男が完全に我慢できなくなる女の仕草!確実に結ばれたい時の必勝テク!

『私は好きだしそろそろ一線を越えたい。でも、彼が全く下心を出してこない』こういう状況って、交際しているかどうかに関わらずありますよね。

女性も、必ずしも『付き合ってから男女の仲になるべき!』に拘っている訳ではなく、流れやタイミング、時間的に『そろそろだ』と思えたり、自分の気持ちがOKならば関係性は重視しないのでは?

 

それなのに、男が下心を出してこないなんて…『私をどうしたいの?』と思いますよね。

 

この状況、男性が極端に消極的か慎重か、あるいは度胸や経験がないなどが考えられます。

会っている以上嫌いではないですからあなたに興味を持っていますが、肝心の『発展のさせ方が分からない』のかもしれません。

 

例えば友達のような感じになっていたら男もタイミングが分からなくなってしまっていますしね。

そうじゃなくても普通に奥手な男も多いです。

 

今回紹介するのは、そんな時に使える『男が完全に我慢できなくなる女の仕草』です。

結局どんな男でも、我慢できなくなったら下心全開となり欲してしまうものです。

なので、『あなたがその人を好きでいつでもOK』と思っているのならば使える方法です。

 

なおこの記事は、確実に結ばれたい時の手法なのでやや過激に書いてあります。

『こんなのできるかい!』と思うものもありますが、『我慢できない仕草』としては有効なので、ぜひ試してみて下さい。

室内編

まずは室内編です。

部屋の中でもなかなか発展しないことってあると思いますが、そんな時に我慢できない仕草をすると男が豹変する場合もあります。

積極的に取り入れてみましょう。

正面から両腕を掴む

『正面から彼の両腕を掴む』これも我慢できない仕草です。

直立した状態で二の腕の当たりを掴みじっと見つめる、これは結構ありですよ。

要するにこれ『キスして』とか『しよう』のサインですよね。

これをされると、それまでは奥手だった男性でも我慢できなくなって抱き締めたり唇を奪ってくる可能性があります。

 

こんなことをするのは恥ずかしいと思うかもしれませんが、実はこの方法『女性が積極的になっている』訳ではないため比較的お勧めです。

というのも、女性は男性の腕を掴んで見つめただけで、その後の判断は彼に委ねている訳です。

なので、そこそこ親しい男女ならばある程度自然の流れでできるはずです。

 

例えば、冗談とかを言い合いながらでも、彼の腕を掴んで『ねえ』と呼び掛けてみるだけでも男は反応しますし、もちろん我慢できない場合だってあります。

要するにポイントは、

 

抱き締められる
キスできる

 

この距離内にあなたの体を置くということです。

 

この状態で見つめられたらたまらない男も多いので、結果的に結ばれる可能性が高くなります。

ボタンを外す

胸元をはだけさせる目的で、ボタンを外すのも有効です。

男は女の露出が好きですし、特に胸元が開いている状態だとどうしても見てしまうものです。

なので、どんな服を着ているかにもよりますが、敢えて『見えそう』な感じにしてあげると男性は我慢できなくなりますよ。

 

さらにこのメリットは、男の本能が刺激されることです。

要するに露出があると、それまでは何もしないつもりでいた男でも、『してもいいか』『しないと損』という感覚に変わります。

そのため積極的になったりボディータッチが増えたり、分かりやすく下心を出してくるはずです。

 

特に、室内で見えそうな状態になっている訳ですから我慢できないのは当然です。

なので、ボタンを少し外したり工夫して見えそうにするのはかなり効果的です。

 

ただしこの方法、わざと見せてしまうと逆効果です。

というのも、『見て!』『見たいでしょ!』と言わんばかりにアピールをされると男は引いてしまうのです。

そもそも男は、胸元や脚を見ることに罪悪感を持っていますから、それを女性が敢えてアピールしてきたら抵抗しますしドン引きもあり得ます。

 

