彼氏に浮気を後悔させる方法。別れる前にやりたいとっておきの仕返し

彼氏に浮気された場合、

『浮気したことを後悔させたい』
『別れる前に仕返ししたい』

と思いますよね。

 

浮気されるって、何だか見下されたような感じがしてとても悔しいですよね。

 

それに浮気する男性心理としては、

『一度くらい大丈夫だろう』
『あの女はきっと許すはず』
『自分が楽しければいい。』

とかこんな感じです。

 

つまり、『する時点で彼女を舐めきっている』という訳です。

 

なので、こういう彼氏には制裁を加えましょう。

 

ちなみに、浮気をしても戻ってきた男性の基本心理は『その浮気は単なるつまみ食いだった』というものです。

 

つまり、その女は『一瞬そそったけど、してみたら違った』とかこんな感じです。

 

なので、彼氏の気持ちが今でもあなたにあることは確かでしょう。

 

とはいえ、あなたが許せないのならば、

『後悔させる』
『別れる』
『仕返しをする』

など、こういうのは大切です。

 

従ってこの記事では、

『彼氏に浮気を後悔させる方法』
『別れる前にやりたいとっておきの仕返し』

それぞれ紹介していきます。

 

あなたの気が済むまで徹底的に追い詰めて、心底浮気を後悔させてやりましょう。

彼氏に浮気を後悔させる方法

まずは、彼氏に浮気を後悔させる方法です。

 

ちなみにこちらは、『一先ず、今後も交際を続けることが前提』での後悔させる方法です。

 

彼氏があなたをまだ好きな場合にはかなり後悔するので、是非試してみて下さい。

 

1.心理的に追い詰める

まずは、心理的に追い詰めること。

 

彼氏の浮気については一旦許します。

 

そして『形式上は今まで通り』交際を継続します。

 

しかしながら、あなたは浮気されたショックで変わってしまい、情緒不安定になってしまったように装います。

 

例えば、

『深夜に電話をする』
『デート時に暗い。』
『浮気関連に敏感。』
『発言がネガティブ』

など、こういうのをやる訳です。

 

つまり、『重い空気を作る』ということです。

 

『そんなことをしたら嫌な女』
『余計に惨めな気がする』

と思うかもしれませんが、これは彼氏に浮気を後悔させるための仕返しです。

 

要するに『意図的に、そして楽しんでしている』訳ですから惨めではないですよ。

 

悪いのは浮気をした彼氏なんですから、重い空気の中しばらく気を遣わせるなどして反省させましょう。

 

男は、女性のこういった情緒不安定な感じが苦手です。

 

なので、本当に後悔させられます。

 

むしろこういうことを経験させないと、また浮気する可能性があります。

 

2.経済的に苦しめる

続いては、『経済的に苦しめる』という方法。

 

浮気したことを金で後悔させる、こんなやり方もあります。

 

例えば、

『高い物を買ってもらう』
『海外旅行代を出してもらう』

など、こんな感じです。

 

男性としては、

『浮気は許してほしい。』
『でも金はもったいない』

という心理になるため、結果的に後悔させることができます。

 

そして、また浮気の機会が訪れても、『バレたらまた金を請求される』という気持ちになるためブレーキがかかります。

 

ちなみにポイントとしては、『払えるギリギリの額を請求する』ということ。

 

例えば、手取り30万円の彼氏なら、『50万円~60万円』くらいがギリギリでしょう。

 

これ以上を請求すると『君がそういう女だったとは知らなかった。僕が悪いのは分かってるけど別れる』とか言われます。

 

つまり、『常識非常識』の部分が大切です。

 

それに、『物を買ってもらうのか』『旅行に連れて行ってもらうのか』によっても請求額が変わります。

 

物の場合、給料の倍は高い気がしますが、旅行ならばそうでもないです。

 

こんな風に、金で浮気を後悔させる場合には、『常識の範囲内を守りつつも高額を請求する』というのが良いです。

 

そして、価格交渉には応じないことも大切です。

 

この金額設定は、あなたが『浮気されたけど、これならチャラにできる』というものですからね。

 

まあこうして考えると、100万円でも200万円でも安いのかもしれませんが…。

 

