奢りじゃないと不満なあなたへ。大切にされるのは『割り勘』だった

『奢りじゃないと不満』このように思っていませんか?

確かに、『私にかけた金額=自分の価値』と判断する方もいるようですから、その考えならば、奢りじゃないと不満を持ってしまうのも分かります。

 

しかしながら、男性が大切にするのは『割り勘にした女性』です。

 

『奢り』『割り勘』それぞれに理由がありますが、奢りは『そうじゃないとダメな何か』があるからで、意図するもののほとんどは真っ当ではありません。

一方で、女性が不満を持つ割り勘ですが、印象こそ悪いでしょうが、男性は『特別だ』と感じるものがあったからこそ敢えて奢りじゃなく、『対等な関係』を選んだのです。

 

男も当然、『奢りの方が好印象』と知った上でそれをしていますから、そこから考えても、不満を持ってしまうのはもったいないと言えそうです。

 

この記事では、『大切にされるのは割り勘』をテーマに、

 

割り勘にする理由
奢りにする理由

 

をそれぞれ紹介し、最後に『割り勘男を選んだ方が良い理由』を解説します。

 

『奢りじゃないと不満だ!』と思う方は、『そうじゃない男性こそ真剣だ』なんて信じられないでしょうが、この記事が少しでも、あなたのパートナー選びに貢献すれば幸いです。

割り勘にする理由

男性は『割り勘にできる女性』が、気持ち的に楽です。

 

また、真剣交際や結婚をするのならば、やはり『楽』と思える相手がいいのです。

そのため、奢りじゃないとダメな女性は、遊び対象にはなっても、真面目に付き合う選択肢には入らない場合があります。

 

以下では、割り勘にする理由を紹介し、その中で『なぜその方が大切なのか?』についても書いていきます。

大切にしたいから

奢りじゃないことに不満を持っている場合、かなり意外でしょうが『大切にしたいから、敢えて割り勘』こんな男性が多いのです。

 

女性は、

 

好きなら奢り
真剣なら奢り
奢りじゃない場合、真剣度が感じられない

 

などと考えるでしょう。

 

でもそれらは、『一方的な願望』であり、『理想の現実』ではありません。というのも、性別に分けて願望を吐き出したら、当然『異性からは拒絶される』こんな形になってしまうのです。

 

『奢りじゃないと不満』このように訴えるのも、奢りじゃないことへの拒絶ですよね。男性の立場になれば、『なぜ奢りじゃないといけないんだ?』というそもそもの疑問が出てきます。

 

またそれは、『奢りを望む女性に対する不満』にも発展しますから、最終的には『その思考の女は大切にできない』この結論に達するのです。

 

一方で男も『奢りの方が印象が良い』これは分かっていますから、目的がある時には奢ります。それに関しては『奢りにする理由』で後述します。

 

ではなぜ、大切にしたいから敢えて割り勘なのか?ですが、それは、

・最初から対等な関係を築くため

です。

 

奢ったら、その時点で上下関係ができてしまいますが、割り勘ならばそうはなりません。大切にしたい場合、お金によって差を付けたくないので、だからこそ、奢りにはしないのです。

 

また、『割り勘にして、女性の本性を探る』こんな人もいます。

 

『奢りじゃなかったら次のデートはなし』と考える女性もいるでしょうが、男性にも『奢りじゃないことに不満を持つような女ならば、2度目のデートはしたくない』と考えるタイプもいます。

 

以上から、男が奢らない場合、『真剣である可能性』が極めて高いため、どうしても不満に思ってしまうようならば別ですが、基本的には『私を大切にしたいようだ』と捉えた方が、賢いと言えそうです。

結婚するなら割り勘

『結婚するなら、初めから割り勘にしておこう』と考える男性も少なくありません。

 

先ほども書いた通り、『楽な相手』こそが結婚の対象になりやすいです。そのため、『奢りじゃなくても全然OK』こんな感じの女性ならば、『特別な存在だ』と誰もが思います。

 

そのような人を見つけるために、最初から奢らないわけです。

 

ですから、本気で先がある交際がしたいのならば、『初デートで奢りじゃなかった』この事実があっても不満に思わない方がいいです。

 

そこで不満を持ってしまうと、『終了する』『体だけになる』このどちらかにいくことが多いので、あなたも本気ならば『なぜ奢りじゃないとNGなのか?』と真剣に考えた方がいいかもしれません。

 

また男性の中には、初デートの時点で、『結婚の有無』を感じ取るタイプもいます。例えば奢りデートをした結果、『奢りじゃないと不満な女』だったら、その女性が結婚前提で考えていても、男性は『ゴールはない恋愛』をする可能性があります。

 

