30歳以上の処女が卒業するためにはどうするべきか?男の本音

30歳以上で処女の女性が卒業するためにはどうするべきか?今回はこのテーマで書いていきます。

あなたが該当するのなら『まさかこんな年まで処女でいるなんて…』と愕然としているのでは?

そして、『今後もう、チャンスはないだろう』と半分以上諦めているのではないでしょうか?

 

その辺の『処女に対する男性の本音』についても書いていきます。

 

大切なことは『日一日チャンスが減っていく』ということ。

これからの衰え速度は速いですから『まだ大丈夫』なんて思っているうちに完全な対象外になってしまいます。

なのでそうなる前に対策しましょう。

 

ポイントは『とにかく1回経験すること』です。

これだけで見える景色や感じるものの全てが変わりますから、それを目標にしましょう。

30歳以上処女への本音

30歳以上処女への男性の本音、まずはこれを書きます。

男性経験がない女はここがダメ!引かれる理由と対処法』でも書いていますが、一般的にはかなり厳しく、また『無理・きつい・気持ち悪い』と思われてしまう場合も多々あります。

 

若い処女は優良物件ですが、高齢の処女は事故物件に等しいので、以下は覚悟して読み進めて下さい。

一般的には厳しい

外見が綺麗ならば、『外見はOK』になる場合がほとんどです。

実際に『30歳以上で美人な処女』って稀にいます。

こういう女性に対しては、『まあいいかな』と思う男も多いです。

 

しかし、実際に関わっていくと『やっぱり無理』と思ってしまうことが多いのです。

やはり、30歳を越えるまで男を知らずに生きてきたわけですから、『どこかちょっとおかしい感じ』がしてしまうのです。

 

会話がスムーズじゃなかったり急に暗くなったりなど意味が分からないことも多いため、そういうことに面倒になったり、『処女だ』と分かったら女そのものの見え方も変わるため興味がなくなってしまう場合もあります。

 

はっきり言うと『30歳以上で処女』と知ってしまうと、その時点でやりたい対象ではなくなることが多いです。

それまでは『綺麗な人だ』と思っていても、『処女か…』と感じたら重いし抵抗がありますし、『30歳以上の処女を相手にする』これをイメージするとネガティブ要素しか浮かばなくなるため、だから多くの男は『厳しい』と感じます。

年齢次第では気持ち悪い

30歳前後ならばまだいいですが、これが40歳前後やそれ以上になるとほぼアウトです。

はっきり言って、『その年で処女は気持ち悪い』というレベルです。

もちろん『それでもいいからやりたい』『好き』という男性もいますが、多くは『無理』と即答するはずです。

 

あなたが40歳以上だったらショックかもしれませんが、これに関しては、20歳代には済ませていることが平均なので仕方がないと割り切った方がいいです。

それよりも、後述する『卒業する方法』を読んで行動しましょう。

チャンスがないわけではありません。

 

それに、40歳以上で処女だとほぼアウトなのは、『おばさんでしかないから』というのも関係します。

要するに皆、外見を磨くことも諦めて、『ただのおばさん』でしかなくなっています。

それだとさすがに女として見られないので、自分磨きに力を入れましょう。

やりたい対象ではない

基本的に、30歳以上の処女というだけで『進んでやりたい対象』ではなくなります。

男は綺麗だったり外見がそこそこの女性と出会ったら『やりたい』と思うのですが、処女だと知ったら感じ方が変わります。

 

なので、現状では男女関係のあらゆることにおいてネガティブな状況にいます。

 

一方で、『だから完全に終わり』ということではありません。

30歳以上の処女でもやり方次第でチャンスは作れます。

以下ではそれを書いていきます。

卒業する方法

ここからは、処女を卒業する方法です。

いい大人になってから卒業するとなるとそれなりの努力や工夫が必要になってきます。

 

始めに、体型管理ができていることは絶対条件です。

30歳以上の処女で太っていたら100%アウトなので、その場合はなにがなんでも痩せて綺麗になりましょう。

 

外見に問題があったら相手になんかされませんのでこれは絶対です。

体型が気になる場合は以下を読んで下さい。

関連記事:できるだけ楽して痩せる方法!ボディビル目指してた私が解説!

