男性が恋愛対象外の女性を意識する4つの瞬間【これがあると気になる】

気になる男性にとって自分が恋愛対象外だった場合、『どう頑張っても可能性はないだろう』『諦めるしかない』と絶望しますよね。

会話をしていても、『完全に異性として見ていない』というのが感じ取れてしまったら、何となく期待していたり少しだけあった希望も打ち砕かれてしまうのでは?

 

気になる人や好きな男性に恋愛対象外にされるのって辛いと思います、しかし、諦める必要なんてないですよ。

というのも男性というのは、その相手が自分にとってどんなに恋愛対象外でも、『状況次第では意識するもの』なので、それを作れれば可能性は全然あります。

 

この記事ではそんな、男性が恋愛対象外の女性を意識する瞬間について書いていきます。

 

中には『こんなことしなくちゃいけないの?』と思うこともあるかもしれませんが、意識させるためにはどれも必要なことです。

ですから、現状恋愛対象外になってしまっているのなら、思い切った大胆な行動に出る勇気を持ってみましょう。

恋愛対象外から意識や気になる存在に変えるための基本

まずは、恋愛対象外の男性を意識や気になる存在に変えるための基本についてです。

要するに『眼中にない状態からでも意識させるための基本』なので、ここはしっかり理解してくださいね。

 

その基本とは『男性の本能を刺激する』ということです。

気になる男性が現状あなたを恋愛対象外にしているのならば、本能的な部分を刺激するようにしてみましょう。

こうすると男は、それまで全く眼中がなく恋愛対象外だったにも関わらず『アリかな?』と自問自答するようになります。

 

『それって…単なる体目当てなんじゃないの?』と思うかもしれませんしその可能性もあります。

でも、取りあえずはそれを受け入れて下さい。

その状態から好きにならせる方法もちゃんと紹介するのでその点は心配いりません。

 

それよりも、現状恋愛対象外ならば、意識したり気になる存在にさせるためには『この方法しかない』と理解した方がいいです。

 

男は第一印象で『ない。対象外』と思ったらその後眼中に入りません。

むしろ女性もそうなんじゃないですか?

一方で男の場合、『性欲』というのは絶対にあり、さらに『手に入りそう』というチャンスがあったら『逃してはならない』という指令が脳から降りてきます。

 

なので、一先ずはその状態にさせることが恋愛対象外の時には大切なので、『気になる男性が私に全く興味を持ってくれない』という時には、本能を刺激することを心がけましょう。

ポイント

男は恋愛対象外の女には興味が無い
恋愛対象外の場合、正攻法では勝負できない
唯一の方法が本能を刺激すること
『アリかな?』と思わせることが大事

男性が恋愛対象外の女性を意識する4つの瞬間

ここからは、男性が恋愛対象外の女性を意識する5つの瞬間についてです。

以下の方法ならば、本能を刺激し『アリかな?』と思わせることができるので、是非取り入れてみて下さい。

ボディタッチをされた時

まずはボディタッチされた時、これは本当に翻弄されるものです。

それまで全く興味が無く、『恋愛対象外』とか考えるに値しない、つまりは『思考にすら入ってこない』ような異性でも、ボディタッチをされるとその瞬間『アリかもしれない』と思ったりします。

 

例えばこれは友人の話ですが、ある巨漢の女性に食事に誘われデートしたそうです。

彼には全く下心もなく、好きでもないし気になってもいなかったとのことです。

しかしそのデートの中で、『その巨漢女性から手を繋がれた』そうです。

その後どうなったかというと、彼らは交際しました。

 

その彼に『何で付き合ったの?』と聞いたところ、『手を繋いでしまったから』と答えていました。

このくらい、ボディタッチって男を翻弄させるのです。

この例のように、どんなに恋愛対象外でも意識してしまいますし、もしかしたら触れられた瞬間に『自分はこの人が好きだ』と脳が錯覚するのかもしれませんね。

 

ちなみに、念のため書いておきますが、太っていることが悪いとか、それだとモテないということではないですよ。

単純に友人の話です。

 

いずれにせよ、男は本当に『女性に触れられる』ということに極端に弱いです。

なので例えば、『○○さん』と呼ぶ時に腕を引っ張るとか、何かのタイミングに手を握ってしまうなど、こういうのはアリですよ。

 

自分がその人にとって恋愛対象外でもその辺は気にする必要はありません。

そもそも『恋愛対象外と生理的に無理』は完全に違います。

会話ができているのならば無理な存在ではないので、ボディタッチをするとか本能を刺激していれば、気になったり意識する可能性全然あります。

エロい話や下ネタトークで盛り上がった時

エロい話や下ネタトークで盛り上がった時も意識したり気になることが多いです。

女性はこういう話をしたくないかもしれませんが、意識してほしいのならば積極的に取り入れた方がいいですね。

 

