プラトニックな恋愛をする男性心理!愛だけで満たされる理由

プラトニックな恋愛をする男性っていますよね。

 

それも、

『元々肉体関係が苦手』
『十分遊んだため居心地を求めている』

とかこういうことではなく、純粋に『プラトニックな関係でもいいから交際したい』と考える人。

 

要するに、

『彼女と付き合えるのならプラトニックでいい』
『好きだけど肉体的なことは全く望んでいない』

など、はっきり言えば普通とは違う男性です。

 

女性としては『プラトニックでいいから付き合いたい』と思われることなんて、女冥利に尽きるとも言えることなのでは?

 

世の中には実際に、プラトニック恋愛をする男性もいますので、この記事ではそんな、プラトニックな恋愛をする男性心理を紹介します。

プラトニックな恋愛をする男性心理

脳が異常を起こしている

最初に言えるのは『プラトニック恋愛は脳の異常である』ということです。

 

もちろん私は脳の専門家ではないのでその立場での見解ではありませんが、ただし男性心理だったり男の本能でいうと、『プラトニック恋愛は脳の異常』とも言えます。

 

というのも、男性はそもそも、『より多くの子孫を残したい』という本能を持っていて、現在ではそれが『多くの女性と関係を持ちたい』という願望になっています。

 

つまり、男性が女性を肉体的に求めることは本能であり正常なことです。

 

そのため『プラトニックな恋愛でもいい』と考えるのは、恋愛感情が本能的欲求を超越し、『ただ一緒にいられればいい』という気持ちに支配され、本来の目的を忘れてしまっているのです。

 

もちろんそれが悪いことではなくむしろ素晴らしいことなのかもしれませんが、『正常かどうか』という点では理性を失った行動とも言えます。

 

なので『プラトニックな恋愛でもいい』と考える男性は、その時点で感情に支配され冷静な判断力を失っている可能性があると言えます。

愛情が先行した

ではどうやって、プラトニック恋愛が成立するのかですが、これは『愛情が先行した場合』に起こりやすいです。

 

愛情が先行するとは、簡単に言うと長期的な片思い状態です。

 

つまり、『長期間好きでいる一方で触れることができない』こういう状態だと、『彼女となら、プラトニックな恋愛関係でもいい』と思えてきたりすることがあります。

 

この状態だと、自分の中でその女性のイメージを綺麗なものに作り上げます。

 

そのため、最初の頃こそ性的に惹かれていたとしても、時間とともに『彼女となら、そういうことなしでもいい』とか、こんな気持ちになってきます。

 

一方でこうなるには条件があり、それが『女性との接点が極めて少ないこと』です。

 

というのも接触機会が多いと、惹かれることも多いですが嫌な部分もたくさん見ます。

 

そのためプラトニックな感情は湧き起こらず、一般的な恋愛感情になることの方が多いのです。

 

反対に殆ど接点がない場合、例えば、

『月に一回程度しか会わない』
『会話さえしたことがない。』

とかこんな関係だと、自分で勝手にイメージを作っていくためプラトニックな感情に陥ることもあります。

 

このように、極端に愛情が先行するとプラトニック恋愛を受け入れやすくなります。

 

もちろん実際に付き合うことができたら『関係を持ちたい』と思うかもしれませんが、『なしでもいい』と考えることも事実です。

 

男性にもこんなタイプがいますので、もしあなたが本気でプラトニックを望むのなら、探してみるのもアリかもですね。

 

一瞬で恋に落ちた

それから、一瞬で恋に落ちた場合にも、実はプラトニック恋愛を許容できる心理になったりします。

 

男性の一目惚れには2種類あり、

『性的に惹かれたことを好きと勘違いした』
『本当にその一瞬で好きになってしまった』

どちらかに分かれます。

 

そしてたいていの場合は、前者の、要するに『やりたいだけだった』なんですが、ごく稀に『本気』があります。

 

その本気こそプラトニック恋愛です。

 

こういう時の心理って、

『この人のためなら何でもできる』
『この人となら触れなくてもいい』

とかこんな感じです。

 

つまり、『同じ時間を共有できるだけで幸せだ』という心理になる訳です。

 

もちろん実際に付き合ったら『する・しない』は別問題です。

 

ただし一目惚れした段階では、『プラトニック恋愛でいい』と思えてしまう部分があります。

 

極端な話、出会った女性が何らかの事情で『できない』としても、別にいいと受け入れられるのかもしれません。

 

男性にもこんな感情がある訳ですが、冷静に考えると、上述した通り脳の異常。

一時的な高熱に冒されてしまった感じ。

 

とはいえこういう人もいますので、例えば『一目惚れしました!』とか言われたら、賭けてみるのもアリかもですね。

プラトニック恋愛の実例

ここからは、プラトニック恋愛をする男性の実例を紹介します。

 

獄中結婚する男性

まずは、獄中結婚をする男性。

 

例えば、極刑が言い渡された女囚人と獄中結婚をするとか、こんな男性もいますよね。

 

実際に、世間を騒がせた事件の女囚人が何度も獄中結婚をしていますが、この男性たちは、完全なプラトニック恋愛になるはずです。

 

どんなに願っても、その女性と関係を持つことは不可能ですから、男性的な欲求や本能を越えた『愛情』だけで結ばれた形と言えます。

 

何よりこの結婚には、男性にとって物理的なメリットは一切ありません。

 

ただ純粋に『気持ちで繋がる』という満足だけのために結婚したのではないでしょうか?

