これがあったら脈ナシ確定!男が興味ない女に取る態度

男性と話していて、『この人、私に興味なさそう』と感じたこと、ありませんか?

気になる人に勇気をもって話しかけたら、『全く興味がなさそうだった』などのように、その態度に愕然としてしまう場合もあるでしょう。

 

一方で、男性の態度がどんなものでも、『きっとまだチャンスはある』と思いたいのが普通ですよね。

また男は、女の前では格好つけたりもしますから、素っ気ない態度は敢えてだったり、興味ないように見えても『実は以前から気になっていた』とかも全然あり得ます。

 

むしろ、好きな子が話しかけて来てくれたことに対し、露骨に嬉しそうにする男の方が珍しいです。

たいていは、緊張したり格好つけたり、目を逸らしたりしますので、その点で『興味ないんだな』と感じるような仕草でも、実は可能性があります。

 

一方で、本当に興味がなく、だからどうでも良さそうな態度を取っている場合もあります。

従ってこの記事では、男が興味ない女に取る態度について、『これがあったら脈ナシ確定』と言えるものを紹介します。

興味がないのか、照れているだけで実は嬉しいのか、その曖昧な態度から本音を探ってみましょう。

返信が遅い・ない

男は、興味がない女には『メールやラインの対応が雑になる』傾向があります。

女性に対する気持ちレベルを以下としますが、

 

1.好き
2.気になっている
3.遊びたい
4.友達
5.どうでもいい

 

『4』『5』の友達とどうでもいいの場合、返信速度が遅れたり返さない場合も多いです。

 

内容が報告系だと、『これは返さないでOK』と捉える男性も多いですし、友達以下で気にもなっていない場合、『この女、なんでこんなメール送ってくるんだ?』と疑問が残るだけで、それ以上やり取りをしないことも多いのです。

 

一方で、『1~3』に該当する気持ちレベルならば、基本的には早く返信します。理由は『狙っているから』です。

 

真剣にせよ遊びたいにせよ、『その女性をどうにかしたい』と思っている場合、せっかく連絡が来たら、それなりの速度で、そして丁寧な内容にするのが基本です。

ですから、連絡したのに遅いとか返ってこない、その態度を何度も取られているのならば『私に興味がないようだ』と思って良さそうです。

 

あなたも、興味がない男性から連絡が来たら、『もう送ってほしくないため』返信を遅らせるなり無視するなりしますよね?

全く同じ心理ですから、この『返信速度』は、興味を計る上では有効です。

 

一方で、『現時点では興味がないだけ』の可能性もあります。つまり、『努力や工夫次第では好きになってもらえる』こともあるため、諦めるのはまだ早いかもしれません。

それに、ものすごくプラスに捉えるのならば、『メールが嫌いな人』という可能性も捨てきれません。

 

ですから、『100%脈ナシ』ではないので、まだ希望が持てる段階にいると思って良いでしょう。

話を流す

話しかけてみても反応が薄かったら、あなたに興味がないのかもしれません。

男は女性と話すのが好きですから、にも関わらずどうでも良さそうだったり聞き流すようならば、それは『興味ないよ』という態度の意思表示かもしれないわけです。

 

一方で、男は常に格好つけたい生き物です。そのため、『興味がないような態度でも実はそうでもない』場合もあります。

『女の前ではクールでいたい』こんな拘りを持った男もいますから、その場合、誰が話しかけても『私に興味なさそう』と感じるはずです。

 

従って、反応が薄いだけでは完全に読み取るのは難しいので、それ以外の要素も含めて、興味の有無を確かめてみましょう。

 

例えば、『この前海行ったよ』という報告系の話題をあなたがした場合。

これに対して、『ふーん』だけで終わるようならば、残念ながら興味がない可能性が高いです。

その女性に興味がない場合、意図的にその態度を取るというよりも、報告系の話をされても『だから何?』くらいにしか思えないため、結果『ふーん』が精一杯になるのです。

 

女性も、興味がない男に自分の話されたら『それが…?』と思うでしょう?同じです。

ですから、気になる人の態度が本当に素っ気なく、あまりにも冷たいようならば、興味を持たれていない可能性が高いです。

 

