ちょうどいいブスって何?褒めてる?けなしてる?発言の真意とは

『ちょうどいいブス』という表現がありますよね。

女芸人さんでこれを自称する人がいますが、一般的にこの『ちょうどいいブス』は良い意味なのか悪い意味なのか?

女性にはなかなか判断できないかもしれませんね。

 

確かに、男目線で『この子はちょうどいいブスだ』と感じる女性っています。

以下では、そんなちょうどいいブスについて、あらゆる角度から書いていきます。

女性を見下した発言

ちょうどいいブス、一般的にこれは、女性を見下した発言です。

『ちょうどいい』といっても結局は『ブス』が含まれていますから、けなしていることに変わりありません。

しかしながら、単純なブスとは違うからこそちょうどいいのです。

その辺を解説致します。

ブスだけどアリなレベル

基本となるのは、『ブスだけどアリなレベル』ということです。

ブスにもアリとナシがありますが、ちょうどいいブスというのはアリに含まれます。

 

ナシのブスというのは、『関わりたくない』『一緒にいる理由がない』など男性からは辛辣な意見が飛ぶ女性です。

一方のちょうどいいブスは、『関わるのはOK』『むしろ面白い』といったように前向きに捉えられることが多いです。

 

例えばあなたも、『ブサイクでもアリ・ナシ』が分かれませんか?

暗くてつまらないブサイクはナシだけど、面白いとか奢ってくれて、しかも下心を出してこないようならば『ちょうどいいブサイク』だと思いませんか?

男性が感じるちょうどいいブスもこんな感じです。

至るところで男にとって都合が良い要素があるからこそ、ブスでも『アリだ』と思われる訳です。

適当に扱える女

また、『適当に扱える女である』という点も、ちょうどいいブスの特徴です。

『適当ってどういう意味?』と思ったかもしれませんね。

一言で言うと、『一応やっておきたいけど気を遣わないでいい』という意味です…。

 

例えば美人相手だと、男は本気で手に入れたいため終始気を遣いますし緊張もします。

ありのままの自分を見せることができなかったり、その女性に全てを合わせるなどとにかく気に入ってもらえるように頑張る訳です。

 

一方でちょうどいいブスの場合、ストレートに欲を出したりします。

何をするかは男性によりますが、分かりやすく下心を出したり初デートでボディータッチをしまくったりと、簡単に言えば露骨な体目当て行動をする訳です。

『なんでそんなことができるか?』それは、『どうでもいい女』だからです。

つまり先ほども書いたように、『一応しておきたいけど、別に逃しても気にならない女』なので、紳士的な対応をしたり気を遣ったりはしないわけです。

 

こんな風に、雑に扱える女でありながらギリギリ許容範囲なのがちょうどいいブスです。

これが、完全なブスになると手に入れたいとも思わないため二人で会うことはありません。

なので、仮にもあなたが雑に扱われるようならば、ちょうどいいブスだと思われている可能性があります。

遊びや一晩ならばOK

『一応やっておきたい女である』と上述しましたが、もう少しはっきり書くと、『付き合うのはないけど遊びや一晩ならばOKな女』それがちょうどいいブスです。

彼女として連れて歩くのは恥ずかしかったり物足りないと思う訳ですが、たまに、本当に暇な時とか気分が乗った時に楽しむ相手としては適している訳です。

 

かなり酷いことを書いていますけどね。

それでもこれが男の本音です。

なので、『お前はちょうどいいブスだよ』とか言われたら、その男性やグループとは交流を切った方がいいかもしれませんよ。

 

彼らは友達ではなく、ただただ都合良く狙っているだけの可能性が高いです。

もちろん、それでもいいというのならば別ですが、基本的には見下したり舐めきっている女性に言うセリフですから、関わる相手は選んだ方がいいでしょう。

純粋に楽しい場合もある

ちょうどいいブスは見下されてると書いてきましたが、一方で、飲んだりしていると純粋に楽しい場合もあります。

というのも、『一応女としてアリなレベル』と思っている一方で、一切気を遣わないで良い相手ですから、はっきり言って何でもありなんです。

 

例えば下ネタを言ったり、酔った勢いで何かをしたり、こういうのもできてしまう訳ですから男は楽しいですね。

もちろん女性の性格次第なので全てが楽しいわけではないですが、ちょうどいいブスと言われる人の中にはこれらを一緒に楽しんでくれる人も多いため、そうなるとかなり盛り上がります。

 

下ネタを言ったらしっかり反応したり、体に触れ合ったりとかが頻繁にあるようならば、はっきり言って美人と飲むよりも男は楽しいですから、軽い感じの女性だとその場が盛り上がります。

何より、このタイプの女性には普段全くモテない人も多いため、その点で、飲み会等で男性にチヤホヤされることを喜ぶ人も多く、それが結果的に男も楽しかったりするのです。

 