なのではだけるにしても、自然な感じにしましょう。

男が最も好きなのは『見えそうで見えない』という状況です。

それを覗き込んで最終的に見えた時に幸せを感じるのです。

 

とても変態的なことを書きましたがこれが男の本音でありこういう状況にこそ我慢できません。

なので、わざと感無しに『ついつい見てしまう状況』を作りましょう。

またこの方法、部屋に入ったら上着を脱いでタンクトップになるとかもアリですよ。

脚を絡める

ソファに並んで座ってテレビを見たりしますよね。

その時に、『つま先や足首部分を彼の脚に絡める』こんなのも我慢できない仕草です。

初めのうちは、ノックするようにトントンと彼の足首付近をタッチしながら、次第に接触を大胆にしていくとかも良いです。

 

また最終的には、足首を絡めるだけでなくあなたの太ももを彼の太ももに完全に絡めそのまま抱き着きましょう。

これをやられて我慢していられる男なんていません。

 

これ、ミニスカートで生脚だったらとんでもないことになりますよ。

殆どの男がそのままことに及ぶでしょう。

 

男は身体的な接触面積が多いほど我慢できなくなるので、脚を絡めながら抱き着くという仕草はほぼ最強です。

私の場合ですが、これをされたら興味がない女性でも我慢できないので、これまで何度もデートしている関係ならば、高確率で結ばれるのではと考えられます。

キスする

最も確実なのはキスしてしまうことです。

ドラマや映画では『女性にいきなりキスをされて抵抗する男子』みたいなシーンがありますけどね。

一般的にはむしろ我慢できなくなる方が普通な気がします。

 

私自身、以前全くその気がない女性と終電を逃して泊まったことがあります。

何もせずに朝が来たら帰るつもりだったんですが、キスされたため結局盛り上がってしまいました^^

 

男は基本的に、キスされたくない女とは一緒にいません。

女性の場合、OKと思えるかどうかまで時間がかかるでしょうが、男は第一印象で全て決まるため関わっている時点でOKです。

なので、『私はもう一線を越えてもいいのに』と思っているにも関わらず彼が何もしてこないのならば、さっさとキスして流れを変えてしまうのも一つです。

 

さらに室内ならば、普通キスだけで終わらないでしょう^^

もちろん、いきなりされたらビックリはするかもしれませんが、それは嫌がっている訳ではないです。

なので、『あれ、乗り気じゃないのかも』と感じても気にせず続けちゃいましょう。

そうすれば、我慢できなくなって自分からあれこれしてきます。

屋外編

続いては屋外編です。

『何度デートしても自宅に誘われもしない』こういう状況の時に試してみたい方法です。

鈍感だったり臆病な男だとなかなか女性の気持ちやサインに気づきませんから、そんな時にはしっかり態度でアピールすべきです。

どこかで休みたい

飲食後に使えるフレーズが、『どこかで休みたい』です。

定番ではありますが、やはりこれは強いです。

デートの後半でも『ちょっと疲れたからどこかで休みたい』という使い方もOKです。

 

これを言われると、普通男は『OKなのかな?』と期待します。

しかし紳士的な男性の場合、『じゃあカフェで休む?』とか気が利かないことを言ってきます。

さらに、経済力がある男性ならば『体調が悪いならタクシーを呼ぼう』と送り返すプランを出してくるかもしれません。

 

そんな時も引かずに、『カフェより静かで二人きりになれる場所がいい』とか『帰るほどじゃないから静かな個室で休みたい』など、粘った方がいいですよ。

この言い方って重要で、鈍感だったり経験が少ない男の場合、『どこかで休みたい』を『本当に休みたい』と言葉のままに捉えますから、『静かな場所』とか『個室』と特定の施設を連想させる言い方をした方がいいです。

 

こんな風に、相手次第ではちょっと苦労がありますが、それでもこの『どこかで休みたい』は男を我慢できなくさせます。

それまでは普通にデートしていて、『今日はできるかな?』『今日も何もなく解散だろう』と思っていたところに、女性の方からOKを出してきた訳ですから我慢なんてしていられません。

