男が奢りたくなる女の特徴と男性心理!どんな女性に、どんな時に奢りたくなる?

男が奢りたくなる女には特徴があります。

女性ならばやはり、男性には奢ってほしかったり、デートをした結果奢りじゃないと安く見られた気分になったりもしますよね。

そのため、奢りたくなる女の特徴って興味があるのではないでしょうか?

 

一方の男にとって、奢ることへのハードルは様々です。

『女性相手ならば誰でも奢る』という人もいれば、『特定の相手にしか奢らない』という男もいます。

今回は後者の、『特定の相手』について書いていきます。

普段は奢ったりしない男が奢りたくなる女とはどんな人なのか?

男性がついつい『奢ってもいいかな』と思うような女性になれれば、デートが楽しいかもしれませんね。

とにかく外見が好みの女性

『とにかく外見が好み』こんな女性は奢りたくなる女です。

これは、美人とか可愛いということではなく、その男性にとって好みかどうかということです。

男は、完全に好みの女性と出会うと『この女性は今までの女とは違う』と感じるため、結果的に奢ったりするわけです。

 

やはり、そういう女性と出会えたら本気で落としたいですし、運命的なものを感じていたら初めから真剣交際も考えるため当然奢ります。

なので、とにかく好みの女性に対しては奢りたくなるのは男の特徴とも言えます。

 

またこの外見ですが、必ずしも『顔』とは限りませんよ。

つまり、スタイルとか雰囲気など、こんな特徴も含まれている訳です。

なので例えば、本当に落としたい男がいる場合には、その人の好みを徹底的に調べてそれに近づくという方法もあります。

それに、本当かどうか定かではありませんが、芸能人と結婚するような一般女性の中には、彼の好みに完璧に合わせて近づく人もいると聞いたことがあります。

男は何歳になっても単純ですからね。

『この人は自分の好みにピッタリだ』と思える女性が現れると特別なものを感じたりもする訳です。

たとえそれが『作られたもの』だとしても。

 

ですから、気になる人がいるようならば好みに近づいてみるのは良い方法です。

そしてデートの時に奢ってくれるようだったら、効果があったと言えるかもしれません。

食事デートが本当に楽しかった時

食事デートが楽しい時も奢りたくなります。

これも、『運命的なものを感じる』という意味では外見の話と同じです。

一方でこちらは『性格編』です。

 

つまり、デートするまでは『普通だな』と感じていたり、『色々話してみないと分からない』と思っている段階だったとしても、食事をしてみたら想像以上に楽しいと、『こんな女性には今までに一度も出会ったことがない』と感じる訳です。

そうなったら奢りたくなります。

男が奢る基準って『デートの成立』ではなく、『楽しいデートができた時』というのが圧倒的に多いです。

デートが成立しても、その1日がつまらなかったら『割り勘でいいや』と考える人もいますが、楽しい時間がずっと続いた場合には『この女性を逃したらもったいない』という心理になるため奢りたくなります。

 

一方で女性には、何が楽しくて何が楽しくないのか?そんな男性心理はなかなか分からないですよね。

完璧なデートができたつもりでも『割り勘だった』ということもあるのでは?

男が楽しいと感じるのは『女性が常時笑顔だった』『女性が楽しそうに話した』『次の約束ができた』『この子は俺のこと好き』と思った時などです。

こういうことがあると、『この子は特別』と思う傾向があるため奢りたくなりますし、『そうしないと失礼』という心理にもなってきます。

 

なので、逃したくない男性とデートできる時や、奢ってほしい時には頑張った方がいいかもしれません。

男に『この子は俺のこと好きだな』と思わせることができれば奢りたくなるのが男の特徴ですから、そんな心理をくすぐれればいつも出してくれるかもしれません。

雰囲気が軽くてイケそうな女性

『雰囲気が軽くてイケそう』これも奢りたくなる女の特徴と言えます。

というのも、男が女性と食事をする理由のほとんどは、『その後良い関係になること』を期待してです。

そのため、『すぐにできそう』という雰囲気の女性には当然奢ったりするわけです。

やはり、せっかくできそうな感じなのにそこで割り勘にしたら、『ケチな男』とドン引きされて終わりになってしまいますからね。

こういう時にはほとんどの男が奢るものです。

 