つまり、奢りを受け入れられた時点で、『この女は違う』と判断し遊びに切り替えるわけです。こうなると、真剣に交際したい女性にとっては時間の無駄になりますから、『奢りこそ紳士的な態度』と考えるのは、改めた方がいいかもしれません。

 

男は、精神的・経済的に負担が少ない女ほど大切にします。また、初デートの時点で、

 

他と違って楽だな
気を使わないで済む
格好つけないで良いのか

 

と思えた方が本気になりますし本音も出します。またそういう関係こそゴールがあります。

 

普通の人ならば、『交際前』『交際後』『結婚後』これら全てを奢りにするなんて不可能でしょう。しかしながら、それを求める女性は多いですし、そうでなくても『最初くらい奢ってほしい』との主張もたくさんあります。

 

ですが、『最初くらい』と言っていても、女性によっては『最初のうちは頑張ってくれたのに、付き合ったら雑になった』と愚痴るタイプもいますよね。

 

男は、そういうのが面倒なのです。というのも、『最初の頑張りは手に入れるため』だからです。つまり、『雑になった状態が本性』です。

 

そして、『付き合ったら雑になった』と言われるのも分かっているので、だからこそ『未来を考えたい相手には初めから割り勘』こんな発想になってくるのです。

 

こうすれば、自分も後になって雑になりませんし、パートナーをガッカリさせることもありません。従って、奢りじゃないと不満に思う人もいるかもしれませんが、実は、

 

男は初めから本性である
女は後になって豹変されずに済む

 

という、『ウィンウィン』の関係なのです。ですから、奢りじゃないからといって、『ケチなダメ男』と不満を持ってしまうのは、違うと言えるでしょう。

 

 

一方で、どうしても奢りがいいのならば、高収入の男性を見つけるべきです。

 

年収が、最低でも1000万円以上ならば、基本奢りにしてくれたり、結婚後も、全て自分が負担してくれる可能性が高いです。

 

結局ポイントはこの『収入』の部分です。この記事で紹介しているのは、あくまで一般的な年収の男性ですから、ある意味では参考にならないかもしれませんね。

 

ただし、高収入男性は『それなりに綺麗な人を奥さんにする』この傾向があります。

 

従って最も重要なのは、あなたの外見と年齢です。そこが見合わないと『基本奢りはあり得ない』と考えるべきなので、『奢られる=女の価値』と思っているのなら、その思考が自分を苦しめる可能性もありますので、気を付けた方が良さそうです。

どうでもいいから

ここまでは、割り勘にする理由として『大切にしたい』『結婚を考えている』などの、男性にとって好印象な場合について書いてきました。一方で、『この女性はどうでもいい』と感じた際にも、奢らない場合があります。それについても解説します。

 

例えばデートをしてみて、『つまらなかったら奢らない』こんな男性もいるようです。

 

食事が盛り上がらない
女性の態度に不満アリ
下心を拒否された

 

など、自己都合により奢りじゃなくなることもあるようです。女性はこういう男を『クズ』と捉えるのではないでしょうか?

 

確かに、『遊び目的でデートをしたのに奢らない』これは、クズなんだと思います。

 

真剣ならば、今まで書いてきた通り『見極めたいから』『対等になりたいから』などの真っ当な理由がありますが、遊びの場合、それがありませんから、にも関わらず『気に食わないから奢らない』これは幼い行為でしょう。

 

この場合、かなり不満があるでしょうが、かといって『誘ってきたのはそっちだから奢るべき!』なんて言ったら、あなたの価値が下がります。

 

ですから、クズみたいなタイプと時間を過ごしてしまったのならば、『私としたことが』と反省して、次回は真面な相手とデートできるよう、しっかり見極める力を養うといいかもしれません。

奢りにする理由

男性は、『大切にしたい』『結婚を考えている』こんな相手にこそ割り勘にして勝負に出る傾向があります。

 

もちろん、上述したように例外もありますが。基本は、紳士的で割り勘ならば『真剣』と判断して良さそうです。

 

一方で、奢りにする理由は何なのか?それについて、これから書いていきます。

さっさとやりたいから

奢る理由として比較的多いのが『さっさとやりたいから』です。どんな交際かに関係なく、『取りあえず深い仲になりたい』この気持ちがあるからこそ『奢っちゃえ』と思うわけです。

 

つまり、『奢りにすればできるだろう』と思われているのです。

 

女性は勘違いしていることが多いですが、交際初期の頃に奢りにしたりマメに連絡をするのは『好きだから』よりも『したいから』の方が強いです。

 

まして、『まだ一線を越えていない』のならば、ほぼ100%『したいから』です

 

その証拠に、交際期間がそれなりになると、

 

奢りじゃない
連絡がない

 

こんな状態になるのでは?これに不満を持つ女性は多いですが、『金で頑張らせた末路』ですから仕方がありません。

 

