夢を語る男性心理。語るのは好きな女性限定?脈の可能性も解説

男性が夢を語った場合、『どういう意味なの?』と気になったりしませんか?

 

彼氏ならばプラスの意味で捉えられることが多いかもですが、そうではない場合、どんな心理や意味なのかいまいち分からないですよね。

 

特にそれが気になる男性の場合、色々考えたり期待したりもしてしまうのではないでしょうか?

 

男性が夢を語る心理や状況には色々あります。

 

この記事では、それらについて書いていきます。

 

気になる男性が夢を語った場合脈ありなのかどうか、この辺が気になるかと思いますので、見分け方についても紹介します。

夢を語る男性心理

聞かれたから答えただけ

夢を語る男性心理、まず言えるのは『聞かれたから答えただけ』ということ。

 

何だか冷めた感じで悲しいかもしれませんが、夢程度ならば、たいていの男性は『聞かれたら答える』ものです。

 

つまり夢というのは、

『それは言えない』

『関係ないから。』

と濁す質問ではなく、『○○だよ』とあっさり答えられる質問ということ。

 

従って、まずはこんな心理があります。

 

一方で、『聞かれたから答えた』だったら、『さすがに自分が聞いたんだから分かる』と思いますよね。

 

つまり『自分が質問したんだから、なぜ夢を語ったの?なんて思わない』というのが普通かもしれません。

 

しかしこれは、冷静な場合です。

 

というのも、相手の男性を気になっている時には『良い部分しか記憶に残らないこと』もあるはずです。

 

つまり、『自分が質問した』という事実は消えて、『夢を語ってくれた』ということだけが残るとか、こういうこともあります。

 

もちろん、あなたがこういう状態に陥っているとは限りませんが、恋愛状態になるとどうなるか分からないのが人間です。

 

なので、念のためこんな視点も持ってみましょう。

自分について知ってほしい

続いては『自分について知ってほしいから語った』ということ。

 

男性は気になる女性には、

『自分について知ってほしい。』

『自分を受け入れてもらいたい』

と考えます。

 

例えばデート中に夢を語るのは、『その結果、女性がどんな反応をするかで脈を確かめるため』だったりもします。

 

つまり、

『夢に肯定的なら脈あり』

『夢に否定的なら脈なし』

とかこんな風に捉える訳です。

 

それにあなたも、『〇歳までに結婚して子供が欲しい』と夢を語った結果、『俺は結婚も子供も必要ないな』と言われたら、『脈なしだ…』と思いますよね。

 

男性も同じ心理なので、

『デート中である』

『いい感じである』

などの状況で、男性が自ら夢を語った場合には脈ありと思ってOKです。

 

この場合は、自分について知ってほしいのと、あなたが自分をどう思っているかを確かめたくて夢を語っています。

 

なので、付き合っていなくても『それを意識した関係の男性』が進んで語った場合には、脈ありと判断して良いでしょう。

 

気分が良くなったから話した

『気分が良くなったから話した』こういう心理もあります。

 

これは主に、友達関係の場合です。

 

友達の場合、親しければ何でも話すと思います。

 

一方で、夢というのは相手に取って興味がある話題とは限らないため、原則は進んで話すものではありません。

 

なので、それでも話すということは『気分が良くなっている』この可能性が高いです。

 

例えば一緒に飲んでいて楽しくなって、『つい自分のことを語りたくなった』とか、こういう状況ならば全然語っちゃいますね。

 

この場合、脈ありかどうかは難しいところです。

 

というのも友達ですから、

『安心しているから語った。』

『気になっているから語った』

どちらも考えられます。

 

純粋な友達でも親友のような関係性ならば何でも話し合いますし、お互いに夢を語ることもありますよね。

 

一方で、相手を意識している場合には『何とかきっかけが欲しい』と考え、気分が良くなったことを機に勝負に出た可能性もあります。

 

なので、友達男性が夢を語ってきた場合には、どちらの可能性も考えてみることと、

『その他の彼の態度。』

『自分がどうしたいか』

によって対応を決めるといいかもしれません。

 

ちなみに『あくまで友達であって恋愛関係になる気はない』という場合には、『ふーんそうなんだ』くらいに聞いておくと良いです。

 

こういう感じならば男性も脈なしだなと気が付くので、友達関係を継続できます。

好きな人限定ではない

これまで書いてきた通り、男性が夢を語ったとしても、それは好きな人限定ではありません。

 

むしろ、特別な意味はないことも多いので、自分が相手を意識し過ぎていないかに対しても、慎重になった方がいいですよ。

 

何より女性は『男性が○○と言ったら好き?』とか、割とこういうことに敏感になり過ぎです^^

 

気になる人に言われたら考えてしまったり、『期待したい』『脈を知りたい』というのはもちろん分かります。

 

しかし、過剰に反応し過ぎると疲れてしまうのではないでしょうか?

 

例えば夢を語るにしても他の言動にしても、自分に向けられた場合には嬉しいですよね。

 

一方で、気になる人が他の女に言っていたら焦ったり悲しくなりませんか?

 

例えば、ライバルだと思っている女性に彼が夢を語っていたら…。

 

不安で一杯になってしまうのではないでしょうか?

 

とはいえ実際には、『聞かれたから答えただけ』かもしれませんし、単純に『そういう気分になったから』の可能性もあります。

 

そしてさらに『好きなのはあなた』とか、こんな展開もある訳です。

 

なので、夢を語るなどの発言は、『好きな人限定とは限らない』と受け入れて、いつでも冷静でいましょう。

 

その方が、『これは、私のことを好きだから言っているな』とか読み取れるようになれます。

 

恋愛をするなら、自分が心理的に追い込まれないことが大切です。

 

いつでも冷静さを心がけましょう。

脈ありかどうかの見分け方

ちなみに、男性が夢を語った時に脈ありかどうかを見分ける方法ですが、これは夢を、

『聞いてほしいかどうか。』

『肯定してほしいかどうか』

などです。

 

これまでにも書いてきた通り、男は好きな女性には自分を理解してほしいため、特に夢なんかは語りたいものです。

 

なので、例えば二人でいる時に『俺、将来は…』とか聞いてもいないのに勝手に夢を語りだしたのなら、あなたに理解を求めている可能性が高いです。

 

そしてこの場合は、『あなたがどんな反応をするか』を気にしています。

 

ですから、何となくでも『夢を肯定してほしそうだな』と感じるようならば脈ありと捉えて良いでしょう。

 

その際は、

『いいと思う。応援するね』

『夢がある人って格好良い』

など、プラスの答えを言っておくと好印象です。

 

こういう反応だと男性としても、『理解してもらえた』という感じになるためより積極的になれます。

 

なので、あなたがその人を気になっている場合には前向きな返答をしておくといいですよ。

 

基本的に男性は、自分を理解してくれる人を好きになります。

 

従って、こういう時の返答次第で発展するかも決まってきます。

 

なのでその点では、『夢を語る』というのも気を抜けないポイントになります。

 

ですから気になる人と会話する時には『いつでも前向きな返答』を心がけてみましょう。

最後に

夢を語る男性心理を書いてきました。

 

たいていの男性には夢があります。

 

一方で、『理解されるか?』『笑われないか?』などの不安もあります。

 

そういう心理があるからこそ、理解してくれる女性には惹かれるものです。

 

何より男性は『信じてついて来てくれる女性』を大切にします。

 

なので彼氏が夢を語った場合には、『回答次第で未来が決まる』くらいの覚悟を持った方がいいかもですよ。