例えば二人で飲む機会があったら、その手の話をすることで『そんな気分』にさせることができますよね。

それまでは完全に恋愛対象外でも、これまで書いてきた通りで、男は本能を刺激されることで『目の前の異性に興味を持つ』ようになっています。

そのため、上手くいけば『彼がその気になってその日のうちに誘われる』とかも全然あり得ますよ。

 

もちろんその誘いに応じた場合体だけで終わるので、そこは後述する『好きにならせる方法』に従ってほしいですが、いずれにせよ、エロい話などは男をその気にさせるので、意識の対象にさせるという意味では大きく期待できます。

 

なので、現状恋愛対象外ならば積極的に取り入れていきたいですし、ボディタッチと併用するのもお勧めです。

ボディーラインがくっきりする服を着ていた時

『ボディーラインがくっきりする服を着ていた時』これも、恋愛対象外でも気になる状況です。

男は女性の体に興味があります。

そこに興味が無い人なんていないので、『その部分がくっきりする服装』というのは、それだけで興味の対象になる訳です。

 

例えば、それまでは完全に眼中になくても、ある時ボディーラインがくっきりする服装で現れたら、『あの子、意外といい体してるな』とか思ったりする訳です。

最低な心理かもしれませんがこれが真実です。

 

それに現時点で重要なことは『恋愛対象外から意識や気になる存在に変える』ということですよね?

 

それならば、このような男性の下心を刺激できた方がいいですし、先ほども書いた通り、今の段階では、

『彼のために何かをする』
『相談に乗ってみる』
『誕生日に心のこもったプレゼントをする』

などの正攻法は通用しません。

 

これらが効果を発揮するのは『相手もあなたを気になっている場合』のみです。

 

私は以前、職場の後輩女性から『お弁当作ってもいいですか?』と言われたことがありますが、はっきり言って恋愛対象外だったのでお断りしました。

一方でその後輩が、気になるレベルだったらOKしてたと思います^^

このように、男性側に興味がない場合、女性がやりたがる正攻法ってことごとく通じないので、それは肝に銘じ、男の欲を刺激することに徹しましょう。

 

ちなみに、男性が気になるボディーラインがくっきりする服って以下のような感じです。

出典:ALBA

出典:ALBA

この方は、ユ・ヒョンジュさんという韓国のプロゴルファーです。

『スポーツウェアだからくっきりなんでしょ』と思うかもしれませんが、実はそこがポイントです。

 

普段着でくっきりって難しいと思うので、敢えてスポーツウェアを披露できるような環境を作ることも、恋愛対象外から意識や気になる対象に変えるには良い方法です。

 

何より男は、女性のスポーツウェアが好きですからね。

このゴルファーさんも、『スポーツウェアだから人気』という部分もかなりあると思います。

なので恋愛対象外の時には、『普段とは違った姿』を見せる工夫も心掛けてみましょう。

二人きりになった時

二人きりになった時、これは一般的に、相手がどんな人でも意識しやすい傾向があります。

例えばその異性が恋愛対象外でも、『自宅で二人きりになった』とかこんな風になったら、男と女ですから何が起こるか分からない訳です。

そもそも男性は『二人きり=チャンス』と捉えますから、こういう状況を作れることも意識させるためには大切ですよ。

 

二人きりなんて作れないと思うかもしれませんが、意外と方法はあります。

『飲んだ後に彼の家に泊めてもらう』
『大勢で遊びに行き二人きりにさせてもらう』
『大きい家具の移動をしたいから手伝ってほしいと頼む』
『水道が壊れたから泊めてと嘘をついてみる』
『トイレが壊れたから泊めてと嘘をついてみる』

こんな風に、工夫次第で二人きりという状況はいくらでも作れるでしょう。

 

ちなみに上記の文言は、男ならば言われればそれなりに気になるものばかりです。

たとえその人が恋愛対象外でも、『泊りに来るということはそういうことだな。だったらいいかな』とか考えたりするので、こういうのを積極的に使えるといいですよ。

 

このように、恋愛対象外から意識の対象に発展させるには、きっかけこそ大切です。

それを作れるように心がけてみましょう。

ポイント

ボディタッチをされた時
エロい話や下ネタトークで盛り上がった時
ボディーラインがくっきりする服を着ていた時
二人きりになった時

恋愛対象外から意識や気になる存在になるためのポイント

恋愛対象外から意識や気になる存在になるためのポイントは『まあアリかな』と思わせることです。

現状では興味を持たれていませんから、異性として興味を持たせるために『色仕掛け』をしたり『男の欲』を刺激する訳です。

 

先ほども書きましたが、現時点では『そんなことしたくない』とか『正攻法で好きになってほしい』というのではほぼ可能性ないです。

今やるべきことは『使えるものは何でも使って関心を持たせること』なので、好きとか交際とか、そういうのは恋愛対象になってから考えましょうね。

恋愛対象外から好きにならせる方法

ちなみにここからは、恋愛対象外から好きにならせる方法です。

男性があなたに興味を持った段階ですぐに関係を持ったら体だけで終わるので、それは避ける必要があります。

男は恋愛対象外の女を『アリかな』と意識した時点では性的な理由でだけです。

つまりここからが大切で、ちゃんと好きにならせる工夫をしていかなければダメということです。

男性が意識してきたら自分からは行動しない

まずは、男性が意識してきたら自分からは行動しないことです。

つまり、例えば飲んでいる時に、ボディタッチや下ネタトークなどで盛り上がりそういう気分になってきた時も、自分から彼を誘ったりしないということです。

 

好きな場合、せっかく相手が興味を持ってくれると積極的になりがちですよね。

あるいは、その流れでも自宅などに誘ってくれたら嬉しいのでは?