このように、奢る理由は『性欲』が主です。むしろ女性相手ならば、性欲以外にないと言っても良いです。ですから、『好きだから』とか『紳士だから』と勘違いしてしまうとあなたが惨めになるので、現実を見た方がいいです。

 

女性だって、超高収入の男性と出会ったら、『すぐにしようとする』のではないでしょうか?実際に、あるデータによるとその傾向のようです。理由は『奥さんや彼女になれるチャンスを逃したくないから』です。

 

ハイクラスをじらしたところで、『だったらいいよ』とそっぽを向かれるのがオチですから、そんなことはせずに『欲しいものを与える』わけです。

 

男性が奢るのも同じ理屈です。『体が欲しいから、取りあえず奢って気に入られよう』この作戦です。

 

ですから、女性が気を付けるべきは『奢りじゃないと不満』この考えは取りあえず無くす、そして、『気前良く奢る男に注意』ではないでしょうか?

 

これが身に付いていると、『雑になった』と感じる頻度が激減します。

 

従って、初デートや初期の頃に、取りあえず奢ろうとする男性だったら、『割り勘でいいよ』と提案してみると、その後の関係がよくなるかもしれません。

短期決戦の体目当てアリ

『さっさと手に入れたい時は奢り』これは上記と同じですが、目的が異なるのが『体目当て』です。

 

体目当ての男性は、基本的に奢ってくれます。なぜなら、『その方が落とせる』と分かっているからです。

 

愚痴でも悪口でも『聞いて!聞いて!』系の話でも、面倒くさがらずに『うんうん、それでそれで』と興味津々になってくれて、更に金まで出してくれるんですから至れり尽くせりですよね。

 

こんな夢のような時間を過ごしたら、一瞬で好きになってしまう女性もいることでしょう。

 

しかし覚醒するのも早いもので、した翌日には、連絡が取れない場合も多いです。このように男は、明確な目的がある時には奢ります。

 

さすがに、ここでケチったらせっかくの計画が台無しですし、一般的には『下心を拒否された』程度では態度を変えませんから、『それが体目当てだ』と気づかない女性も多いです。

 

ですから注意が必要になりますが、『私は大丈夫』という自信がある方は、むしろこのような遊び人タイプを選べば、奢り続けてもらえます。

 

そうすれば不満はないでしょうし、たくさんの男から奢ってもらえるという楽しさを味わうことができます。

 

では、そんな遊び人をどうやって見つけるか?ですが、その方法は『あなたが変わる』これしかないです。

 

『真剣交際は求めない』この考え方を持つことで、どんな男性と出会っても先はありませんから、体目当てに辿り着く頻度が増えてきます。

 

従って、『奢りじゃない男はすぐに切り、奢りの男はキープする』、その上で、関係は一切持たない、この戦略をとっていけば、奢ってくれる男性がたくさんいて不満を感じることはないはずです。

 

もちろん、結婚も難しくなりますが、どうしても『奢りじゃないと不満』というのならば、このようなやり方もありますので、考えてみてはいかがでしょうか?

立場関係の確立

男性が奢りにする理由には、立場関係を確立させておきたい、こんな意図もあります。

 

真剣交際でもずっと奢ってくれる場合は、『自分の方が上である』とはっきりさせ、結婚後はまるで家政婦のようにこき使うつもりなのかもしれません。

 

例えば、高収入だけど忙しい男性ならば、家事については文句ひとつ言わず完璧にこなしてほしいはずです。また、『女はそれをするのが当たり前』と思っている可能性もあります。

 

その引き換えとして、『生活費は全て出してやる』これが、真剣でも奢るタイプの考え方です。

 

ですから、

 

家政婦のような生活で構わない
彼の仕事を応援したい
自己主張は一切しない

 

このような性格ならば、高収入男性との結婚もいけるかもしれません。

 

もちろん、『すべての高収入がこれに当て嵌まる』と言いたいわけではないですが、忙しい人は基本的に『雑用をしてくれるパートナー』を探す傾向があります。

 

女性はどうしても高所得者との結婚に憧れますが、『君は綺麗でいてくれればいいよ』といったように、セレブ的な生活ができるのはごくごく一部ですし、現実には『雑用係』になる可能性が高いので、その点でも、奢りに拘るのは浅はかかもしれません。

 

重要なのは、『自分がどんな結婚生活を望んでいるか』これをイメージすることなのかなと考えられます。

 

従って、『奢りじゃないと不満』と訴えるのは、『一体何が不満なのか?』と自問自答するべきです。『安く見られたから不満』これは答えではなく、もう一度書きますが、最も重要なのは『どんな結婚生活がしたいか?』になるはずです。

 

そのイメージが曖昧なのに、『デートしたのに奢りじゃなかった!』と不満を漏らしていても、単なる男批判になってしまい進歩がありませんし、良い相手にも巡り合えません。

 

ですから、

 

家政婦のような生活がしたい
ずっと笑い合える関係でいたい
私が主導権を握りたい

 

など、未来に対し明確なイメージを作った上で、『誰を選ぶか』を考えるのが、正しい判断ではないでしょうか?

