彼氏できた?と聞く男性心理!好き?興味?目的を徹底解説!

彼氏できた?と聞く男性心理について紹介します。

職場や友人、その他どんな環境でも、ある程度親しい場合には聞かれたりしますよね。

こういうことを聞かれると理由が気になりませんか?

つまり、『好意があって聞いているのか』それとも『別の目的があるのか』といったように、なぜそんなことを聞くのかが気になるでしょう。

 

この記事ではそんな、彼氏できた?と聞く男性心理を紹介します。

この『彼氏できた?』に関しては割と多くの心理があり、状況によって目的が変わってきますので、その辺を分かっていると色々役立つかもしれません。

彼氏できた?と聞く男性心理

単なる情報収集

まずは、単なる情報収集として聞くという心理です。

例えば職場の同僚だったら、

『彼氏がいるのかいないのか?』
『いないと言っていたけど最近はどうか?』

などはチェックしておきたいことです。

 

特別それを聞いてどうするとかではないことが殆どですが、男同士でも情報を共有することが多いので、『いる・いない・できたかどうか』というのは気になる情報です。

 

なので、『聞けそうだったらとりあえず聞いておく』ということはあります。

例えば一緒に飲んでいる時とか、大勢での飲み会などのように聞きやすい状況だったら『いないって言ってたけど、彼氏できた?』とか聞いておいて、こっそり情報収集することはあります。

 

それにそうやって聞いておけば、誰かがあなたを気になっている時に『あの人彼氏いないらしいよ』とか言えますよね。

このように同じ環境の場合には、情報として聞くことも多いです。

好きではないけど知っておきたい

『好きではないけど知っておきたい』こういう心理もあります。

これは個人的な友達の場合。

 

この場合目的はいくつかあり以下のようになります。

『好きではないが狙っている』
『いるのかどうかだけ知りたい』
『彼氏がいるなら関わりたくない』

 

まず好きではないけど狙っている場合、このタイプだとしたら、彼氏ができたとしたら手に入れられる可能性はなくなりますよね。

男性としては体の関係を持ちたいとかそれだけの仲になりたいから関わっているため、彼氏ができたかどうかというのは極めて重要となり、だから聞いてくる部分があります。

従ってこのタイプならば、『できた』と言われたら離れていく可能性があります。

 

続いては、いるのかどうかだけ知りたい人。

これに関しては深い目的はないものの、友達としてそのくらいのことは知っておきたいと思っているため聞いていることが多いです。

なので、『できた・できていない』どちらの回答でも何も変わりません。

 

最後は、彼氏がいるなら関わりたくないという心理。

男性によってはこんな人もいて、理由は、

『彼氏に悪いから』
『自分が彼氏だったら嫌だから』
『関わるメリットがないから』
『都合の良い聞き役として利用されている気がするから』

など色々あります。

 

ちなみに『聞き役として利用されている』というのは、彼氏がいる女性の愚痴や悩み等を聞いてあげることそのものが『利用されている』という考え方です。

つまり、彼氏に聞いてもらえば良い話を、『彼氏に話したら嫌われそうだから男友達に』という形で自分が選ばれていることを嫌悪している訳です。

 

フリーの女性のそういった話を聞く分にはチャンスかもしれませんが、彼氏ありの場合何も期待できませんからね。

なので、そのように割り切って対応したいからこそ『彼氏できた?』と聞く男性もいたりします。

 

こんな風に、男友達でも彼氏できた?と聞く理由や心理は様々です。

特に、彼氏ができた途端に態度が変わる男性っていますよね。

それは上記の様な理由だったりもしますので、そんな時には『狙われていた』と捉え、むしろホッとした方がいいかもですね^^

親しいから応援するつもりで聞いている

『親しいから応援するつもりで聞いている』こんな心理もありますよ。

例えば親友のような関係ならば、以前から『彼氏が欲しい』という話を聞いていた場合『彼氏できた?』と聞くとか。

あるいは、あなたが辛い失恋をした場合に、『最近どう?』とか『彼氏できた?』と聞いたりすることもあります。

 

このように、本当に親しい場合には『彼氏できた?』は応援だったり近況確認の意味が強いです。

なので、特別下心はないことが多いのでその点は心配いりません。

 

