お化け屋敷デートがしたい男性の心理とは?なぜ男は怖いところが好き?

お化け屋敷デートに誘う男性っていますよね。

お化け屋敷を見つけると『入ってみようよ』と言い出したり、『○○のお化け屋敷行ってみない?』と言う男性、いるのではないでしょうか?

しかも女性が『そういうのは苦手』『入りたくない』と拒んでも、『そんなに怖くないって』『楽しいらしいよ』と強引に付き合わせるタイプ。

 

女性としては、『なぜそこまでお化け屋敷に拘るのか?』が気になりませんか?

男は全体的にスリルを求める傾向があるためそれも理由の一つですが、根本的な目的は全く別にあります。

 

むしろ男性としては、『お化け屋敷そのもの』には全く興味がないのです。

期待しているのは、『その中で起こり得ること』です。

以下では、お化け屋敷デートがしたい男性の心理について書いていきます。

女性といちゃつきたい

男がお化け屋敷デートを求めるのは、女性といちゃつきたいからです。

もちろん、全ての男がそうとは限りませんが、それでもほとんどの男はそうだと思って間違いありません。

というのもお化け屋敷では、その環境から自然に身体的な距離が縮まりますよね。

それが良い訳です。

 

男性が楽しいのは肌の触れ合いですから、お化け屋敷の場合それが発生しやすいのです。

だからこそ、男は積極的に機会を作ってお化け屋敷デートを提案するのです。

抱き着かれたい

例えば、一緒にいる男性が気になる人だったら、恐怖に包まれた環境の中ならきっかけ次第で抱き着いてしまったりしませんか?

お化け屋敷内を二人並んで歩いている時に、あなたの横から突如お化けが飛び出してきたら反射的に男性に抱き着いたりもありますよね?

男は、こういう目的のために誘っています。

 

それに、一度抱き着かれたらそのまま密着し続けるとかもできるため、それも狙いだったりします。

お化け屋敷では、普段の生活ではあり得ないほど女性との距離が縮まるため、それが楽しく積極的に誘う男性が多いわけです。

手を握りたい

また、手を握るタイミングとして抜群なのもお化け屋敷の長所です。

普通のデートだと『タイミングが分からない』という男性も多いですが、お化け屋敷の場合、勝手に触れ合いそのまま握れたり女性から握ってきてくれる場合もあるため、それを期待している人もたくさんいます。

 

女性も怖い環境の中では身近な男性に何となく頼りたくなったり、何より人肌が恋しくなったりもしますよね。

それに、女同士でお化け屋敷に入った時には手を握り合ったり抱き合ったりしているのでは?

 

つまり人は、危険や不安を感じると誰かを頼りたくなるのです。

そんな心理状態の時に、『男性』という自分よりも頼もしいはずの存在がすぐ隣にいたら高確率で肌に触れる女性も多いですから、それを目当てに誘っている男性もたくさんいます。

色々なところを触りたい

男がお化け屋敷に誘うのは、ほとんどの場合『女性の色々な部分に触れるかもしれない』と思っているからです。

こうして書くと『最低』『アホ』と思うかもしれませんが、これが男性の心理です。

なので、一緒に入るのならば『触れ合っても良い』と思える男性にした方がいいかもですね。

 

それに先ほども書いたように、恐怖環境だと身近な人間に頼りたくなるため、あなたから抱き着いたり手を握る可能性もあります。

もちろん、近くにいる相手がNG男だった場合、『こんな奴とは触れ合いたくない』という葛藤はあるはずです。

しかしそれでも、恐怖に負けて手を握ってしまうこともある訳です。

 

その点でも、お化け屋敷は意外にも『誰と入るか?』が重要ですから相手選びはしっかり考えましょう。

 

一方で、普段から仲が良い親友のような関係ならば男にも下心なんてなく、普通の遊びとして『入ってみようよ』と言っているだけの可能性が高いです。

この場合、本当に純粋な遊びです。

 

こんな風に、男性も状況次第で『下心のアリナシ』が変わりますので、あなたとの関係性で意図を判断してみましょう。

怖がる姿が可愛らしい

続いては、『怖がる姿が見たい』という心理です。

これは、既に交際しているとか一線を越えたとか、こんな関係の時に抱くものです。

 

付き合っているのならば、『お化け屋敷でいちゃつきたい』とかわざわざ考えません。

一方で、その女性を好きならば『怖がっている姿も可愛いんだろうな』と思うことはあります。

特に、お化け屋敷のような特殊な環境下では人は普段とは違った反応をしますから、そういう素顔が見たくて誘っている場合もあります。

 

あなたも、好きな人や彼氏の色々な表情が見たいと思いませんか?