また誘われた場合には、一般的には断れないですよね。

 

でもこの段階では、勇気を持って断りましょう。

ちなみに『今日はどうしても用事がある』とか『明日早いから』がいいです。

この断り方だと男性を100%拒絶していないので、『次誘えばできるかもしれない』と期待を持たせられます。

 

こんな風に、最初の誘いは取りあえず断ってください。

この段階で男性のあなたに対する印象は、

『恋愛対象外から興味や意識の対象へ』
『あとちょっとで手に入る女である』

と変化しています。だから頑張る訳です。

 

この時点で、形勢逆転していますよね。

もちろんまだまだ体目当てでしかないですが、それでもOKです。

とにかく追いかけさせましょう。

あなた自身が価値を高く持つ

続いては『あなたが自身が価値を高く持つこと』これが大切です。

男性としては、『前回いい感じだったにも関わらず手に入らなかった』訳ですから、近日中に今度は自分から誘ってくるはずですよね。

それには応じましょう。

 

またこの段階で、恋愛対象外ではなく意識や気になる存在に変わっているのでそこに自信を持つことです。

ただしこの誘いの日も、一線を越えるのはNGです。

 

というのも、男性がこの日飲みに来た目的は『体』です。

はっきり言ってそれしかありません。

要するに、『手に入りそうだから頑張っている』だけで好きな訳ではないです。

 

なのでまだ、させるのはNGです。

 

一方で下心を出された時には、『どうせ体目当てでしょ?』と笑いながら言うとか、こんな刺激的な言葉を浴びせるようにするといいです。

これって彼の核心をついていますよね。

実はそれが良くて、そういう部分を見破られると『その方法じゃダメだな』と心理的に感じるようになります。

 

とはいえ、この時点であまり『私は真剣じゃないと許さない女』みたいな雰囲気を出すと、彼もまだしたいだけですから『面倒くさい』となって終わるので、この辺は曖昧にするべきです。

 

なので、『体目当てでしょ?』と言って『いや、そんなことないよ』と粘ってきたら、『嘘っぽいな~』とか言いながら『結局させない』という流れに持っていけるといいです。

 

ポイントとしては『男性の熱を冷めさせないこと』です。

現状では『とにかく一線を越えたい』という欲で一杯ですしその熱が高いです。

一方でそれは、『あなたについて考える時間』でもある訳です。

 

つまり、その体だけの相手でも、『ずっと自分が追いかける側』になっていればいずれ好きになります。

相手について考えるとは『それだけ追いかけている』ということですよね。

好きにならせるためにはこれが重要で、『いつまで経っても手に入らない存在』であり続けることが大切です。

必ず告白させる

最終的には、『必ず告白させてから一線を越える』これが大切です。

結局体だけで終わる人ってこの告白がないので、絶対に『好き』と聞いてからにしましょう。

 

なので例えば、何度も飲みに誘われその都度下心を出されるようならば、『それで、あなたは私をどう思っている訳?』とか、ストレートに聞いてみるのもアリです。

 

何度も口説いている段階ならば男性の気持ちも大分変わっています。

そのため『自分はこの人が好きなのかもしれない』と感じていたり、『照れくさくて言えなかったけど実は既に好き』とかこういうこともあります。

そうなっていれば、既に普通に恋愛をしている男女ですから関係を持った後も続いていきます。

 

このように、恋愛対象外の人を好きにさせるためには、

『相手を意識させる』
『意識してきたら下心をあしらい続ける』
『好きと聞いてから関係を持つ』

という流れが大切です。

 

割と根気のいる作業ですが楽しいと思います。

是非やってみて下さい。

最後に

男性が恋愛対象外の女性を意識する4つの瞬間について書いてきました。

始めは完全に恋愛対象外でも、何かのきっかけがあって意識したり好きになることって全然あります。

今回は『女を使う』という方向で書いてきましたし、これが一番手っ取り早いです。

 

例えばあなたも、完全に恋愛対象外の男性でも、高頻度で高い店を奢ってくれたら嫌な気はしないでしょう?

さらにその男性に『色々悩みや不安を聞いてもらっているうちに好きになった』とかはよくある話のはずです。

最初のきっかけなんてこんなものです。

 

異性が喜んだり気になってしまうことを取り入れるのが簡単で合理的なので、そこを意識して振り向かせてみましょう。