とはいえ、あまり高く設定すると彼氏の気持ちが冷めるので、この辺は絶妙なところを攻めましょう。

 

3.恥をかかせる

『恥をかかせる』後悔させる方法としてはこんなのもありです。

 

例えば、彼氏の親と仲がいいなら、親の前で浮気されたことを告白。

 

母親に『○○さん浮気したんですよ、酷いと思いません?』とかこんな感じ。

 

これは、男性としてはかなり堪えます。

 

他にも、

『共通の女友達の前で。』
『ジムなどの趣味仲間に』
『いつも行く美容室で。』

など、相手が『あなたのことも彼氏のことも知っている』という人ならば、積極的に浮気された報告をすることも後悔させる方法です。

 

このように、共通の友人や知人に浮気された報告をされると、男性は想像以上に消耗します。

 

男は誰の前でも格好つけたいですし、『浮気した男』というのは男社会でも責められるため、はっきり言って立場がなくなります。

 

こんな風に、『別れることはないけど、ちゃんと仕返しする女だ』という印象を与えると、再発防止になりますよ。

 

なので浮気された時には、『好きだし嫌われたくないから』と無条件で許してしまうのは辞めましょう。

 

『ちゃんと仕返しをして後悔させる』これが大切です。

別れる前にやりたいとっておきの仕返し

続いては、別れる前にやりたいとっておきの仕返しです。

 

こちらは、別れることが前提での仕返し方法です。

 

浮気された時点で『この男はもうない』と気持ちが冷めることもありますよね。

 

一方で、『ただ別れるだけでは気持ちが収まらない』とか、こういうのもあるでしょう。

 

そんな時の仕返し方法です。

 

ちなみに方針は『本気にさせて振る』というやり方。

 

結局、男はこれが一番堪えるので、本気で仕返ししたい時にはこの方法を選んでみましょう。

 

注意しながらも浮気を許す

まずは、『浮気したことは注意しながらも許す』これをします。

 

無条件で許してしまうと彼氏も学習や反省をしないので、それなりにはチクチク言いましょう。

 

例えば、『次やったら許さないからね』とかこんな感じで言っておきつつ、それでも今回は『許したふり』をします。

 

こうすると彼氏は安堵し、『一件落着だ』と思います。

 

この、一件落着という気持ちにさせることが大切なので、ある程度チクチク言ったら気前良く許しましょう。

 

自分の何が悪かったのかを確認する

その後、ある程度期間が経ったら、『自分の何が悪かったのか』を確認します。

 

例えば、

『その人、そんなに魅力的だったの?』
『私に足りないものは何?何が悪い?』

とかこんな感じで彼氏に聞きます。

 

つまり、『浮気されたのは自分に原因があると反省している』こんな姿を見せる訳です。

 

こうすると男性は、『こんな性格が良い女性に悪いことをしてしまった』と心底反省します。

 

そして、『もう傷つけないようにしよう』と誠実になろうとします。

 

なので、それなりに期間が経ったら『私も反省している』とかこんな姿勢を示してみましょう。

 

ただし、ネチネチするのはNGですよ。

 

これをすると面倒くさい女になってしまい、一時的には大切にされるものの、時間とともに一緒にいるのが苦痛になります。

 

なので、情緒はしっかりさせましょう。

 

健全かつ前向きな感じで『私も反省してるし、いい彼女になれるように頑張るね』とかこんな態度を示してください。

 

こうすると男は、『もう傷つけないようにしよう』と考えます。

今まで以上にデートを頑張る

それから、今まで以上にデートを頑張りましょう。

 

例えば手料理を作ったり、メイクやファッションも彼の好みに合わせるなど、分かりやすく『頑張っている姿』を見せましょう。

 

他にも、彼の仕事を応援したり気遣うメールを送るとか、こういうのも大切です。

 

要するに、『浮気されたのは自分が悪いから、その分頑張っている』とかこんな女を演じる訳です。

 

もちろん、彼氏の負担になるようなやり方をすると重くなりますから、その辺は見極める必要があります。

 

なので、『程よく尽くす』とかこんな感じを心がけてみましょう。

 

男性は、『必要なことはしてくれる女』というのが一番ありがたいです。

 

つまり、『余計なことは言わないけど、してほしいことは黙っていてもやってくれる』とかこんな女性です。

 