男も全く同じで、喜怒哀楽を確認したいわけです。

従ってお化け屋敷デートは、交際の一つの想い出であり、誘った男性にとっては『こんな表情もするんだ』『怖がっている姿も可愛いな』とか確認する場所です。

 

なので、彼氏等に誘われた際には入った方がいいかもしれません。

どうしても無理ならば断わっても問題ないですが、基本的に『どんな怖がり方』をしても引いてしまう彼氏はいないはずです。

 

何より、男は本気で好きになっている時は何でも可愛く見えてしまうものです。

そのため、『嘘という裏切り』がない限り基本は好きでい続けます。

ですからむしろ、お化け屋敷デートはより愛情を深められるチャンスかもしれません。

ありのままに怖がって『可愛いな』と思ってもらいましょう。

頼られたい

ちょっとアホなタイプですが、頼られたいからお化け屋敷デートに誘う男もいます。

要するに、怖がっている女性に対し『俺がいるから大丈夫だよ』がやりたい男です^^

 

これって日常の緊急事態ならば分かるんですけどね。

お化け屋敷というあくまで作り物のアトラクションでこれをしても意味がないのかなと個人的には思いますが、それでも、こういう男性もいるようです。

 

男は女に頼られたいですし、それをされることで自分の存在意義を確認したりもします。

そのため、この『頼られる』という行動そのものには男性にとって大きな意味がある訳です。

実際に、職場でたくさんの人から頼られる人と全く頼られない人とでは自信のレベルが違います。

つまり男は、『どれだけ頼りにされるか』によって人生が決まるのです。

だからこそ、何とかして『頼られる状況』を作りたいわけです。

 

人によりますが、お化け屋敷デートもその一つとして捉える男もいます。

『ここなら女が頼ってくるはずだ』と考え、『それをされる幸福感を味わいたいから誘う』という訳です。

従ってこういう男性の場合、『触りたい』という下心はないかもしれません。

 

むしろ、このタイプの男は極端に自信がないため、『お化け屋敷だからいちゃつける』とか考えない可能性もあります。

いずれにせよ、少数派ではありますがこんな意図で誘う男もいますので、自信がなく寂しい感じの人に誘われたら、これを疑ってみましょう。

男にとってお化け屋敷は最高のスポット

男性にも色々なタイプがいますが、基本的にお化け屋敷は、男にとって最高のスポットです。

やはり、女性との距離が近いという点が男は一番嬉しく、交際前とか女友達といった、『まだ何もしていない関係』であるほど一緒に行きたくなります。

 

なので、先ほども書いたように女性は、誘われた際には『下心アリ』と思った方がいいです。

男にとっては最高ですが、女にとっては『好きな相手ならば良い』『そうでもない相手の場合アクシデントが起こる』という環境なので、十分に考えてから返事しましょう。

好きな人と行くなら徹底的に甘えよう

一方で、好きな人や気になる人と入るのならば徹底的に甘えていいと思いますよ。

怖い環境でも抱き着いたり手を握ったりってなかなか恥ずかしいと思いますが、お化け屋敷はそれがOKされた場所なので、入館した時点で男性の腕を掴むとか、このくらい全然問題ないです。

 

それに、そういうのをしても『軽い』とか思われませんし、男もある程度好意がないと誘いませんからむしろ嬉しいです。

 

私に言わせれば、お化け屋敷って男女がいちゃつく場所です^^

もちろんそれは冗談ですが、環境としては完璧だと思います。

なので、せっかく好きな人と行くのなら、ゴールに辿り着いた時には結ばれているくらいに盛り上がってしまうのも、アリかもしれませんね。

最後に

以前友人が、お化け屋敷で幽霊役の女性をナンパしていました^^

確かに、相手は幽霊のつもりでいるから、こちらが驚かないで『綺麗ですね』とか言うと恥ずかしそうに笑うんです。

 

どうでもいい話を書きましたが、要するに男にとって『お化け屋敷』という箱はどうでも良くて、重要なのは『その中身で何が得られるか?』にしか興味がないという訳です。

 

この考え方は基本どんなものにも当てはまります。

なので男性と関わる時には、『必ず何かしらの目的がある』と思った方がいいかもですね。

その方が、きっとあなたが得をします。