 

なので、仕草としては定番ですがそれだけ使える方法という訳です。

 

特に奥手な男性は、深く誘うタイミングや方法が分からない場合もあるためこういうのも大切です。

そろそろ結ばれたいと思った時には取り入れてみましょう。

今日は帰りたくない

『今日は帰りたくない』これも男が我慢できない仕草です。

どこかで休みたいと似たようなフレーズですが、使う状況が異なるため覚えておくと便利ですよ。

 

例えば一緒に飲んでいて、男性が『遅くなってきたしそろそろ帰ろうか?』と言った時に、『今日は帰りたくないな』と言ったら可愛いですし、その後の展開を考えると我慢できません。

他にも、明るい感じで『○○さんと一緒にいると楽しいから、今日は帰りたくなくなっちゃった!』みたいのもいいですね。

 

いずれにせよ、男はこれをOKサインとして捉えるので、よほど予定があったりあなたを嫌いじゃない限り、『そんなこと言ってないで帰りなよ』とは言いません。

普通は、『そうか、じゃあどこかに泊まろうか?』とか『朝まで飲もう』となるので、そこで、『お酒はそんなにいいから静かなところに行きたい』とか、『○○さんの家で飲み直したい』と言ってしまえば完璧です。

 

こういう状況になると、普段は紳士的に送り届けてくれる男性でも我慢なんてしていられなくなりますから、結果的に発展します。

それに、男女が発展するきっかけってこんなものですから、言葉の一つ一つをチャンスと捉えて、何か仕掛けてみると結ばれやすくなりますよ。

腕を組んで胸を当てる

続いては、『彼にその気になってほしい』『誘ってほしい』という場合の方法です。

こんな時は、腕を組んで胸を当てるのがお勧めです。

男は、これをされるとどうしても厭らしい気持ちになるため、結果的に我慢できなくなります。

 

また、『胸なんて当てるほどない』という小胸さんでも、それは全く気にする必要はないです。

男が喜ぶのは『胸が当たっている』という事実です。

つまり、サイズは関係がないのです。

 

何より男性は、女性に密着されるだけで我慢できなくなりますから、そこに『胸が当たっている』という事実が加わると『誘ってみようかな』と勇気が湧きだしてきます。

なので、例えば食事を奢ってもらって親しくなった時に、その流れで腕を組んで胸を押し当てるなどは良い方法です。

 

そうすると男性の方から、『うちで飲み直さない?』とか言ってくる可能性も高いので、積極的に押し当てるといいかもです。

我慢できない仕草のポイント

我慢できない仕草のポイントとしては、

屋外ならば『OKサインと思える言動をして男をその気にさせる』

室内ならば『挑発的な行動で男の本能を目覚めさせる』

といった感じです。

 

つまり外にいる段階では、誘っていいのかどうか分からないと感じている男が多いので、それをブレイクさせます。

一方室内では、手を出していいのか分からない男も多いので、挑発によって我慢できなくさせてしまうわけです。

 

男女関係では、時には強引に結ばれた方が上手くいく場合もありますので、良かったら試してみて下さい。

この状況、どちらかが仕掛けないと高確率で終わるので、あなたが『発展しても良い』と思えているのなら、大胆な行動を取ってみるのもアリかもしれません。

最後に

男は、一度したくなると我慢が利かなくなります。

なので、その状態を作れてさえしまえば簡単です。

基本的にほとんどの男は女性の体が好きですし、抱き合ったりそれ以上のことをしたいと思っています。

なので時には攻めてみて、『欲しくて欲しくてたまらない』と求められてみるのも気分が良いかもしれませんね。

【関連記事】
部屋で二人きりなのに何もしない男性心理!なぜ?女と思われていない?その理由とは
密室でキスしたら男は我慢できない?状況別の男性心理を解説!