一般的な女性は下ネタとかボディータッチをされるなんて嫌だと思います。

もちろんそれが当たり前なんですが、中には『それらをされることで満たされる』女性もいるようです。

普段女扱いされないと、下ネタでもボディータッチでも『女扱いされている』と感じるでしょうから、モテない女性ほどまんざらでもない反応をします。

 

ちょうどいいブスにはそんな人が多いので、からかうとかではなく、男性もそんな状況を楽しいと感じることがあります。

ブスだと認めている女性には誉め言葉

例えばあなたが『どうせ私はブスだし…』とネガティブになっているところに、友人男性が『いや、お前はちょうどいいブスだよ』と言ってきたのなら、これは誉め言葉です。

ちょうどいいブスも、状況次第では誉め言葉になりますし、この場合は見下されていません。

 

というのもこれ、男性の心理としては、

 

友人女性が顔で悩んでいる
慰めよう
でも、可愛いと言ったら完全な嘘になるしそれは言いたくない
そうだ!ちょうどいいブスと言おう

 

とこんな感じです。

 

要するに、『どうせ私はブスだし…』と悩んでいる女友達に対し『そんなことないよ』とは言いたくない訳です。

これを言ったら自分に嘘をつくことになりますから嫌なわけですね。

その一方で、『友達だから慰めたい』という気持ちもあるという、難しい局面です。

 

そんな時にピッタリなのが、『いや、お前はちょうどいいブスだよ』という言葉です。

この場合、『ちょうどいいブスってどういう意味?』と女友達に聞かれたら、『ブスではあるけど完全アウトではないってことだよ』と説明するはずです。

まだ救われると思いませんか?

もちろん、『コイツ最低』と思うかもしれませんけどね^^

 

いずれにせよ、男がこれを言った場合誉め言葉として使っています。

ただし、かなり親しい関係じゃない限り言わないでしょうけどね^^

それでも男は、ブスの女性に『そんなことないよ』とは絶対に言えないので、親しい女友達が悩んでいたら、かけてあげられる言葉はこれが限界のように思います。

どんな女がちょうどいいブス?

では、どんな女性がちょうどいいブスなのかということですが、外見に関しては、一般的には『痩せればイケる・可愛くなりそう』という雰囲気の人が言われる傾向があります。

つまり、ややぽっちゃり系の人がちょうどいいブスに該当することが多いわけです。

 

また性格は、はっきり怒らない人ですね。

要するにプライドが低く、何でも流されるままに受け入れてしまうタイプだと、ちょうどいいブスだと思われる可能性はかなり高いです。

また、『喧嘩するよりも仲良くしたい』という人も当て嵌まりやすいです。

 

これらの人は押しに弱く自己主張も少ないですから、結果的に『まあいっか』とその場では受け入れてしまうのです。

下ネタやボディータッチに関しても、その場では『拒絶したら雰囲気が悪くなるから』と自己判断して笑って流したりと、こんなタイプの人は『ちょうどいい』と思われがちです。

 

この性格、外見が美人だったらちょうどいいブスとは言われず、単純に軽い女扱いされます。

ちょうどいいブスの場合、外見がギリギリセーフだからこそちょっと扱いが違うのですが、根本は同じです。

 

つまり男は、それが美人なのかちょうどいいのかはあまり重視しておらず、『性格が軽いかどうか』をとても見ています。

軽い女と関わるとその分機会が増えるので男は楽しいわけです。

 

なので、基本的に『ちょうどいいブス』と言われてしまうのは良いことではありません。

『軽いブス』と言われているのとほぼ変わりませんし、どんな男性と関わっても真剣交際のチャンスは限りなく少ないので、もしも言われているようならば、自己否定を続けて誰に対しても毅然とした態度で臨めるようにした方がきっと幸せですよ。

 

モテる女性って、外見とか関係なく男に見下されない人ですからね。

そんな風になってみると楽しいかもしれません。

最後に

色々書いてきましたが、ちょうどいいブスというのは男にとって本当に楽しい存在ですね^^

軽い女って、関わるだけでワクワクするんです。

さらにその軽い女が『一応しておきたい』というレベルだったら本当に雑になれますから、これ程のものはありません。

 

女性にとっては、『都合良く奢ってくれるだけのおっさん』こんな感じだと思います。

こういうおっさんって、『一応切らないでおこう』と思いますよね。

一方で、『おっさんに嫌われてもなんとも思わない』でしょう?

ちょうどいいブスもこんな感じです。

 

なので、完全に見下している訳です。

 

どの世界にも勝者と敗者が必ずいますが、敗者でい続けるのは苦しいだけです。

ただし、どん底からのし上がることは目標になったりもするので、今が実は苦しい状態ならば、そこから脱する方法を考えたいですね。