一方で、『ふーん』と素っ気ない反応だったとしても、『で、どうだったの?』といったように、その話題に興味を持って質問してくるようならば、結局はあなたと会話を続けたい可能性がありますから、その態度ならば『興味がなさそうに見えるが、実はある』と言えます。

 

このように、『話を流す』に関しても、『興味アリとナシ』が分かれますので、気になる人の態度はどちらなのか?しっかり見極めてみましょう。

 

相手のことが好きだと、プラスマイナスどちらにも捉えやすく、また思い込みもあるはずです。

 

期待が先行して失敗する
思い込みで自滅する

 

など、この時点ではどちらもあるので、相手の態度を冷静に判断してみましょう。

誘いを断る

『勇気をもって、気になる人を食事に誘ってみた!』その結果断られたら、脈ナシの可能性が高いです。

 

これまで、

 

返信が遅い、ない
話を流す

 

について書いてきました。

 

その時点ではまだ『諦めるのはまだ早い』といっても良い段階でした。

しかしこの『誘いを断る』からは、興味がない女に取る態度として、核心的な部分と言えます。

 

例えば、気になる男性から食事に誘われたら、まず断らないですよね?

『今度の金曜日空いてる?』と言われ、その日がどうしてもダメだったら、しつこいくらいに無理な理由を説明し、他の日に誘ってもらえるようにするでしょう。

 

つまり、『基本的に、興味がある人から誘われたら断らない』訳で、『どうしても無理ならば、代替案を提示する』のが一般的な恋愛における気持ちです。

ですから、もし勇気をもって誘った結果、『無理』とか『空いてない』とだけ言われてしまったのならば、それは、あなたに興味がないと言われたのと同じです。

 

この『断り方』がとても重要ですから、そこで『100%脈ナシなのか』をしっかり見抜けるよう、期待や思い込みなしに、相手の言葉や態度から判断しましょう。

これはとても大切なことで、最悪、『相手は自分に興味がない』と気づけずに、ストーカー的な行動に発展してしまう場合もあります。

 

例えば、『以前私にしてくれた対応は、好きだからに違いない』と思い込み、そこから一方的に好意を抱き、何度も誘いを断られているにも関わらず、『都合がつかないだけ』とか、プラス思考に捉えてしまうのです。

 

こうなると、最悪逮捕されますし、人に迷惑をかけ自分の人生も破滅します。

ですから、『断られたら基本は興味なし』と捉え、それ以降は関わらないべきです。

 

一方で、『相手は自分に興味を持っていない』と分かった上でもう一度誘うのならばまだ良いです。これならば自覚があるためストーカーにはなりませんし、誘い方に強引さもないため迷惑もかけないはずです。

 

このように、『わきまえているか』がとても大切ですから、

 

興味は持たれていないが諦められないのか?
相手も好きのはずと思い込んでいるのか?

 

を、冷静に見極めましょう。

部屋に来ても下心なし

その男性が、あなたに120%興味がないと言い切れるもの、それが、『部屋で二人きりになったのに下心を出さない』という状況です。こんな態度を取られたら、『脈ナシだな』とガッカリしましょう。

 

 

気になる人の部屋に行った
あなたの部屋に彼が来た
どちらかの家に泊まる
二人で旅行をする

 

など、男女が二人きりになる状況はいくつかありますが、男はたいてい、『その状況になったらワクワクする』ものです。

 

それに、『自分が行く・女性がやってくる』どちらにしても、『何かあるのが当たり前だろう』と考える人が非常に多いため、にも関わらず、彼の方が下心を出さなかったら興味がないと言えますし、勘違いされたくないから『興味なし』を態度で示している可能性もあります。

 

特に泊まりでそんな態度を取るようならば、『撃沈された』確定です。

一晩一緒にいるのならば、男の期待はより加速しますから、そこで何も仕掛けてこないようならば、完全に脈ナシと言えるでしょう。

 

唯一の望みは、その彼に女性経験がないこと。

この場合、方法が分からないとか、どうやって接近すればいいのか悩んでいるなどは考えられます。

 

そういう男性を好きになったのならばあなたが積極的になってあげるべきですから、『部屋に行く・来る・泊まる』などの機会がある際には、事前の情報収集が必須と言えそうです。