真面目な男を見つける

最初に考えられるのは、真面目な男性を見つけることです。

遊び人とかイケメンのようにモテそうなタイプは、『その年で処女?勘弁して』と高確率でなります。

このタイプの男はモテますから、面倒な女とやらなくても他にも選択肢があります。

 

一方で真面目な男ならば、あまりモテなかったり『どんな出会いでも大切にする』可能性があります。

そのため、『実は経験がないんです』と打ち明けても、『気にしない』と言ってくれるかもしれません。

 

ですから基本的には真面目で、あまりモテなそうな男性が良いと言えます。

また、原則は年上です。それもできれば10歳くらい上。

 

というのも同世代の場合、『その年で処女』というのは関わりたくない存在である可能性が高いです。

しかし年上ならば、例えばあなたが35歳でも、『まだ若い』と思ってくれる場合もあるため得ですよね。

ですから年齢は大切です。

 

くれぐれも、『若い男がいい』なんて思ったらダメですよ。

そういう人は一生処女のままです。

たまにこういう勘違いおばさんがいますが、はっきり言うと本当に気持ち悪いです。

 

大した魅力もなくしかも処女なのに、『若い男と付き合える』なんて思っていたらただのイカれた人ですから、その辺は注意しましょう。

 

ですから基本的には『真面目な年上男性』これにターゲットを絞ることが大切です。

婚活サイトを利用する

どうやって真面目な男を見つけるか?

これに関しては、個人的に婚活サイトがいいと思います。

 

『婚活サイト=真面目な男が多い』とは限りませんが、それでも、パーティーや合コン、出会い系よりかは真剣な人が多いです。

そもそも基本的には、真剣に結婚を考えている人たちが集まる場所ですからね。

 

合コン等に比べて遊び的要素も少ないですし、『真剣じゃないならば効率が悪い場所』それが婚活サイトでもあります。

ですから、『その年齢で処女でも構わない』という紳士的な男性を見つけたい場合には良いかもしれません。

 

また、婚活サイトを利用するのならば一つだけ絶対に守ってほしいのが、『30歳処女です』とかプロフィールに書かないことです。

さすがに見かけたことはありませんが、嘘をつきたくないからといって全て公開する必要はありません。

 

個人的なやり取りの中でそれとなく濁しながら伝えればいいので、この辺は注意しましょう。

 

いずれにせよ婚活サイトなら、しばらく文章でやり取りできます。

ですから、その中で『誠実そう』とか『話しやすい』などを判断できるためやりやすいでしょう。

 

それにはっきり言って、パーティーに参加して男性と会話をする自信がありますか?

合コンも、気が付いたら浮いている可能性だってあるでしょう。

ですから、『どんな環境ならばやれそうか』をじっくり考えてみましょう。

 

ちなみに私が利用したおすすめ婚活サイトは『ブライダルネット』です。

公式サイト:ブライダルネット

ブライダルネットはSNS型なので、連絡先を交換するまでに相手を十分に知れることが特徴です。

あなたの全てを受け入れてくれる誠実な男性が、ここなら見つかるかもしれません。

男友達に頼む

『男友達に頼んで卒業させてもらう』こんな方法もありますし、個人的にはお勧めです。

私は男なのでその立場で言いますと、女友達が処女で困っていたら卒業させてあげます。

もちろん、

 

女友達の外見次第
女友達が望むなら

 

ですけどね。

 

付き合うのは難しくても、卒業させてあげるだけならば良い場合も多いので、信頼できる男友達がいるのならば頼んでみるのもアリです。

 

ちなみに、『付き合うと卒業させるだけってどう違うの?』ともしかしたら思いましたね?