一方で、当然ですがこれは完全に遊びの女にすることです。

そのため、その日のうちにできなかったらそれで終了ですし、できたとしてもやはりもう関わらない可能性もあります。

そういう意味では、女性にはあまりメリットがないかもしれませんね。

女性自身も『いい男だし楽しんじゃいたい!』とか『寂しいから誰でもいい』というのならば別でしょうが、そうではない場合、奢ってくれるとしても先のない関係になりますから、男の下心を分かりやすく感じている時には注意しましょう。

自分が成功した時は女友達に奢りたい

これまでとは違う形で、恋愛感情はないけど奢りたくなる状況もあります。

代表的なものが、自分が成功した時です。

経済的な成功はもちろん、他にも社会的地位を手に入れたとか、何かを達成した時には女友達に奢りたくなったりすることがあります。

それは、以下のような心理からです。

数年来の友達に奢って成長ぶりを見せたい

例えば経済的に成功した時には、数年来の女友達を高い店に連れて行って、自分の成長ぶりを見せたいと思う男もいます。

昔の、まだまだ何でもなかった頃や貧乏だった時期を知っている友人だからこそ、『奢れるだけの男になった』と見せることで祝ってほしい訳です。

ちなみにこういう時には、同性よりも女性の方が心理的に満足するものです。

男同士だと、相手も負けず嫌いだったり嫉妬があったりで認めようとしない人もいますが、女性の場合素直に『すごい』と言ってくれるので、そこが男には嬉しい訳です。

 

こんな風に、自分の欲を満たすために奢ることもあります。

またそんな時には、『昔から親しかった女友達』が選ばれます。

先ほども書いたように、過去の苦しい時期を知っている女性の方がその分賞賛してくれるので、奢りたくなるのは昔からの女友達という訳です。

 

こんな男は比較的多いので、今から、この先成功しそうな男性とは親しくしておくと将来楽しいかもしれません^^

こういうのって、『1回奢って終わり』ではないですからね。

男としても、自分を高めてくれる異性が必要なので、そんな存在になれれば、ただの友達でありながら高い店に連れて行ってもらえるという、なんとも楽しい経験ができるかもです。

間接的に奢ることで共通の知人に自慢したい

ちなみにこの女友達に奢るという心理、『成功を称賛されたい』ということ以外に、『自慢したい』という心理もあったりします。

もちろん全ての男が持っている訳ではありません。

しかし中には、『誰か1人に奢ることで共通の知人に知れ渡る、それが自慢になるはず』と考える男もいるようです。

 

これは、実際にビジネスで成功している私の友人が言っていたことです^^

彼は昔から友達が少なかったようで、その過去を引きずっていました。

そして成功をきっかけに、見返すかの如く限定して奢るようにしているらしいです。

ちなみに、私もその限定された一人です(笑)

 

私は彼と親しいので、要望通り『アイツに高い店連れってもらった』と言いふらしていますけどね…。

そうやって、『自分は選ばれなかった』『あの時親しくしなかったから良い思いができていない』と思わせたいみたいです。

こんな風に、自慢したり後悔させたいために誰かに奢る人もいるみたいです。

 

昔の彼は完全に浮いた存在でしたが、そういう人とも親しくしていると、将来的に奢ってもらえる可能性もありそうですね。

奢りたくなる男性心理とは

奢りたくなる女の特徴や男性心理をまとめると、『その女性を運命だと感じた』『イケると思った』『称賛されたい』『利用したい』とこんなところでしょう。

全てが恋愛目的で奢る訳ではないですし、男が奢ることにはそれなりの目的が含まれていることが多いです。

 

これまで書いてきたことから、女性が奢られる機会を増やすためには『親しい男友達を増やすこと』かなと思いました。

恋愛関係の場合、感情が入る分奢りへのハードルが高まることがありますが、友人ならば男は、自分の価値を高めるために奢ったりしますから、男友達が多いほどその機会が多くなります。

実際に男友達が多い女性って、食事に行ったら奢ってもらえたりするのでは?

 

一方で、『男友達が多い女との交際はNG』という男性もたくさんいますから、この辺の判断は難しいところかもしれません。

最後に

奢りたくなる女の特徴について書いてきました。

ちなみに『結局美人が得をする』と思うかもしれませんがそうでもないですよ。

美人でもデートがつまらなかったらモテませんからね。

重要なのは楽しいかどうかです。

 

美人でモテている人は顔ばかりが目立ちますが、性格も良い印象です。

最終的には性格ですし、モテない人は否定的になっていたりもするので、もしあなたが現状モテないようならば、言動に注意してみると良いかもしれません。

【関連記事】
男に奢らせる方法!こうされると男は奢り続ける!