無口な男はモテない?そうでもない理由とNGな無口とは

話すのが苦手で常に無口だと『モテないのではないか?』と思いますよね。

女性から人気があるのは『話が面白い』『盛り上げ上手』といったようによく喋る男の印象でしょう。

それに、合コンのような場所に行けばどうしても盛り上げる男が目立ちますから、そういう時に無口だと『自分はダメだな』とか思ってしまうのでは?

 

私も無口なので気持ちは痛いほど分かります。

しかし、無口って決してモテなくないんですよ。

女は『弾けて楽しい人間関係』と『付き合いたい男』は全く別にしています。

そのため、会話上手でもモテない男もたくさんいますし、無口でもモテる男も多いわけです。

なので希望を持ちましょう。

 

以下では、そんな無口に対して色々書いていきます。

無口は意外とモテる

上述したように無口は意外とモテます。

それに交際は二人きりが基本ですよね。

常にグループ交際をする訳ではなく、一般的には彼氏彼女の二人きりの時間が多いはずです。

なので無口でも『彼女と会話ができればいい』ので心配いりません。

 

『大勢の中で話すのは苦手だけど、1対1なら話せる』こんな感じじゃないですか?

これならば全然問題ありません。

また、他にもモテる理由を以下で書いていきます。

女は自分が話したいため実は需要アリ

女というのは、概して自分が話したいものです。

こちらが無口でずっと黙っているものだから、『何か話して』とか言ってくる女でさえも、本当は自分が話したいんです。

そんなこともあり、『ペラペラしゃべらない男』というのは実は需要アリです。

 

それに、『ペラペラとずっと喋っている男』って、男としてもちょっと疲れませんか?

その人物の話が面白いかどうかに関係なく、ずっと話を聞くって疲れるでしょう。

もちろんお笑いライブを見に行ったとかならば、それは時間制だから別です。

しかし、本人が一人で気持ち良くなって喋っているだけの状態を、『楽しい』と感じる人はそうはいないはずです。

 

これは誰もが感じることですし、特に女は自分が『ペラペラ喋る側』になりたいためそういう男を嫌います。

その点無口ならば『この人なら聞いてくれるだろう』『取りあえず静か』という印象から実は好かれたりするのです。

雰囲気次第でちょうど良い聞き役に

それに、男性の雰囲気次第ではちょうど良い聞き役だと思われモテる場合もあります。

例えば無口でも聞き上手で、相槌を入れるのが上手かったら話し手は純粋に楽しいですから、『この人ともっと話したい』と思います。

つまり人は、『目の前の人物が話し上手か』を重視するのではなく、『聞き上手か』を見ています。

 

誰でも自分が気持ちよく話したいですから、それをさせてくれる人物ならば無口な男でもモテるわけです。

 

事実、自分で言うのもなんですが私は聞き上手です。

どんな話でもしっかり反応してあげるので、話し手は気持ち良さそうです。

一方で、自分から話題を提供することはほとんどありません。

このような、『聞き上手な無口』ならば全然モテるので、心がけてみるのはアリだと思いますよ。

余計なことを言わない格好良い男かも

『余計なことを言わない男は格好良い』この可能性もあります。

今の時代は分かりませんけどね、昭和の俳優は無駄口を叩かず黙っているのが格好良いとされていました。

つまり、雰囲気的にも無口でいいわけです。

 

それに、見た目の印象だけだったら『よく喋る女』よりも『凛とした女』の方が魅力的なのでは?

この辺は好みかもしれませんが、私は後者が好きです。

凛とした女は色気がある感じがしますが、よく喋ると失言も多いためイメージが崩れてしまう気がします。

 

こんな風に、『自分に自信をもって敢えて黙っている』というのも格好良さの条件かもしれません。

何より、『無口』ということをコンプレックスに思わない方がいいですよ。

そうすると自信がなくなりますからね。

『自分はこういう雰囲気なんだ』『無駄口は叩かない主義』と決めてしまった方が、断然モテるはずです。

プラス要素ばかり見れば無口はモテる

このように、無口もプラス要素を見ていけばモテることが分かります。

無口ってどうしてもマイナスイメージがありますが、それは思い込みです。

自分がコンプレックスに思うからこそ引っかかるのです。

 

別に、集団でいる時に騒げなくても格好悪くないですし、合コンで盛り上がれなくても不自然ではないです。

それよりも大切なのはポリシーです。

自分の『無口スタイル』を確立し、それを貫けばよりモテるので自信を持ちましょう。

NGな無口もいるため注意

ここまで、無口でもモテる理由を書いてきましたが、一方でモテない無口もいますので、自分がそれに該当していないか注意しましょう。

NGな無口だと完全にモテないため今すぐ改善するべきです。

以下は、モテない無口の特徴です。

無駄口を叩かないのではなく喋れない

『無駄口を叩かいから無口』なのではなく、『実際に喋れない』こういう人はモテません。

どういうことかというと、モテる無口というのは『必要な時にはちゃんと言葉を発せる』のです。

例えば『店で店員を呼ぶ』『おかしなことがあったら指摘する』『人に舐められない』など、自分にプライドを持っています。

その上で、『余計なことは言わないだけ』です。

 

