男は一夜限りの女に本気になる?好きになってしまった時の対策

友人や同僚、たまたま出会った男性などと一夜限りの関係になった場合、当初は自分も『この1回だけ』と割り切るつもりだったり先についてはあまり考えていなかったりしますよね。

しかし、その後何となく気になりだして『私は彼が好き』と自覚することってありませんか?

そうなると、どうしていいのか分からなくなってしまうでしょう。

 

『男は一夜限りの女には本気にならない』こんな印象があるかもしれませんが、実はそうでもなくその可能性は50%くらいです。

むしろ交際するカップルの半分は、『きっかけは勢い』という感じなので、一夜限りの関係でも全然可能性はあります。

 

以下では、その50%の可能性についてや好きになってしまった時の対策などを書いていきます。

一夜限りの場合、進め方も一般的なものとは異なりますので、相手の心理と自分の状態を照らし合わせながら考えてみましょう。

本気になる可能性は50%

先ほども書いた通り、一夜限りの関係でもその後本気になる可能性は50%あります。

つまり、『半分は好きになり、半分は満足して去っていく』という訳です。

以下では、男が本気になったのか、それとも気持ちに熱が入らなかったのかを見極めるポイントを書いていきます。

 

もちろん、これが全てではありませんが、一般的に一夜限りの関係では、以下のどちらかによって男の本気度が分かりますので参考にして下さい。

本気になったら男から連絡が来る

一般的に、男は本気になったら自分から連絡をします。

どんな形で一線を越えたにせよ、本気になった場合には後日『付き合いたい』とか『話したい』と連絡してきますから、もちろんこれがあったら本気という訳です。

 

なので、取りあえず一夜限りの関係を持った際には、男性から連絡が来るかを待ってみるといいかもしれません。

 

ここで、自分から連絡してしまうと『都合のいい女』『体だけの関係』に発展するケースも少なくないので、男性と一夜限りになった場合には、原則自分からは連絡をせず、相手の出方を伺うのが正解です。

 

さらにあなたから連絡しなければ、その分男性は考えますよね。

『自分をどう思っているのか?』『俺を好きにならなかったのか?』『サバサバした女だ』といったように、求められないからこそいろいろ考え気になってしまうわけです。

その結果、居ても立っても居られなくなり電話したり会いに行ったりする場合も十分ありますので、基本的に、本気になってほしい時には待つようにしましょう。

満足したら連絡なし

しかしながら、待てど暮らせど一向に連絡がなかったら、それは脈ナシサインです。

あなたからは連絡をせず、また日々顔を合わす間柄でも、さらにサバサバと何もなかったように接しているとしても、それでも彼に一切の動揺がなく、しかも一度も連絡がないようならば、彼の中に完全に『あなた』はいません。

 

厳しいことを書きますが、男には『たった1回で満足する女』というのがいます。

もちろん、その女性のレベルが低いとか綺麗じゃないとかそういう訳ではないです。

単純に『気持ちには響かない』というだけです。

 

例えばどんなに綺麗な女性でも、好きという感情がなかったら男はたった1回で満足する場合があります。

反対に、『なんであの子が?』と思われるような外見の女性にどっぷり嵌る男もいますから、この辺は感情が全てです。

 

なので、外見とかそういうことではなく、単純に相性として『気持ちは動かなかった場合』一夜限りで終了になります。

ただし、『あの女はつまらない』『不満』といったネガティブ要素を持っている訳ではなく、むしろ『関係を持てた』という達成感を得ている場合の方が多いです。

 

ですから、仮に一夜限りの関係になりその後連絡がなくて、遊ばれたと思うよりも、『私も楽しんだ』『彼も満足したようだ』と思ってしまった方が楽かもしれません。

好きになってしまった時の対策

『一夜限りの関係で彼から連絡がなかったら、お互いに楽しんだと思うのもあり』と書きましたが、そうは言っても本気になってしまったら諦めきれないですよね。

それに男としても、『手に入ったからもうどうでもいい』と思っている訳ではない場合が多いので、あなたが本気になってしまったのならば対策がないわけでもないです。

 

以下では、好きになったらどうするべきかについて書いていきます。

普通に接する

今の関係性は、

 

あなた=好きだから意識している
彼=手に入ったため目的達成

 

といった感じです。

つまり、心理的には圧倒的にあなたが不利です。

 

こういう時って、彼の何気ない(普通の)言動に敏感になり傷ついたりもしますよね。

たとえばですよ、あなたが小胸さんだとしたら『俺、大きい胸の子が好きなんだよね』という一言に傷つきませんか?

