずです。