外見以外で男性が連れて歩きたい女の特徴とは?

男性が連れて歩きたい女といえば、

 

美人
スタイルが良い
お洒落

 

などが代表的ですよね。

これに関してはどこでも言われていることですし、女性もなんとなく分かるのではないでしょうか?

 

男は外見が良い女性を連れて歩き自慢したいわけです。また、見た目が良い女性を連れて歩いていると周りの反応も『お前やるじゃん』といった感じになり鼻が高いのです。

そのため連れて歩きたい女といえば外見重視になりがちなのですが、実は他にも特徴や条件があるため、それを紹介します。

 

連れて歩きたい女の基準は、『見せびらかす』だけではないです。

つまり、外見がそこまで完璧ではなくても、他の要素が優れていて『自慢になる』『得だ』と思えるようならば男は連れて歩きたくなります。

この記事では、そんな特徴を持った女性を紹介していきます。

愛想が良い

決して美人ではなくても、常にニコニコしていて愛想が良く、頻繁に大好きな彼氏を見つめるようなタイプは連れて歩きたい女といえます。

理由は『アイツは愛されている』と周りから思われるからです。

 

『彼氏のことが大好き』これが周りにも伝わるほどの女性と一緒にいられたら、男としては照れ臭い面はあっても嬉しいですし自慢にもなります。

愛情表現が下手な女性とか横柄な人もいますし、そんな交際に不満を持っている男は意外と多いものです。

 

それに自慢になるかどうかの本質は、『外見が良い女を連れて歩ているか』ではなく、『連れている女に愛されているか』のはずです。

どれだけいい女と一緒にいても、その女に愛されておらず、まして体の関係さえ許されていなかったら羨ましくもなんともないでしょう。

 

辛うじて男女の仲にはなっていても、集りのような女だったらやはり羨ましさはないです。

ですから、誰がどう見ても本気で『いいなー』と思うのは『そこに愛情があるか』の部分です。

 

その点で、いつも愛想が良く彼氏のことが大好きな子だと、

 

あの子はアイツといるのが幸せなんだな
アイツは幸せ者だ

 

と羨望されます。

 

さらにそれを見た人は確実に自分と比較しますから、満たされていなかったら寂しさを感じる可能性もある訳です。

このように、連れて歩きたい女も実際は気持ち的な部分が重視されます。

 

外見が良いだけの女を連れて歩いていても、

・金で手に入れたんだろ

とか陰口をたたかれる場合がほとんどです。

 

『誰がどう見ても幸せ』こう思わせられる存在こそを連れて歩きたいので、

・愛想と愛情

は絶対的な要素といえます。

能力が高い

能力が高い女性も連れて歩きたい女に含まれます。

例えば、医者や弁護士、会計士などのエリート職種はもちろんそうですし、他にも高収入職種は基本的に含まれる傾向があります。

理由は単純に、『エリートと付き合えるのは自慢になるから』です。

 

男性は女性の職業や収入を気にしないように思うかもしれませんし、確かに女性ほど気にしていません。

しかし、『能力は高い方がいい』この考えに男女の違いはないようです。

例えば、彼氏がバカだったら嫌ですよね?同様に、彼女がバカだったら嫌なんです。

 

巷では『頭が良い女性はモテない』と言われたりもするようですが、これに関して言及するのなら、問題は『頭脳』ではなく『性格』と考えられます。

高学歴でも超優秀でも美人で性格も良かったら確実にモテますが、美人でもどうしようもないバカだったらモテない場合もあります。

 

このように、『能力が高いか』というのは異性選びの基準になっています。

それに、実際問題として『彼女何やっている人?』というのは必ず聞かれる質問なので、その時に『弁護士』とか『会計士』などのように答えられたら『すごいな!』となりますよね。

一方で働いていなかったら説明に困りますから、結果的に連れて歩きたい女の基準に職業や能力は含まれてきます。

 

ただし男性の場合、基本は外見を重視するのが特徴としてあります。

従って、『どんなに優秀な女性でも、外見があまりにも劣っていたら対象外』になり得ます。

例えば、高収入だけど巨漢であるとか、美容には一切無関心など努力していないタイプだと、『さすがにない』と判断します。

 

ですが、外見が普通ならば優秀な女性は十分連れて歩きたい女になりますので、もしあなたが優秀な人ならば、美容に対し最低限の努力をするだけでもモテ度がUPするかもしれません。

圧倒的に若い

男性がそれなりの年齢ならば、『圧倒的に若いだけ』で連れて歩きたい女になります。

例えば、

 

40歳と20歳
50歳と25歳

 

などのように、その世代の男にとっては入手困難な女性を連れて歩けたらもちろん自慢なわけです。

 

周りから見たら親子でも何ら不思議ではないような年の差だと、一般的には若い方が一緒にいることを嫌がりますよね。

それはもちろん男も分かっているので、『そんな中でも自分は手に入れられた』というのが大きな優越感になるのです。

 

当然このような関係ならば少なからず金も絡んできますが、多くの男は『それでもいいから連れて歩きたい』と思っています。

例えば40歳代の男性ならば、同世代の女性と割り勘デートするよりも、全額負担して20歳代とデートした方が楽しいので、若さは武器になります。

 

それに、おじさんたちは基本的に『若い女と関わりたい』と思っているためかなりの自慢にもなります。

このように、女性は若さが絶対の武器になりますので、仮に外見が普通でも、また頭脳明晰ではなくても、『良い思いをしたい』と考えるのならば年齢を生かすのが良さそうです。

最後に

外見以外で連れて歩きたい女の特徴について書いてきました。

この連れて歩きたい女という考え方ですが、見た目だけの女性ならばお金をかければ何とでもなるため、結局は中身が大切です。

 

性格が良い女性こそを本音では皆連れて歩きたいので、

・彼氏を幸せにする

これを考えていると自慢の彼女になれそうです。

 

そもそも自慢したいという発想は満たされていないから起こるものなので、もし彼氏にそんな一面があるのならばあなたが徹底的に満たしてあげるのもいいかもしれません。

 

そうすれば『どんな女を連れて歩きたい』とか思わなくなりますし、あなたこそ連れて歩きたい女になるはずなので、結果的に二人とも幸せになれるでしょう。

【関連記事】
経験豊富な女が結婚できない理由と改善点!男は直感で分かる