 

もちろんあなたが、『奢りじゃない=大切じゃない。だから不満だ』、と思うのならば奢ってくれる男に限定し続ければいいと思います。

 

しかし、これまで書いてきた通り、女性に奢るのは、『何らかの目的があるから』であり、『大切だから』ではありません。

 

真剣交際をしていて奢ってくれる男性でさえも、『将来は家政婦だ』と考えている可能性がある訳ですから、『大切にされている』と捉えるのは違うのではないでしょうか?

 

『女性に奢る』これに対する捉え方は男女で大きく異なります。

 

男性=目的があるから
女性=大切にされているから

 

このように、どちらも自分の都合で捉えるわけですが、結局金を出しているのは男ですから、それが全てなのでしょうね。

 

従って、これから先あなたが不幸にならないためには、『この男はなぜ奢るのか?』と真剣に見極めることです。

 

それさえ心がけていれば、楽しいはずの結婚生活が家事代行業の日々になったり、信じていた男に裏切られる事態も起きなくなります。

 

異性の本音を、『自分の都合』で捉えると大きく後悔しますから、ある意味では冷め切った見方をした方が、いいのかもしれません。

割り勘男を選んだ方が良い理由

ここまで、『割り勘にする理由』『奢りにする理由』をそれぞれ書いていきました。簡単にまとめると、

 

割り勘にするのは真剣だから
奢りにするのは目的があるから

 

となります。

 

ここからは、割り勘男を選んだ方が良い理由をお伝えします。一言でいうと、

・体目当てじゃないから

です。

 

いろいろ書いてきましたが、最も警戒するのは体目当てではないでしょうか?奢りじゃない場合、そのリスクはほぼありませんから、これこそが『割り勘男を選んだ方が良い理由』です。

 

またそんな男性こそ女性を大切にすることは、今までお伝えしてきました。

 

初めから本性である
豹変しない
対等な関係

 

など、長く付き合ったり結婚するのならば、良いこと尽くしでしょう。

 

ですから、『せっかく出会ったのに遊びだった』こんな時間の無駄を避けるためには、『奢りじゃないと嫌!』とは考えない方が賢いのです。

 

そこに拘り、『奢らない男は論外』と切ってしまうと遊ばれる可能性も高いので、『金』ではなく『性格』を見るようにした方が、幸せになれそうです。

 

割り勘男性の多くは、『初めから本性を曝け出したい』と考え、敢えてそうしています。

 

また意外かもしれませんが、『男性も女性を審査している』のです。従って、『奢りじゃないなんて不満だ』と不機嫌になってしまったら、その時点で『不合格』と思われますし、『価値がない女』と見下されてしまいます。

 

ですから、仮にそれが不満でも態度には出さない方がいいですし、真剣に未来を考えたパートナーを見つけたいのならば、初デートをする段階で『奢りかどうか』には拘らず、

 

将来のイメージが作れるか
一緒にいて楽しいか

 

などを重視した方が幸せになれると言えますし、これは、欲を持たず、格好つけずに初めから全てを曝け出している、割り勘男性が相手だからこそ、成立することだと考えられます。

 

以上から、女性を大切にするのは『奢り』ではなく『割り勘』と言えます。従って、不満があるにしても、考え方を切り替えてみると、とても幸せな日々に恵まれるかもしれません。

最後に

ここまで、

 

大切にされるのは割り勘
奢りには下心や目的がある

 

などを書いてきました。

 

一方で、奢りじゃないことに不満を持つ気持ちも分かります。『奢り=女の価値』と捉えているのなら、確かに、奢りじゃなかったら猛烈に不満がありますよね。

 

しかしそれは、『奢ったのにやらせなかった』と不満を爆発させる男と同じです。

 

奢る男の中には『金を払ったんだから』『そのために払った』などのように、できるのが当然と思っている人もいます。

 

これらはどちらも、『一方的な都合』でしかないわけです。

 

奢ったのも男性の意思であり、『奢り=女の価値』と捉えるのも理想でしかありません。だからこそ、『金』で異性を判断するのは良くないです。

 

本気で幸せになりたいのならば、それこそ『価値がある女』と思われるように、他とは違う特別な存在になることが、望ましいようです。

【関連記事】
奢らない男の心理と奢ってくれる可能性!初デートでチェックしよう
割り勘する彼氏とは結婚しないべき?割り勘男の性格分析