男友達に贈るバレンタイン。義理チョコでも喜ばれる小悪魔テクニック

男友達へのバレンタインって、義理チョコでいい一方で、一応喜んでもらいたいですよね。

 

つまり、義理チョコとはいえあまりに素っ気なくされたりとか、『どうせ義理だろ』みたいな態度を取られたら、何となく気分が悪いでしょう。

 

しかしながら、好きな人に渡す訳でもないため気合いが入らず、それもあってかあまり喜ばれないのが男友達へのバレンタインなのでは?

 

そこでこの記事では、男友達が喜ぶバレンタインでの小悪魔テクニックを紹介します。

 

義理チョコでも、方法次第で男性は喜んだりドキドキするものです。

 

そしてドキドキさせられれば、友人関係においてあなたが有利になることもあります。

 

例えば、『あなたの頼みは何でも聞いてくれるようになる』とか、こういうのも全然あり得ます。

 

なので、『たかが男友達へのバレンタイン』と考えず、小悪魔テクを使ってしっかり喜ばせましょう。

男友達が喜ぶバレンタインの義理チョコ

メッセージカードがある

まずは、メッセージカードがあること。

 

袋の中や包装を開けたら、チョコと一緒にメッセージカードがあると、それだけで男性はドキッとします。

 

というのもバレンタインって男性にとっては期待する日です。

 

つまり、『義理チョコだ』と分かっていても、『もしかしたら本命かもしれない』と考えたい日なのです。

 

そしてそういう気分にさせられるのがメッセージカードです。

 

従ってそこに、『やや期待させるような言葉』が書かれていると、嬉しくなったりします。

 

例えば、いつもありがとうと書いた上で、

『たまにドキッとするよ』

『私のこと好きでしょ。』

『本当に義理だと思う?』

などのように、男友達だからこそ通用する『刺激的な冗談』を書く訳です。

 

こういうのがあると男性は嬉しくなる一方で、あなたのことがちょっと気になります。

 

男は『手に入るかも』と思った瞬間から意識しますし、そういうことがあると今までと対応や態度が全く変わったりもします。

 

なので、男友達へのバレンタインを単なるイベントとして終わらせたくないのなら、上記のようなメッセージカード作戦はありですよ。

 

ちなみに、『単なる友達だから変な感情を持たれたら困る』と思うのなら、後日冗談だと説明しておけばOKです。

 

まあ、ちょっとしたサプライズですね。

 

こんな遊びを含めると単なる義理チョコバレンタインでは終わらないですし、もしかしたらそれがきっかけで何かあるかもしれません。

 

なので、相手を選ぶ必要はありますがやってみるといいかもです。

 

特別な言葉を添える

続いては、渡す時に特別な言葉を添えるというやり方。

 

これも、盛り上がったりサプライズ的になるため、『男友達とはいえ単調なバレンタインではつまらない』と思うのならばアリかもです。

 

例えば、

『○○君だけ特別だよ』

『私の愛情入りだから』

とか、友達だからこそ言える言葉をサラッと言う訳です。

 

こういうのって好きな人に言うと緊張するでしょうし相手も緊張します。

 

しかし友達の場合、冗談だと分かる一方で男性はドキッとしたります。

 

なので義理チョコでも、『他の義理チョコとはちょっと違う存在』になりますし、そこから親しくなるとかこういうこともあります。

 

そもそも男友達が相手の場合恋愛は意識していませんよね。

 

一方で、今後特別な友達に発展するとしたらアリなのでは?

 

例えば何でも相談できる親友のような関係になったら色々楽ですよね。

 

なのでバレンタインで男友達に渡す場合には、そういう形で発展することも一応考えてみるといいかもです。

 

男女関係は何がきっかけでどうなるか分からないので、いつでも一工夫してみると良いことがあるかもしれません。

手作りチョコで『感想聞かせてね』と伝える

手作りチョコを渡し『感想聞かせてね』と伝える、こういう方法もありです。

 

たいていの女性は、『これ、自分で作ったんです』くらいしか言わないですよね。

 

男友達に渡す場合でも、『手作りなんだよ』くらいでしょう。

 

それだと男性としては、

『そうなんだ』

『料理上手いのかな』

くらいにしか思いません。

 

要するに『手作りです』とだけ言われても、感心はしてもドキドキはしない訳です。

 