確かにこれって、一晩を共にした相手の前で言うセリフではなくデリカシーがないですが、それでも彼は『そういうつもりで言ったわけではない』可能性が高いです。

 

つまり彼としては、『自分の好みを言っただけ』『あなたが自分を好きだと思っていない前提』で言っているので、実は嫌味でも何でもないんです。

しかし、男女の仲になりさらに自分が追いかけている側だとこのような言動に敏感になるはずです。

そのため、『以前のように普通に接する』というのができなくなるかと思います。

 

でも、それだと完全にダメになってしまうんですよ。

というのも、現時点で彼はあなたに興味を持っていませんし、それだけでなく、『既に手に入れた』という目的を達成した女です。

そのため、そういう女が自分に牙を向けてくると単純にウザいだけなんです。

 

ちょっときついことを書いていますけどね。

でも、その彼に本気になった場合にはこの心理を知っておくのはとても大切なので受け入れて下さいね。

 

その上で、『今まで通りに普通に接する』これが大切です。

友達だったなら友達として、同僚なら同僚として、『何事もなかったかのように』そして、『以前のように親しくする』これがポイントです。

 

というのも男は、一夜限りの関係で満足してしまった女でも、『またできるならしたい』と考えます。

一方でそれは、都合のいい女にしたいという思考です。

何より男は、『一度関係を持った』『自分はその女をもういいと思っている』この心理状態だとゆとりを持ちますし、だからこそ『アイツは俺に未練があるだろう』と考えたりもします。

 

実際に一夜限りになった後に、男性が無関心だと女性は追いかけてしまうでしょ?

男女ってそういうものです。

追いかけられるとゆとりを持ちます。

 

なので、『コイツは俺に未練がある』という男の思考を真っ向から崩してやるのです。

『当然俺に惚れているはず』と思っている自信を崩すことで、関係性が変わってきます。

ですから、求められてもしっかり拒みましょう。

『簡単にできる』と思っている彼の自信を喪失させましょう。

あくまで、『何もなかった時』の関係性に戻るのです。

 

男としては、『この女は俺を好きだから会っているんだ』と思っていますから、『そうではなく元々友達だから』と認識させるのです。

そうすれば、今後は彼が追いかけてくる可能性があります。

もう一度関係を持つ

続いては、ギャンブル的な方法です。

やり方としては『もう一度関係を持つこと』です。

 

先ほども書いた通り、男は満足しても、『チャンスがあるならしておきたい』と考えるので、そのチャンスをあなたから作ってあげましょう。

飲みに行くでも彼の家に行くでもなんでもいいと思います。

『会いたい』と連絡するのもアリですね。

 

一夜限りの関係を持った女性から上記のような誘いが来たら、男は『これは都合のいい女にできるな』と期待します。

今回の方法はこの心理を逆手に取ったもの。

 

あなたが『また関係を持ってもいい』と思えることと、好きになっているのならば気持ち的に辛いのが問題ですが、その辺を分けて考えられるのならば比較的有効で、結果的に追いかけさせられます。

 

具体的なやり方は、

 

もう一度関係を持つ
彼に都合のいい女と思わせる
その後は応じない

 

というもの。

 

これ、割と男としては困惑します。

『女性から会いたいと連絡をしてきて当たり前に2回目ができる』ここまでは想定内ですが、その後連絡がなかったり、連絡を取り合えていても会ってくれなかったり深い仲になれないと、『一体何があったんだ?』と思う訳です。