一方でダメな無口は『自信や勇気がなくて店員を呼べない』『不満があっても指摘できない』『常に人に舐められる』といったように、自己主張ができなかったり言い返せない人です。

人の意見に流されるだけだったり、何でも頷いて反論しないなど、つまりは『単なる気が小さい人』だとやっぱりモテません。

 

女性の立場で考えたら、こんな人に魅力を感じるはずがありませんよね。

なので、もし現状がダメな無口に該当するのなら、何が何でも変わった方がいいですよ。

あなたがみっともない思いをしますから。

 

さらにこういう人は、人に流されて生きているため『無口の割にいつもヘラヘラ、ニヤニヤしている』とかこんな場合もあります。

これも当然格好良くないですから、『どう振舞うことが格好良いか』を十分に考え、これまでの人生を見返してやるようにしましょう。

とにかく暗い

とにかく表情が暗く、さらに何も話さないという『無口なだけでなく暗い人』というのはモテません。

女性はこういう男と関わりたいと思いませんし、男だって、こういう女は嫌ですよね。

 

『表情が暗いのは生まれ持った性格だ』と思うのならば、その考えは変えた方がいいかもです。

というのも、『性格は考え方の集合体』だと私は思っていて、つまりは、思考のひとつひとつをポジティブなものに切り替えていけば表情も明るくなるのです。

 

例えば、今あなたが抱えている闇も『自分の思い込みだ』と本気で思えたら、それだけで変わるかもしれません。

 

いずれにせよ、表情は大切です。

さらに、暗い顔をしているだけでなく一言も話さなかったら誰も近寄りません。

話さなくてもいいので表情は変えるように訓練しましょう。

たまに何か言えば愚痴

無口で最も嫌われるのがこのタイプ。

普段は大人しいのに、たまに何か話したと思ったら愚痴や悪口。

こういう人って印象最悪だと思いませんか?

日頃から、ネガティブなことばかり考えているからこそ愚痴などが飛び出してくるのでしょう。

 

一方で、愚痴や悪口を持ってしまうのは仕方がないことです。

その状態になることには原因がありますから、あなたがそうなっているのならばあなたも被害者です。

ただし、だからといって『口を開けば愚痴』という状態だと人は離れていくばかりになり自分が損をします。

 

女性だって、愚痴ばかりの人と付き合いたいとは思いませんし、こういう男はモテません。

 

愚痴をやめるためには自分が自覚をすることです。

たいていの場合愚痴っている認識がなく、気が付いた時には周りに誰もいなくなっています。

なので、周囲の態度に敏感になり自分の行いを見つめてみましょう。

そうすると、何がいけないのかが分かってきます。

会話が苦手な人が心がけたいこと

ここまで、無口でもモテるタイプとモテないタイプについてそれぞれ書いてきました。

簡単にまとめると、『モテるのは自信がある』『モテないのは卑屈』こんな感じと言えそうです。

 

ちなみに、『無口でもモテることはなんとなく分かったけど、それでも会話が苦手なのはコンプレックス』と思っていませんか?

そんなあなたのために、無口でも使える会話テクニックを紹介します。

 

ポイントは『余計なことは言わず聞かれたことに答える』『たまに質問をする』ということです。

まず、愛想を良くしていることが前提となり、そうするとたいていの人は自分から話しかけてきます。

そしたらそれに対し端的に答え、ある程度話が進んだら質問をすればいいのです。

 

また、会話のほとんどは相槌でOKです。

ただし、しっかり興味がありそうな相槌を打ちましょう。

そうすると女は『この人はちゃんと聞いてくれている』と思います。

 

会話がなくても『何か話さなきゃ』と焦る必要はありません。

相手が口を開くまで待っていてもいいですし、二人きりなら見つめてしまうのもアリです。

そうしたら女性が『何?』とか『どうしたの?』と言うでしょうから、『なんでもない』と言えばある程度会話が展開します。

 

男女関係なんて、言葉よりも相性ですから、話すことに重きを置く必要ないですよ。

かくいう私も、昔は『ヤバい、全く話せない!』と焦っていましたが、『別にいいか』と思えてから楽になった感じです。

なので苦手だと思わず、『自分はこういう男だ』と自信を持ちましょう。

その方が100倍楽ですし、恋愛も上手くいきます。

最後に

無口な人ってそれに悩みがちですが、『話さなきゃ』と思うと余計に追い込まれますから、その思考は辞めた方がいいですよ。

それに女は、こちらに興味を持っていると勝手に話し出すものです。

つまり、男が無口かどうかに関係なく、『女が話したいか話したくないか』でしかありません。

 

なので、『この子はたくさん話すな』『色々聞いてくるな』と思ったら脈アリ、『全く話さない子だな』『俺が無口だからいけないんだな』と感じたら脈ナシ、こんな判定方法もあります。

もちろん、全てがこの通りではないですけどね。

 

いずれによせ、自信がある男になることが何より大切ですから、それを目指して、楽しい無口ライフを送りましょう。

【関連記事】
女に絶対言ってはいけない言葉!知って得する処世術
女に嫌われない第一印象の法則!受け入れられるかの3条件