こういう存在は大切にしようと思うので、そんな彼女を目指すと良い仕返しができますよ。

 

真剣になったところで捨てる

浮気されてから色々頑張ってきている訳ですが、『実際にどうやって仕返しするのか?』というのが重要ですよね。

 

それに関しては、彼氏があなたに真剣になったかを見極める必要があります。

 

例えば分かりやすいのは『結婚の話が出た時』

 

これって男としては、真剣な女性にしか言わないですから、『結婚』の一言が出たら『仕返しのチャンス』と捉えましょう。

 

ただしその際も、すぐに別れる必要はありません。

 

形式上は『嬉しい!』とか言いながら話を進めます。

 

婚約までするかはあなた次第ですが、彼氏をそれなりに本気にさせましょう。

 

例えば会社関係者や友人などにも『俺、結婚する』とか言ったであろうタイミングまでは引き伸ばしましょう。

 

そういう段階になって初めて掌を返すのです。

 

これが、最も痛烈な仕返しになります。

 

つまり彼氏としては、

『真剣にあなたとの未来を考えている』
『周囲にも結婚するかもと報告済み。』
『幸せの絶頂であり人生これからの時』

こんなタイミングで別れを切り出される訳です。

 

恐らくどん底に落とされるでしょうし、過去の浮気を本気で後悔すると思いますよ。

 

理想的な別れ文句

ちなみに理想的な別れ文句としては、『あの時の浮気がやっぱり許せないから』とかこんな感じがいいですね。

 

男は、『済んだはずの過去』を出されることが最も嫌なので、これが一番効果的です。

 

それに、これを理由に別れると言われたらどうにもならないですからね。

 

そして何より、『あの時の浮気』と伝えることでちゃんと仕返しできます。

 

なので、別れる時にはそれを理由にしましょう。

 

今回の仕返し作戦のポイント

今回の仕返し作戦のポイントは、『嫌味なことはせず純粋に後悔させる』ということです。

 

男は、自分が浮気したとしても、罵倒されたり嫌味を言われて振られると『あんな女とは別れられて良かった』という気持ちになります。

 

なので、別れることが前提ならば『むしろいい女を演じて惚れ直させてから振る』これが完璧な仕返しと言えます。

 

つまり単純に言うと、彼氏は『将来を考えるほど好きな女性に突然振られる』ということです。

 

あなたも、過去の一度の過ちが原因で大好きな人に振られたら、辛いですよね。

 

なので、別れることが前提で仕返ししたいのなら、いい女を演じた方がいいですよ。

 

このように浮気された時には、『その後交際を継続させるのか?それとも別れるのか?』という方針をまず決めることが大切と言えます。

同時進行で出会いを作っておこう

ちなみに、別れることが前提で仕返しをするのなら、同時進行で出会いを作っておくとなお良いですよ。

 

というのも男はバカなもので、『過去の女は皆、未だに自分に未練がある』くらい考えます。

 

自分が振ろうと振られようと、『まだ自分を好きなはず』とか考えるのが男性の心理です。

 

そのため、あなたが『浮気を許せないから』と振ったとしても、後悔はするものの『まだ俺に未練がある』とか思われる可能性があります。

 

ただし男性も、元カノが既に新しい恋愛をしていて幸せならば話は変わってきます。

 

その場合、『自分への気持ちは完全に冷めたようだ』と気づき絶望することが殆どです。

 

なので、完璧に後悔させたいのならば、『既に新しい好きな人がいる』という状態にすることが望ましいです。

 

どうせ仕返しをするのなら、このくらいの準備をしておくといいかもですね。

最後に

浮気はする側が悪いです。

 

なので、されたのならば徹底的に仕返しをして後悔させましょう。

 

泣き寝入りはダメですよ。

 

『好きだから、戻ってきてくれただけで満足』という女性もいるかもですが、それだと再発リスクが高いです。

 

あなたがどんなに惚れ込んでいても交際は対等です。

 

『継続・別れる』どちらにしても、ちゃんと制裁を加えましょう。

【関連記事】
浮気する男の心理と浮気されない方法!男心を逆手にとるテクニック
【浮気心】男の『魔が差す』とは?状況や心理を徹底解説