 

『俺を好きになったから会いに来たんだろ?』と思っているので、『2回目以降に何があった?』という疑問で一杯になるのです。

さらに、この時点では既に都合のいい女になっているはずなので、その計画も崩れて気になりだします。

 

なので2回目が終了したら、極力連絡をしたり会ったりしないべきです。

ただし、彼の連絡を完全無視してしまうと真剣交際への切符がなくなってしまうので、返信を遅くしたり素っ気なくするなどの工夫をしてみましょう。

これに関しても、『あなたが追いかける・彼はゆとりを持っている』という関係性を変えることが目的です。

 

男は、『完全に手に入った獲物が逃げた時』こそ本気になりますから、そう思い込ませて本気で追いかけさせましょう。

男の存在をちらつかせる

ちなみに、一つ目二つ目の方法どちらにも言えますが、『彼の気持ちが私に向いてきた』と感じたら男の存在をちらつかせるのもアリです。

男は、気になっていたり手に入れたい女に『他の男』が現れると焦りますから急展開もあり得ます。

 

ただし、『その男と一線を越えた』この発言やアピールはNGです。

基本は『まだそういう関係にはなっていない』と言った方が男は頑張ります。

既にしてしまったと聞くと『もういいや』と思う場合がありますが、『まだ』と分かると『奪われる前に取り返したい』と考えるのが男性の心理です。

 

それに、『もう深い仲になった』とか言うと軽い印象を与えてしまい良くないので、この辺は注意しながら、時機を見て他の男を出していくことも検討してみましょう。

男がたった一度で本気になる仕組み

一夜限りの関係というたった一度で本気になるのはどんな時か?

実はこれ、『気持ちが手に入らなかった時』です。

一夜限りってちょっと特殊で、『体は確実に手に入る』『でも気持ちに関しては50%』とこんな感じです。

 

つまり男も、『この女が自分を好きになる可能性は50%』と何となく感じているのです。

 

そして、女が自分を好きになった時にこそ男は全てを手に入れ満足してしまうのです。

そうすると、一夜限りで終了します。

 

一方で、『女は自分を好きにならなかった』という、つまり『体は手に入ったが気持ちは無理だった』という状況の時にこそ、男は『手に入れられなかった気持ちを物にしよう』と必死になります。

これが、たった一度で本気になる仕組みです。

 

そのため、女性が完全に遊びでサバサバしている方が、意外と男が本気になったりします。

そういう女性が相手だと何となく達成感がないんです。

男は終わった後に、『好き』とくっついてもらいたかったり甘えられたいので、それがないと『何かが足りない』と感じてしまう傾向があります。

 

なので、追いかけさせたいならサバサバした方がいいですよ。

女性は一線を超えると好きになるかと思います。

しかし、それを露骨に出すと男は全てが満たされてしまうので感情が揺さぶられないのです。

 

男女関係って難しいですが、満たされない側が追いかけるので、こんな男心も考えてみると、一夜限りの関係でも苦しまずに済むかもしれません。

最後に

一夜限りの関係を持ったら『あなたが好きにならないこと』これが大切です。

はっきり言うと、この状況は『惚れた方の負け』です。

 

一夜限りって、『お互いに遊び』という印象が強いかもしれませんがそれは結果論です。

実際には恋愛の一つですから確実に気持ちが動きます。

 

一方で、始まりが体からの場合『真剣に付き合うべきか?』という疑問から入ります。

だから交際への発展が難しいんです。

本当は、一夜限りも純愛もそこまで変わらないのですが、人は環境に流されやすく思い込みもあります。

 

始まりが不純だと人は悩みやすいですが、一夜限りは違法ではありません。

なので、悩み過ぎるようならば、一度気持ちをリセットして考えてみると、良いプランが浮かぶかもしれません。

【関連記事】
体から始まる恋はあり得る?男が体からでも付き合う可能性
やったら態度が変わる男の心理と理由!たった一度で激変されたらどうするべき?