 

一方で、その彼がどう思っているかは別として、せっかく密室で二人きりになれたのならば、そのチャンスは生かした方がいいかもしれません。

 

もちろん決めるのはあなたですが、男は、たとえその女性に興味がなくても、『迫られたら逃げられない』習性があります。

従ってそれを生かせば、ワンステップ上の段階に進めるかもしれません。

 

ただしこれには、『その1回で終わりになる』というリスクも十分含まれているので、そこまで十分に考えて行動しましょう。

 

それに、『迫った結果逃げられた』だと立ち直れないかもしれません。

さらに男は、興味がない女とも深い仲にはなれますが、してしまうとさらにどうでもよくなることも多いので、その点も含めて、『賭け』に出るのならばじっくり考えましょう。

振り向かせるのは可能?

ここまで、男が興味ない女に取る態度として、

 

返信が遅い、ない
話を流す
誘いを断る
部屋に来ても下心なし

 

を紹介してきました。

 

結論として、これら全て揃っていたら『振り向かせるのはほぼ不可能』です。

何度も書いてきた通り、『興味があれば自然に取るべき態度を取らない』のですから可能性は低いですし、一般論としては『諦めた方がいい』レベルです。

 

しかしながら、どうしても諦められないというのなら、方法があります。

 

それが『都合のいい女になること』です。

 

正式な彼女ではなく遊びの相手
相手には本命がいて自分は2番目以下
呼ばれた時にのみ応じる

 

こんな関係でも我慢できるのならば、頑張ってみる価値はあります。

 

『無理に決まっている』と感じたのならば、それは正常な判断です。一方で、『それでもいいから一緒にいたい』と思った場合、『付き合う』とか『彼の気持ちが欲しい』などにはこだわらず、『一緒にいられるだけで満足』という根本的な部分に拘ってみるのが良いです。

 

何が言いたいのかというと、『好き』という気持ちは一方通行でも本来満たされます。

これは『相手にどうなってほしい』ではなく『自分がどうしたい』という気持ちなので、その形が都合よく遊ばれていても、自分さえ満足ならばOKのはずです。

 

例えば、『体の関係なしで若い女に奢り続ける中年男性』こんな人もいて、彼らは『別に一線を越えることを求めていない』と言いますよね。

これも同じ理屈で、たとえ相手にとっては都合が良いだけでも『自分がそれで満足』だからこそ、受け入れているのです。

 

ですから、どうしても好きならば、都合がいいだけの女になってみる、この選択はアリです。男は、そういう女こそ欲しがりますから、徹底的に利用されて、その代わり、一緒にいる時間を確保してみてはいかがでしょうか?

 

相手が興味を持ってくれないことは仕方がないです。露骨な態度を取られるのも受け入れましょう。

問題は、その時自分がどうするかです。

 

異性の本能的欲求を強烈に刺激すれば『一緒にいる』という選択はたいていできます。振り向かせるだけが恋愛の目的ではないはずです。

あなたが抱える『好きな気持ち』をどうしたいか、じっくり考えて計画してみましょう。

最後に

『恋心のゴールは交際だ』こう考えるのは一般論でしかないです。むしろ大切なのは、『どの選択が自分にとって最も幸せか』ではないでしょうか?

他人は一般論を推奨しますしそれが正論です。しかし、時には道から外れた方が満たされる場合もあります。

 

しかし例外を選んだ場合、たくさんの時間を犠牲にする可能性があります。

例えば、都合がいいだけの女になってみたが、5年後に『結婚するから終わりね』と一方的に音信不通にされてしまう場合もあります。

こうなると『5年間時間を無駄をした』と後になって感じるかもしれません。

 

でもそれさえも捉え方次第です。従って重要なのは『どれを選ぶにしても後悔しないこと』です。

 

興味を持たれていないためきっぱり諦める
遊びでいいから一緒にいたい

 

どちらを選ぶかは重要ではなく、『どんな結果でも後悔しない』これが大切です。

 

その心構えさえしっかりしていれば、『完全に脈ナシ』という態度を取られても、関係がないのかもしれません。

【関連記事】
振られたけど諦められない貴女へ『再告白でOKをもらう方法』