これだと、せっかくのバレンタインなのに喜んでもらうことは難しくなります。

 

なので、『手作りだから感想聞かせてね』と期待させる訳です。

 

これ、何が期待なのかというと、

『この女性は自分の意見を求めている』

『もしかしたら、好意があるのかも?』

といったような心理変化が起こるため、結果的に義理チョコでも期待に変わります。

 

結局男は、バレンタインのチョコが欲しい訳ではなく(チョコも欲しいですが)、その女性と何かあるかもしれないという高揚感を求めています。

 

従って、完全に脈ナシの義理チョコバレンタインでは受け取る時も事務的になりますし、『お返しもしなくていいか』という心理になります。

 

一方で、『もしかしたら何かあるかもしれない』と思えた場合、色々頑張っちゃいます。

 

なので、手作りだから感想聞かせてとか、こんな一言でもあるとないでは雲泥の差です。

 

ですから、たかが男友達への義理チョコでも、気を抜き過ぎない方がいいですよ。

 

ある程度でも期待させることができればあなたが得をするので、やり過ぎない程度に楽しんでみましょう。

 

『お返しはデートがいいな』と冗談っぽく言う

『お返しはデートがいいな』と言う、こんなのもありです。

 

もちろん冗談っぽくですが、男は女性から『デートに誘ってほしい』と言われたらそれだけで盛り上がります。

 

それがたとえ友達でも、また冗談だと分かっていてもドキドキするのが男性です。

 

なのでバレンタインの時には、こんな言葉を添えて渡すのも喜ばす方法ですよ。

 

ちなみに、実際にデートに誘ってきたら、その時は友達感覚で奢ってもらうとかにしてしまえばOKでしょう。

 

それにこういう渡し方って、『男友達とはいえやや気になっている』とか、こんな関係の人ならば発展できる可能性もあります。

 

というのも、『お返しはデートで』と言ったら相手の心理を探れますよね。

 

その結果乗り気だったら、相手も単なる友達とは思っていない可能性があります。

 

一方で、『なんでデートなの?』とか冗談っぽく返されたら残念ながら脈なしかもです。

 

こんな風に、脈を探りたい時にも使える言い方なので、『バレンタインを機に男友達の気持ちを確かめたい』とか、こんな時には言ってみるといいかもですよ。

期待させることがポイント

これまでにも書いてきた通り、義理チョコでも喜んでもらうためには期待させることです。

 

男性に『もしかしたら何かあるかもしれない』と思わせることで、特別な義理チョコへと変わります。

 

男性ってこんな風に、義理だと言われているのに変な期待をしたりします^^

 

一方で、何もなく渡されたらさすがに男性も期待しません。

 

なのでバレンタインって、『どう渡すか?』がとても大切です。

 

女性によっては『何を渡すか?』に拘る人がいると思います。

 

しかし、究極的には中身は関係がありません。

 

つまり、5000円でも500円でも、あるいは手作りでも、『はい』と渡すだけではあまり意味がないのです。

 

それよりも、上述したようなテクニックを用いて相手をドキドキさせることです。

 

そうするとそこから何かが生まれたりもしますので、気になる相手ならばもちろん、男友達相手でも、渡す時に一工夫してみましょう。

男は義理チョコでも嬉しい

ちなみに男性は、義理チョコでも貰えたら嬉しいですよ。

 

つまり、『一切期待がなくても嬉しい』ということです。

 

さすがに、バレンタインにチョコを渡されて迷惑とか、こんな人はいないはずです。

 

なので、『普通に渡すだけではダメ』とか、こんなことは当然ないのでそこは心配いりません。

 

一方で、せっかくバレンタインだし、義理チョコとはいえ喜んでもらいという場合には、上記のようなテクニックを使うといいと思います。

 

相手や状況によって渡し方を考えてみましょう。

最後に

バレンタインって、1年の中で男性がもっともソワソワする日です^^

 

この文化は衰退傾向にあるかもしれませんが、それでも男性にとっては『現在の自分の価値が分かる日』だったりします。

 

なので、本命はもちろん嬉しいですし、義理チョコでも貰えると貰えないでは天と地ほどの差があります。

 

ですから、どんな態度だとしても、あなたから貰える義理チョコも確実に嬉しいはずですよ^^

 

バレンタインって、渡す側も勇気がいると思いますが、基本的に貰える方は皆嬉しいので、自信を持って渡しちゃいましょう。