『付き合うとはカップルになること』『卒業させるだけとは、一度肉体関係を持ったらそれで終わり』ということです。

 

要するに、本当に『処女の卒業を手伝うだけ』であり、彼氏彼女の関係になるとか、好きとか、まして結婚を考えるとかそういうややこしいことは一切ありません。

 

『最低だ』と思ったかもしれませんが、何でも話せる男友達がいるのなら、話してみる価値はあると思いますよ(もちろん無理にとは言いません)

というのも、今行動しなかったら一生処女のままかもしれません。

嫌ですよね?ならば、好きとかそういうのは関係なく、『経験だけでもしておきたい』とは思いませんか?

 

それに、『一度でも経験したか』『全く知らないか』この違いは非常に大きいです。

あなたは海外旅行の経験がありますか?私はありません。

なので海外については一切知りません。

 

しかし、一度でも行ったことがある人はそれなりに語ることができますし、『次はここに行きたい』『これは余計だった』『海外ではこうするんだな』といったように、期待や反省ができます。

 

男女関係も同じです。

たった一度の経験でも『こういうものか』から始まり、『もっとこうした方が良かったかな』『男はこんなことをされると嬉しいようだ』『次はこうしよう』といったように色々考えます。

だから経験豊富な人は男女どちらともモテますし、何歳になっても恋愛を楽しめるわけです。

 

なので、頼める相手がいるのならばこれも一つの方法です。

はっきり言って、1回だけならば外見がOKなら抱いてくれます。

冗談っぽく言ってみるとかで、相手の気持ちを探ってみてはいかがでしょうか?

好きに拘らないこと

ちなみに男友達に卒業させてもらう場合、好きにならないことが条件です。

女は一線を越えるとすぐに好きなってしまうようですが、今回の場合それはマナー違反です。

もし敢行するのならばそこだけは守りましょうね。

 

友達としても、好きになられて今の関係を壊すのが嫌だからと断る可能性もあります。

その一方で男には、『やれるならやっておきたい』という欲もあるため強い葛藤が生まれます。

だからこそ、『好きになったりしない』という一言が重要なのです。

 

ただし卒業させてもらった場合、現実的にはそれで友達関係は終了し疎遠になると思います。

多分、あなたが気まずくなってもう会えないでしょうね。

あるいは好きになってしまい、強烈に意識してどうにもならないくらい苦しくなる。

 

しかし、それでも卒業できるのならばした方がいいと、私は思います。

恋愛には『大切な友人と二度と会えなくなるリスク』が常にあります。

なので、仮に友達と関係を持ち、ギクシャクしたり犬猿の仲になってもそれはそれです。

重要なのは『経験すること』です。

 

ある程度は強引で良いですし、人間関係を壊してでも次のステップに進むべき時があり、あなたにとってそれは今です。

どんな方法でもいいので、絶対に卒業しましょうね。

最後に

男には金で卒業できる場所がある意味公式に存在するので、その点女性は大変だと思います。

しかし、それを言っても仕方がありません。

 

それよりも処女問題って、『やっておけば良かった』と後悔する類の中で、最もどうにもならないことのはずです。

例えば40歳の人が、『今から英会話なんて遅い』と日々迷っていても、語学は50歳からでも始められます。

一方でこの人は、50歳で英会話を始めた時に『40歳からやっておけばよかった』と確実に後悔します。

 

今あなたは『あの時何としてでも卒業しておくべきだった』と後悔するかどうかの瀬戸際にいます。

 

多分、『でも』と引っかかるものが多数ありますよね?

『顔に自信がない』『太っている』『人間関係が苦手』など、色々あると思いますが、努力できる部分はするしかないし、気にしても仕方がない部分は割り切るしかないです。

 

それから、男と交わることって別に怖いことじゃないですからね。

30歳以上で処女だと思い込みが半端ないはず。

そういうのは邪魔なだけです。

今必要なのは『なにがなんでも卒業する』という気持ちだけなので、それ以外はすべて捨てて突っ込んでいきましょう。