 

こうして考えると、最終的には男も『精神的な幸せ』だけを求めるのかもしれませんね。

 

それからこのケースは、『どう願っても手に入らない』という障害が、余計に気持ちを加速させたとも考えられます。

 

男性は、手に入らないものほど欲しがります。

 

だからこそ、『塀の中の女性』という特異な環境下の人に恋心を抱き、『プラトニックな恋愛でもいい』と思えてしまったのかもしれません。

 

ちなみにこのように男性は、障害が多いほど燃えるので、基本的に女性は『高嶺の花』を演じた方がモテたりします。

 

芸能人などを本気で好きになる

続いてのプラトニック恋愛の実例は、芸能人や有名人を本気で好きになるというケース。

これは近年多いですよね。

 

こういうのも、純粋に応援しているだけでなく『本気で好きになっている人』もいるはずです。

 

またその中にはやはり、『彼女と恋愛できるのならプラトニックでいい』と考える人も少なくありません。

 

というのも、芸能人などの存在は、上述した『長期的な片思い』という対象になりやすいのです。

 

さらに芸能人の場合、『良い部分しか見ない』のが基本ですよね。

 

つまり、

『テレビなどで見る可愛らしい姿』
『イベントや握手会で見せる笑顔』

など、こういったポジティブな部分しか知らない訳です。

 

要するに本性を知らず、今ある情報だけで『彼女はきっとこういう人だ』とイメージを作るため、気持ちが加速しやすいのです。

 

その結果、『彼女となら、プラトニック恋愛でもいい』とか考えるようになります。

 

なので、例えば出会った男性や彼氏が『アイドル好き』だった場合、ある程度疑った方がいいかもですよ。

 

というのも、もしかしたら『本当に好きなのは、あなたではなくアイドル』かもしれないからです。

 

要するに、あなたと恋愛をするのは『体だけ』で、気持ちはアイドルにあるとかこういうこともないとは言い切れません。

 

男は『彼女とならプラトニックでもいい』と思える存在がいる時点で、その人が一番好きです。

 

交際なんてしていなくても、あるいは会ったことがなくても一番好きなので、その辺は気を付けた方がいい部分とも言えそうです。

 

既に結婚した元カノに未だ未練がある

『既に結婚した元カノに未だ未練がある』稀ですが、こんなケースもあります。

 

『元カノのことがずっと忘れられない』
『新しい恋愛をするものの消えない。』

とか、こんな形のプラトニックもあります。

 

ストーカーにならなかったバージョンですね^^

 

元カノは既に結婚してしまった訳ですから今更どうにもならない訳ですが、それでも好きでい続けるとかこんな状況。

 

こうなると、『彼女が幸せでいることが自分の幸せ』とかこんな気持ちになります。

 

なんとも切ない形ですが、その恋愛は彼にとって特別だったという訳です。

 

そして現在は、

『体の関係を持ちたい』
『もう一度時間を共有したい』

とかこういった欲はなくなり、『ただ幸せを願う』という形のプラトニック。

 

こんな人もいる訳です。

 

それに、もしかしたらあなたにも、『忘れられない男性』がいたりしませんか?

 

その後誰と交際をしても『その人を超えることはない』とかこんな恋愛。

 

男性にもそういうことがあったりします。

 

それから仮に、こういう人が彼氏だとしても原則問題はありません。

 

プラトニックな気持ちは秘かに持ち続け、現実的な恋愛を全うするはずだからです。

 

しかしながら、その思い人がフリーになり、さらに再会してしまったらどうなるか分からないことは問題です。

 

なので、好きな人がいつも誰を想っているかに関しては、敏感になっていた方がいいかもですね。

偶然の巡り合わせで成り立つ恋愛

プラトニック恋愛って、偶然の巡り合わせで成り立つ形と言えます。

 

男性が恋愛をする基本は、

『気になる』
『関係を持つ』
『好きだと確信する』

の順です。

 

つまり、体の関係を持って初めて好きと確信する訳です。

 

一方でプラトニック恋愛は『突然好きだと確信する』感じです。

 

つまり、『気になる』『関係を持つ』がありません。

 

こういうのって偶然が重なりあって起こることなので、一般的にはあまりないですね。

 

その点では、あなたの好きな人が『誰かにプラトニックな感情を抱いている』ということは極めて少ないので心配いりません。

 

一方で、誰かがあなたにプラトニック感情を抱くことも稀なので、原則は成り立たない恋愛パターンです。

 

女性によってはプラトニックな関係を望む人もいるかもしれませんが、現実的には難しいかもです。

 

冒頭でも書いた通り、男は本能的に体の関係を持ちたがります。

 

なので、あなたがどうしても無理な場合には、しっかり話し合うことが現実的な対応と言えそうです。

最後に

プラトニックな恋愛をする男性心理について書いてきました。

 

私はこういう状態になったことがないので分かりませんが、『プラトニックでもいい』と思えたら幸せかもしれませんね。

 

最終的には精神的な繋がりが大切でしょう。

 

しかしながら、『初めからプラトニック』という恋愛を受け入れられる男性は稀だと思うので、そこが男女で稀に衝突する部分ですね^^

 

『プラトニック恋愛希望』の男性を見つけたいなら、婚活アプリなどでそういう探し方をするのがいいかもです。

 

普通に恋に落ちた場合には、男は原則求めますから、そういうものだと思って男性を捉えると、色々トラブルを避けられるのかもしれません。

【関連記事】
男は体の関係なしでも付き合える?結婚するまでしたくない女性に対する男の本音