それに親友のような関係の場合、変な意味なしで色々把握しておきたい部分もありますので、その点からも『彼氏できた?』と聞くこともあります。

なので、仲が良い時にはあまり考え過ぎないでいいかもしれませんね。

好意があるから聞いている

『好意があるから聞いている』この場合もあります。

例えば以前から好意を持っているけど伝えられずにいて『彼氏できた?』とか何となく気になって聞いているとか、こんな状況は全然あります。

つまりこの場合、告白だったりデートに誘うきっかけを作りたいからしている訳です。

 

聞いてみた結果『できた』と言われたら諦めたり取りあえず応援する、一方で、『できていない』と言われたら『じゃあ今度どこか行かない?』と言ってみるなど、こんな風に考えている可能性もあります。

 

やはり、気になる女性に彼氏ができたかどうかって重要ですからね。

できた場合には諦めないといけませんし、自分自身も前に進みたいため、何よりもそこが知りたい訳です。

 

なので、好意がある場合にも聞くことが多い質問です。

『できていない』と答えその後に遊びや食事等に誘ってきたら、『好意アリ』と捉えていいかもしれません。

ポイント

単なる情報収集
好きではないけど知っておきたい
親しいから応援するつもりで聞いている
好意があるから聞いている

彼氏できたと聞く男性心理ポイント

彼氏できた?と聞く男性心理のポイントは、『好きだから』よりも『情報収集や興味』の部分が強いということです。

好きな場合ももちろんあるにせよ、一般的には情報として聞いていることが多いので、そんな風に捉えておくといいかもしれません。

なので上述したように『その後に何らかの行動があるかどうか』で判断するといいですね。

 

例えばあなたも、単なる興味で聞いた場合には『ふ~ん』で終わりますよね。

一方で好きで聞いている場合には、『できていない』と言われたら『じゃあ今度…』とか話を展開させますよね。

心理を見抜くのならばここがポイントです。

冷静に分析してみましょう。

聞かれる女性の共通点

それから、彼氏できた?と聞かれる女性には共通点があり、それが『ある程度可愛い』『お洒落』ということです。

要するに、『ブスには聞かない質問』なので、聞かれた場合には『可愛いか、良い雰囲気の女だと思われている』と捉えてOKです^^

 

というのも、『彼氏できた?』という質問って一歩間違えると『好意アリ』と勘違いされますよね。

そのため、恋愛対象外の女性には一般的には聞きません。

それに、対象外の女性に彼氏ができたかどうかなんてはっきり言って興味がないので、それも聞かない理由です。

 

つまり聞かれた時点で、『好きかどうかは別として、異性としては興味がある』ということです。

そういう対象であることも理解しておくと、色々楽しいかもしれないですね。

好きな人に聞かれたらどう答えるのが正解?

ちなみに、好きな人に彼氏できた?と聞かれた場合には、『できてないから遊んで(笑)』とかが良いですよ。

こうすると男性も誘いやすいですし、仮に誘ってもらえなくても『冗談だと思ったんだろう』と納得できますよね。

 

実際私の体験談ですが、気になる子に『彼氏できた?』と聞いたら『できてないよ、立候補してくれる?』と言われそのまま付き合いました^^

 

こういうこともあるので、『できた?』と聞かれた時には思い切った返答をするといいかもです。

なので、相手が好きな人の場合には発展が期待できるような方法を考えてみましょう。

最後に

彼氏できた?と聞く男性心理について書いてきました。

こういう質問って、意外と女性の対応次第かもしれません。

つまり、『何となく聞いただけでも女性がその気だったら男性もそういうつもりになる』ということです。

 

もちろん全ての状況においてではないですが、こういうのってテンポで進んだりしますからね。

特に男性は、デートをすることに対するハードルが低いので、『遊んでよ』とか言われたら、『そのくらいいいかな』と思ったりします。

そこから気持ちが育っていくことは全然あり得るので、『彼氏できた?』に限らず、日常の些細な言動をきっかけに変えられると、気になる人と発展しやすいかもしれません。

【関連記事】
『彼氏できたでしょ』と男友達に言われるのはなぜ?いそうな雰囲気とは
彼氏いるの?と聞く男性心理。なぜ男は知りたがる?理由解説